■TOP
■HGBC ティルトローターパック レビュー




以前発売されたグリモアレッドベレーに対応するサポートメカ、ティルトローターパックがHGBCでキット化。
価格は864円です。



付属品はミサイルポッドが一つ。
※ランナーが2枚あるので2つ付いていますがもう一つはティルトローターパックの右側に装着されています。



今回はホイルシールも付属し、モノアイの位置が正面、左右の3種類から選べます。



同じランナーを複数使う都合でローター2つとジョイントが余剰となります。




グリモアと合体も可能なサポートメカ、ティルトローターパック。
名前通りティルトローターが特徴のメカでこういったサポートメカはガンプラでは珍しい印象です。
一部パーツを分解する事でグリモアレッドベレーと合体できるギミックもあります。




機体中央にモノアイがありローター基部の片側にはミサイルポッド。
機体下のグレーのアームにはキャノンとチェーンソーが装備されています。




もちろん3mm軸のスタンドを使ったディスプレイも可能。
色分けも2色の成形色が使われモノアイなど細かい所を除けば配色が再現されています。



モノアイはシールでモールドや可動ギミックなどはなし。ローター基部の接続軸は3mm軸となっています。



予備のミサイルポッドは反対側のローターにも取付可能。
基部は丸軸なので回転させて角度変更も可能です。



ローター基部は左右分割で合わせ目あり。
クルクルとスムーズには回りませんがローターは一応回転可能です。



機体下に伸びる2本のアームはBJで可動。
BJは3mm軸で取り付けるもので位置変更や他の3mm穴への流用も可能。
アームにはキャノンとチェーンソーがそれぞれ取り付けられています。




レッドベレーと。
単品でもローターが大きめで結構ボリュームあります。



続いてレッドベレーへの合体ギミック。
まずはアームや武装を本体から取り外します。



チェーンソーは収納されていた刃を展開。



ミニモアザックにキャノンとチェーンソーを取り付けます。



後は機体中央のアーム接続ジョイントを隠し




ミニモアザックの上に本体を接続。
右肩にミサイルポッドを取り付ければ完成です。




ミニモアザックにほとんどのパーツが合体するのですが自立は可能でした。
もともとミニモアザックは結構な大きさがあるバックパックですがさらに大きくなります。



ブースターやウイングでもない追加パックということで新鮮味がありますね。




ライフルに取り付けるミサイルポッドのピンやアームのBJなど一部緩く感じる所があったので
個体差もあるとは思いますが軸のきつさの調整は必要になるかもしれません。
自分はボールを瞬着で太らせました。





ライフルには付属するキャノンやミサイルポッドを取り付ける事が可能になっていました。
3mm軸なので簡単に取り付けできます。
キャノンは左右分割で合わせ目あり。




ザックにアームで繋がっているチェーンソーはグリップの引き出しが可能。
基部は合わせ目がでますがそのままグリップを握らせる事ができます。




ただそのままではアームの長さが足りず、腕を前に伸ばしたりする場合はそのままだとアームから外す必要があります。




アームはダボピンで接続するのではなく3mm軸のジョイントパーツで繋ぐ左右分割式になっているので
組み替えれば見た目はイマイチですが一応伸ばしたりする事はできます。
これで多少腕の動きに追従できるようになります。





他機種への流用ですがパックは1穴ピンタイプで2穴タイプに取り付けるには何かジョイントパーツを使う必要があります。
また1ピンタイプの機体でもストライク系などはピン基部が干渉するのでピンの長さが足りずそのままでは取り付けできませんでした。




ただ中央ユニットを外したローターユニットだけなら3mmピン&3mm穴どちらも使えるので様々な機体に手軽に付けられるようになっていました。




以上HGBC ティルトローターパック レビューでした。
今回はグリモアレッドベレーに対応したパックということで配色などもそちらに合わせられています。
ガンプラのパックでは珍しいティルトローターもグリモアにはよく似合っていると感じますし
ローターも基部や接続部が細かく分割可能で扱いやすく
折り畳み式のチェーンソーや3mmジョイントで手軽に付け替えができるキャノンなど幅広い機体に合わせて使えるキットになっていると思います。


■プレミアムバンダイ HG ジムスナイパーカスタムなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■レビュー一覧はこちら
■TOP