■TOP
■HGBD ガンダムダブルオーダイバー レビュー



放送が始まったビルドダイバーズからガンダムダブルオーダイバーがキット化。
価格は1,080円です。



付属品はGNソードII、持ち手、銃持ち手、平手が左右分付属。



シールはコンデンサ裏や各所のグレーを補うホイルシールが付属。



余剰パーツはダブルオーのパーツが一部余ります。
ですが胸部などの青いパーツがないのでノーマルのダブルオーには組めません。



ビルドダイバーズの主役、リクが作ったガンプラのダブルオーダイバー。
名前通りダブルオーガンダムがベースとなっている気体です。



キットの方もHGのダブルオーガンダムがベースとなっていて多くのパーツはダブルオーと共通。
ですが頭部や胸部、ドライヴ周りなど印象的なパーツはしっかりカスタムされています。
ドライヴは新規パーツでだいぶ小型化されたものになっていてシルエットもよりまとまった形状になっていました。



配色ですが足首のや頬のグレーなどノーマルのダブルオーと同じ所が足りなかったりするのですが
膝下の見えていたグレーのフレームはなくなっていますし、アンテナも白一色になったので足りない箇所は減っています。
クリアパーツは無色透明ではなく薄い緑色のクリアパーツになっていました。
ノーマルダブルオーのクリアパーツもランナーの都合で付属しています。



頭部アップ。
マスクはそのままですがヘルメットの形状が変化。頬のグレーはシールで補います。
また額のクリアパーツはグリーンですが本来は赤色なのでシールまたは塗装で補う必要があります。
また胸部はダクトのないデザインで成形色でしっかり色分けされています。



耳や頭頂部にもフィンが増えよりトゲトゲしいイメージになっていました。
ただHGなのでやはり丸く感じる所があるので薄くシャープに尖らせるとより格好良くなりそうです。



肩アーマーは青色から白色に。
分割は前後分割なのですが大部分の合わせ目がディテールに組み込まれています。



腕部は大部分がダブルオーと共通なのですが
手首付け根に変更が加えられています。平手も左右分付属していました。
前腕には合わせ目が出ます。



平手の他、銃持ち手も付属していて色々な銃パーツを持てるようになってはいるのですが
手首が一回り大きいので若干違和感はあるかも。



ドライヴ周りのアームはダブルオーと同じ構造で柔軟に可動。
またドライヴ基部のフィンはスイング可能。



ドライヴ基部パーツにはスラスターも追加されています。
ドライヴは取り外し可能で取り外した所にもモールドがあり3mm穴でカスタム可能な作りです。



ドライヴは粒子噴出口が一部開口されていてディテールも精密に。
また小型化されより自然な大きさになっています。
ただ形状は変わっているのでオーライザーはそのままでは付けられません。



バックパックはバーニア部分が2穴タイプの接続口になっていてこちらもパックの取り付けが可能。



胸の黄色いフィンは腰アーマーに移動。
リアアーマーにもフィン状のパーツが新たに追加されていました。
サイドアーマーは変更なしです。



サーベルはダブルオーのものがそのまま使われているので取り外しが可能。
キットには付属しませんが刃パーツを取り付ける事もできます。
また腰にはGNソードIIを取り付け可能です。



脚部は太腿や関節は同じですが膝下の装甲が一部変化。
コンデンサが無くなっています。
またディテールが変更されているのですが合わせ目もモールド化されていました。



足首はダブルオーと共通。
一部のグレーはシールで補えます。つま先には若干肉抜きあり。




可動範囲は基本的にダブルオーと大きな違いはありません。
当時驚いた可動範囲も引き継がれていて全身良く動きます。
ポリキャップはPC001でドライヴを繋ぐアームの可動や保持力も良好。



下半身も接地の良さなどは変わらず。
腰アーマーが変更されましたが脚も良く上がります。



スタンドはダブルオーと変わらず3mm軸のものが使えます。




付属武器のGNソードII。こちらはライフルモードです。
パーツ自体は同じなのですがこちらは刀身を回転させずソードの向きそのままのようです。



パーツ自体は共通なので刀身の回転は可能です。



センサー部分のグレーが足りませんがシールで補う事が可能です。




グリップを合体させず画像のように分離させてもたせる場合、従来の持ち手ではスカスカでしっかり持たせられないのですが
新規に付属する持ち手を使う事でしっかり保持する事が可能になりました。




ソードモードはグリップの向きを変えるだけです。





シンプルなキットですが可動も良好で動かしやすくドライヴ周りも細かく角度が変えられます。





バックパックのバーニアは2穴ジョイントにもなっているので簡単なパックの追加が可能です。



ただしフィンが干渉しやすいので軸が短いパックは浅くしかはまらず、すぐ落ちる場合もあります。




銃持ち手を使えば様々な銃器を流用可能。
手首にはダボ穴もあり保持ピンがある武器も持てました。





ノーマルのダブルオーと。ダブルオーは塗装しています。
どちらも青と白のカラーリングですがダイバーの配色はスポーツ選手のユニフォームがイメージソースなそうです。




以上HGBD ガンダムダブルオーダイバー レビューでした。
以前発売されたマグナム同様既存のガンプラをカスタムした機体で今回はダブルオーがベースになっています。
元々可動がかなり優秀なダブルオーがベースなだけあり可動は文句なし。
また一部のパーツが変更されているのですがそのおかげで色分けも若干向上。
分割もディテールに沿ったものになっている所がほとんどなので完成度がさらに高められていました。
また内容はシンプルですが銃持ち手など手首類も充実。手軽に様々な武装が流用できるようになっているのも嬉しいですね。
マグナム同様元キットの出来の良さを生かした良いキットでした。


■プレミアムバンダイ HGUC ガンダムピクシーなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■レビュー一覧はこちら
■TOP