■TOP
■HGBD ジムIIIビームマスター レビュー



HGBDで発売されたジムIIIビームマスター。
価格は1,944円です。



付属品はチェンジリングライフル、ビームライフル、銃持ち手、サーベル2本が付属。




ホイルシールはセンサー類や各所のグレーを補うものです。



HGUCジムIIIがベースなのでジムIIIから変更された部分がそのまま余剰となります。
またミサイルポッドのパーツやシールドも余ります。



リクの同級生ユッキーが作ったガンプラ、ジムIIIビームマスター。
名前通りジムIIIがベースの機体で様々なビーム兵器を追加した機体となっています。
カラーリングはオレンジ基調のカラーになり頭部や膝などに大きな変更が加えられています。
また腰にはバスターバインダーが装着され、本来腰にある大型ミサイルランチャーは脚部に取り付けられています。



キットの内容はジムIIIから平手や握り手の手首ランナーをオミットして新規パーツを追加した形。
機体は大部分がジムIIIと共通で使われているポリキャップはPC001。関節構造も同じです。
腰アーマー裏やバスターバインダーなどには3mm穴が追加されているのも目立ちます。



バインダーやミサイル類を外した姿。



頭部アップ。頭部は前後分割で合わせ目あり。
ジムIIIというよりジェガンに近いような頭部です。
バイザーやセンサーはクリアパーツで再現されていました。



胸部はジムIIIと同じ形状。
バックパックの接続は昨今主流の2穴タイプではありません。
首部分のグレーはシールで補えます。



肩はジムIIIと同じで前後分割。合わせ目も出ます。
ミサイルランチャーはポリキャップ接続で弾頭は取り外し不可。



ジムIIIの余剰パーツがあり、オプションミサイルポッドも組めます。



腕部もジムIIIと共通。前腕は合わせ目あり。
手首は手首ランナーが省かれているので右銃持ち手と持ち手のみとなります。



バックパックは大部分が同じですがサーベルラック部分がアンテナになっています。
アンテナの先端の色がたりませんがこちらはシールで補えます。



腰アーマーはフロントがジムIIIと共通。
サイドは地味に変更が加えられていて造形が若干違います。



リアアーマーは3mm穴と突起があるものに。
アーマー裏のディテールは特にありません。



脚部は膝の形状が変わり大型化。脛やアンクルガードには合わせ目があります。
膝と足首付け根部分のグレーが足りませんがこちらはシールで補えます。
スラスターダクトは別パーツ化され白の配色が再現されていました。
サーベルはこの膝に収納されるそうですがギミックは再現されていません。



大型ミサイルランチャーはこちらに接続。
丸軸なので回転が可能です。



足首関節は地味に新造されていてダクトのフチが若干厚くなり見えない部分ですが突起が無くなっています。
またボールに角度が付けられより曲がるような設計になっていました。



足裏は肉抜きなしで見栄え良好。






腰のバスターバインダー
そのままでもフラッシュビームが使えますがチェンジリングライフルとの合体も可能な武装です。
腰にジョイントパーツを介して接続するので回転や若干の位置調整が可能。
砲口は別パーツですがオレンジ部分に合わせ目があり、一部のグレーはシールで補います。



可動はジムIIIとほぼ同じです。
関節はPC001仕様で比較的新しいフォーマットなので十分動きます。



下半身もバスターバインダーがありますがこちらはそこまで邪魔になりません。
足首は関節自体より曲がるようにはなっているものの、足首まわりの装甲と干渉するのでそこまで大きな違いは無かったです。





続いて武装の紹介です。
こちらはジムIIIと共通のビームライフル。
砲口は別パーツですが分割はモナカで合わせ目あり。
銃持ち手で保持しますが付属するのは右手のみとなります。




ビームサーベル。
こちらもジムIIIと共通でクリア刃が2本付属。





余剰パーツではありますがシールドもジョイント含め付属しているのでこちらも装備可能。
ただ劇中装備していたシールドは十字がないタイプだったので再現する場合は他から持ってくるか塗装と加工が必要です。



バスターバインダーを取り付けたままグリップを握る事はできますが
結構ギリギリで両手で持つような場合角度によっては持ち手が開き気味になったりします。




そして新規武装のチェンジリングライフル。バレルの基部を差し替える事によってビームライフルとビームバルカンの切り替えが可能。
箱絵では砲身下にした状態でライフルからビームを撃ってますが予告だとその状態でガトリングを撃っていたりしますし
説明書にも特に記載がないのでどっちがどのモードなのかはイマイチ分かりません。




銃口は別パーツですが基本左右分割のモナカです。
フォアグリップは回転させる事ができます。





こちらはそのままグリップを握らせてもたせる事が可能。
両手持ちも出来ます。




さらにバスターバインダーとの合体も可能。



グリップの位置が位置なので両手持ちは結構角度が制限されるものの両手で構える事ができます。



腰に接続したままの方が構えやすい感じはします。
関節は大部分がしっかりしていますが、手首がすぐゆるくなり取れやすくなるので若干太らせたりする調整が要るかも。
あと脚部のミサイルポッドも自分のものはポロリしやすかったです。



もちろん左側にも取付可能。



サイズは一般的なMSサイズ。




ジムIIIのパーツはオプション手首ランナーを除き全て付属しているのでノーマルのジムIIIを組む事もできました。
バイザーは無色のクリアパーツです。





ベースになったジムIIIと。
色や頭部のせいで結構変わっている印象もありますが共通部分は多いです。




以上HGBDジムIIIビームマスター レビューでした。
今回も既存のキットをベースにしたカスタム機となっていますが
ダブルオーダイバーやマグナム同様PC001のキットなので古さは感じません。
武装も新たにバスターバインダーとチェンジリングライフルという大型の武装が追加され
合体ギミックや砲身変更ギミックがあるなど武装のギミックも充実。
ジムIIIのパーツもそのまま含まれるのでちょっとしたパーツの入れ替えなども手軽に楽しめるキットになっています。


■プレミアムバンダイ HGUC リゲルグなどが受注されています。 icon
(amazon)



楽天市場


■レビュー一覧はこちら
■TOP