■TOP
■HGBC スピニングブラスター レビュー




HGBCで発売されたスピニングブラスター。
価格は648円です。



付属品はソードパーツ、キャノンパーツ、ブラスター基部パーツ、センサーのようなパーツ、ナイフ状のパーツがそれぞれ付属。
一部の接続部にはポリキャップが使われているのですが2つしか使わないので右端にある大量のポリキャップが余剰となります。



一応推奨MSの記載もありましたが最近のキットの武器同様多くのキットに合うグリップ径になっていました。



まずはソードパーツ。ソードパーツとキャノンパーツはブラスター基部への合体も可能ですがそれぞれ単体で武器になるようになっています。





単体で持たせる場合銃口パーツを外し、収納されていたグリップを引き出します。
分割は多くのHG武器同様左右分割のため一部に合わせ目が出ます。



こちらはキャノンパーツ。
片方にガトリングの砲口があり、反対側にキャノンの砲口があります。





その際はキャノンの砲身を縮め、ソード同様グリップを引き出します。
こちらも一部段落ちになっている箇所はありますが合わせ目も出ます。



引き出したグリップでそれぞれ様々な機体に持たせる事が可能。




どちらも単体で結構な大きさがありボリュームあります。
塗装はグレー一色なようなので特に塗り分けが必要な所はなさそうです。



武器が大きいのでボリュームのあるMSにも合う感じでしたが
画像のドライセンやドーベンウルフなど一部の機体はグリップの加工が必要になると思います。
(画像のドライセンはグリップが太くて持ち手がしっかり閉じません)





続いてブラスター基部パーツ。ライフルのような形状をしていますが、先端にある大きなギアが目を引きます。
サブグリップが一本付属していて分割は左右分割です。



サブグリップは丸いモールドパーツを外す事で左右各3箇所の好きな位置に取り付ける事ができます。



各砲口パーツの付け根はポリキャップによる3mm軸接続です。



基本的に3mm穴が砲身の接続穴ぐらいにしかない武器ですがサブグリップは3mmでした。



まずはソードパーツとの合体。
ブラスター基部にナイフ状のパーツを取り付け、ギアの接続ダボにソード部分を取り付けます。



ナイフパーツは収納可能で展開前はこのような形状になります。




合体させるとかなり大型の武装になり、重量もそれなりになるためキットによっては片手保持は厳しくなると思います。
ですがサブグリップの位置は変更可能なので両手持ちは比較的しやすいと思います。



続いて展開ギミック。
まずは砲口パーツを外し、ギア部分とナイフ部分、それにグリップ部分にあるの丸いパーツを回転させ展開します。




展開状態の完成。




グリップやギアの回転は適度な渋みがあり簡単に動いたりはしませんが可動自体はスムーズです。



続いてキャノンパーツの合体。
こちらはブラスター基部をセンサー状のパーツに交換。
ソード同様ギア部分にキャノンパーツを接続します。




砲身部分を引き伸ばせばキャノン形態の完成です。




基本的なギミックはソードと変わらないのでサブグリップの位置変更などももちろん可能。
こちらもかなり大きい武装です。



展開ギミック。
こちらもソードと同じで砲身を縮めたらキャノンパーツやグリップなどを回転させます。




これでキャノンから一転、大きなガトリングガンに変形します。




形状は結構独特ですがギア部分などを回転させて別武器にするというのはなかなか楽しいギミックです。




以上HGBC スピニングブラスター レビューでした。
ソードとキャノンパーツにブラスター基部パーツを合体させ、モードチェンジが可能な巨大武装にできる今回のキット。
今回は3mmジョイントが少なめであまり派手な組み換えなどはできませんがその分3mm穴が目立つといった事はなくなっています。
単体でも結構なサイズで合体させると機体によってはちょっと大きすぎる感じになりますが
ギア部分などを回転させ、別武器にするというギミックはシンプルながら触っていて面白いギミックで個性的な武器セットになっていました。


■プレミアムバンダイ MG ポリポッドボールなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■レビュー一覧はこちら
■TOP