■TOP
■HGBD グリモアレッドベレー レビュー



HGBDで発売されたグリモアレッドベレー。
価格は1,944円です。



付属品はアサルトライフル、シールド、プラズマナイフ3本、ミニモア2機、左平手が付属。



シールは頭部のセンサー3色と襟などの発光部分、そして膝にある星マークのホイルシールが付属。



余剰パーツ。
今回はバックパックと武器を除いたグリモアから変更された部分と赤い装甲が1つ余剰となります。



ビルドダイバーズプロローグでAGEIIマグナムと戦ったロンメルのガンプラ、グリモアレッドベレーがHGBDでキット化されました。
キットベースはGレコのグリモアとなっていてAGE同様ビルドファイターズ系では初のGレコからのカスタム機となります。




グリモアからの変更点は肩アーマー、バックパック、腰のサイドアーマーとフロントにあるスラスター、それに膝装甲と足首となります。
脚部は通常の足からタイヤが装着されたインラインダッシュと呼ばれる足になっていてカラーリング含めどことなくボトムズのATっぽさもある機体になっています。
関節はほぼグリモアと共通で使われているPCはPC002です。



キットの配色は成形色で大部分は再現されていますが武装の一部や左腕のワイヤーフック部分などが足りませんが
組んだだけでほぼイメージ通りになります。




頭部アップ。
頭部は真っ赤な色になっていますが形状はノーマルグリモアと同じ。
センサー類はクリアパーツで内側にホイルシールを貼る方式。
襟の発光部分もシールで補います。



胸部と腹部もノーマルグリモアから変更なし。
バックパック接続部は2穴タイプなのでパックの付け替えも気軽に行えます。




新規パーツで作られたバックパックのコンテナ。こちらは上部に3mm穴がありカスタムしやすい作り。
開閉が可能でハッチの裏面にもモールドあり。



肩部は新規パーツで再現され、左肩にのみ赤い装甲が取り付けられています。
また肩の装甲接続穴は3mm穴でこちらもカスタムしやすい作り。



余剰パーツで赤い装甲がもう1枚あるので両肩に取り付ける事も可能でした。



腕部はどちらもグリモアと共通。なので腕は左右分割で合わせ目が出ます。
ワイヤーフックはモールドでの再現です。
左手にのも平手が付属していました。



腰部はフロントアーマーにあるスラスターとサイドアーマーが新規。
スラスターのギミックは変わらず回転可能です。
またサイドにある発光部分はこちらもシールで補う方式。



アーマー裏は新規部分も含め特にモールドはありません。



脚部はノーマルグリモアをベースに足部分と膝前面の装甲が新規になりました。
合わせ目はノーマルと変わらず股関節のジョイントや脹脛部分などに出ます。



膝部分は足首と組み合わせる事でシザークロウという巨大な爪に変形。
つま先と膝の装甲から刃をくるりと引き出します。



シザークロウ上部の接続は3mm軸。丸軸なので左右にも動かせます。



足首のインラインダッシュは後ろ側のタイヤのみ回転可能。後ろのタイヤはモナカなので合わせ目あり。
足裏は爪先部分に肉抜きがあります。




可動範囲など。基本的にグリモアと変わらないのですが肩部分に変更があり
従来のBJだけだった肩の接続軸にスイング軸が加えられました。
これによって若干肩周りの可動が改善されていますが、襟のフィンが干渉しやすいのは変わりません。



接地なども良好で脚も大きく開けます。
ただ肘膝はそこまで深く曲がらないのも変わりません。



武器を装備した姿。




インラインダッシュはMSだと珍しい感じでなかなか新鮮です。





付属武器のアサルトライフル。
こちらはHGなので基本モナカで合わせ目あり。センサーはシールで補います。
砲身にはちょっと目立つ感じですが3mm穴がありこちらも手軽に武装を盛れる作りになっていました。




またライフルはグレネードランチャーとレシーバー部分を使ったサブマシンガン、
そしてストック部分を使ったピストルに分解可能。
それぞれ手に持たせる事ができます。



シールドはノーマルグリモアと変わりなし。
L字型のジョイントで2箇所に接続できます。




プラズマナイフは3本付属。成形色は違いますが造形は共通。
リアスカートの裏に収納できます。




シザークロウは大型でガバっと開くのでMSも楽に掴めます。




そして小型支援メカのミニモア。
こちらはグリモアの頭部に小さい胴体を取り付けたメカでグリーンとブルーの2色が組めます。



首はBJ接続で手足が回転可能。



プラズマナイフをそれぞれ腰に装備出来るようになっています。



緊急時には代替頭部にもできる設定で付け替えが可能。
造形的な変更点はなく、成形色のみの違いですがクリアパーツはしっかり使われています。



コンテナへの収納ギミック。
まずはナイフを画像のように収納し



ミニモア2機を画像のように収納できます。




ミニモアは左手にナイフをもたせる事が可能。
手足も回転だけですが動かせるので軽いポーズなら付けられます。




ビルドファイターズ系列の機体という事で各所に3mm穴が増え、色々手軽に盛れるようになりました。



またバックパックと武器はありませんが、ノーマルの装甲パーツも付属しているので好みで入れ替えたりするのもありかも。





自分のグリモアはスナイパー仕様っぽく手を入れて塗装してしまったのでほとんど参考になりませんが一応並べて。
雰囲気が似ているスコープドッグもついでに(WAVEのレッドショルダーカスタムです)




以上HGBD グリモアレッドベレー レビューでした。
AGEシリーズに続き新たにGレコシリーズからの登場となる本キット。
ベースはグリモアなのですが変更された箇所がギミックの塊で
ライフルも細かく分解可能ですし、脚部もインラインダッシュ&シザークロウという印象が一気に変わるパーツが装着。
さらにコンテナはミニモアも収納可能と、ただ武器の変更だけではない特徴的なギミックが取り入れられていてとても楽しいキットになっています。
各所に3mm穴も追加され武装なども盛りやすい作りになっていますし
そのまま遊ぶのはもちろん、さらに色々手を加えたりするのも楽しそうなおすすめのキットです。

■プレミアムバンダイ HGUC イフリートなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■レビュー一覧はこちら
■TOP