■TOP
■HGBC ライトニングバックウェポンシステムMk-III レビュー



HGBCの新作として発売されたライトニングバックウェポンシステムMk-III
価格は840円です。



今回はホイルシールも付属しダクト部分のグレーを補うものが付属。



あとはライトニングガンダムのシールドを取り付けるジョイントが付属します。



アイランドウォーズでユウマが使うライトニングガンダムストライダー。
その新しいバックパックとなるライトニングバックウェポンシステムMk-IIIがHGBCでキット化。
今回は単色のキットではなく赤と白の成形色が使われています。




今までのBWSと違いカラーリングが本体とはだいぶ異なった色になりました。
4枚のウイングも目を引くデザインです。




配色は一部再現はされているものの、砲身のグレーなどシールで補えない所もあります。
後は赤の成形色がちょっと透けるような印象。



機首部分はライフルのパーツが使われています。
後ろ側に伸びている赤いパーツはグレーでの塗装が必要です。



ウイングは画像のように開くことができます。



また根本も可動するので細かい角度調整が可能になっていました。



ウイングの角度で意外と表情が変わります。





今まで出たライトニングBWSを並べて。
並べてみるとどれも個性的ですね。



ライトニングガンダムと。
ウイングが長いのでボリュームもかなりあるように感じますね。



ライトニングガンダムと合体させた飛行形態への変形はまずライトニングガンダム本体を画像のように変形。
本体の変形は特に変わった所はありません。





そしてその上にBWSをそのまま被せるように取り付ければ完成です。



変形方法自体は変わっていないのですがBWSのカラーリングが赤になったので今までとは大きく印象が異なります。



翼の角度はロックなどがないので揃えるのにやや手間がかかりますが
本体との接続はしっかりしていてばらけるような事はなかったです。




続いてMSへの取り付け。
まずはBWSのライフルを分離させ、本体中央部分を回転させるとジョイントが出てくるのでそこを背中に接続します。



これでライトニングガンダムストライダーの完成です。
こちらの形態もライトニングガンダム自体の変更点はなし。単純にバックパック&武装のみの違いとなります。



かなりボリュームがあるBWSですが翼が支えになるので倒れたりする事はありません。





機首部分はそのままビームライフルになります。




またライフルは分離可能で画像のようなショートタイプの物にする事も可能です。




4枚のウイングにはサーベルが収納されています。
回転することで取り外しが可能。そのまま手に持たせられます。



ただしサーベル刃は付属していないのでライトニング付属のサーベル刃などを流用する必要がありました。



ライフルはさらにライトニングガンダムのライフル&シールドとも合体可能。
シールドは専用のジョイントパーツを使って接続します。



かなり大型のライフルになるので経年でちょっと緩くなった自分のライトニングの関節では保持が厳しかったです。
赤いパーツを引っ掛けるようにしてなんとか前に構えられました。



フォアグリップ&センサーパーツを使えば安定して持てます。



劇中で使用していたフルバースト。
まずはBWS側の砲身パーツを回転させ肩にライフルを接続。



そして背中のウイングを開き前方に向けます。




劇中ではライトニングガンダムのライフル(グレーの砲身部分)も伸びていたので完全再現という訳ではないのですが雰囲気は十分です。




もちろんBWS自体も色々な機体に簡単に取り付ける事ができます。
ボリュームがあるので大きめのMSに合体させても負けません。




以上HGBC ライトニングバックウェポンシステムMk-III レビューでした。
今回はシールで補えない所はあるものの、単色ではなく2色の成形色が使われているのでそのままでも雰囲気はなかなかです。
別売のライトニングガンダムとの合体ギミックも問題なく、ライフルの組み換えやサーベル収納ギミックなどギミック面も凝っていました。
カラーリングも大きく変わっているのでライトニングガンダムを持っている方にはおすすめです。


■プレミアムバンダイ HGBF すーぱーふみなティターンズメイドVerなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場
■TOP