■TOP
■HGBF アメイジングズゴック レビュー
 



HGBFでキット化されたアメイジングズゴック。
価格は1,620円でプレミアムバンダイでの受注品となります。
今回も説明書は新規のカラーでしっかりしたものが付属していました。
最近の限定HGBFは説明書がしっかりしていて良いですね。



付属品はアッグガイモードパーツ、ジュアッグモードパーツ、ノーマル腕パーツが付属。



余剰パーツはランナーの都合で2つ付属するため丸々1つ余る胴体内部フレームパーツと、ノーマルズゴックの内部フレームパーツ、
それに手首軸を4mmに変更するジョイントが余剰となります。



付属のシールはノーマルシャア専用ズゴックと変わらずコクピットハッチとモノアイを補うものです。



三代目メイジン・カワグチが製作したアメイジングズゴック。
今回はHGUCズゴックがベースのキットとなっていて腕部が変更されています。
腕部のパーツは大部分が新規でそれ以外はほぼHGUCズゴックの流用ですが、胴体内部のフレームパーツなど一部手が入っている所もあります。
脚部の関節などはノーマルズゴックと変わらないのでABSも使われていました。



腕はかなりゴツくなりましたがそれ以外はズゴックそのままのイメージです。
配色はほぼ再現されているものの、バックパックの推進装置はノーマルズゴックと違いピンクと赤で塗り分ける必要がありシールもないのでこの部分は塗装が必要です。



また腕パーツを交換する事でノーマルズゴックにする事も可能になっていました。
こちらは胴体内部と腕の接続部分のパーツが違うのですが外見的にはノーマルのシャア専用ズゴックと変わりません。



頭部のモノアイはシールでの再現。
可動ギミックやモールドはありません。モノアイの位置を変える場合はシールを剥がして貼り直す必要があります。



胴体内部フレームですが左側が今回の物になっていて肩の接続軸がBJから軸を差し込むタイプに変わっているのが大きな特徴になっています。
また肩軸の受け部分は回転させる事が可能。



これにより接続は軸関節+BJになりました。
スイングギミックが追加され片軸が動くようになりましたが効果はわずかで気持ち程度です。



新規に再現された腕部ですが、元キットパーツのアイアンネイル&前腕に新規の前腕パーツを挟み、上腕はまるごと新規の腕パーツにする方式です。




アイアンネイルはそのままなのでもちろん独立可動します。
また前腕の接続軸は丸軸なので回転も可能。
新規の前腕パーツは合わせ目も出ず見栄えが良いです。




上腕パーツはデザインが若干変更され裏側の一部に合わせ目が出ます。
可動は上の節でロールが可能になっていますがそれ以外は固定で従来のキットのように細かくは動かないものの、重くなった腕もしっかり支えられる作りになりました。



腕に取り付けられているのはワイドカッター。
また各パーツを取り付ける砲身部分の内部には3mmの穴があります。




バックパックの推進装置は3mmのポリキャップで接続する方式。
規格は合わせられていないので手軽なパック交換は出来ないですが3mm軸のパーツなら気軽に取り付ける事は可能です。




脚部はノーマルズゴックと変更なし。
足裏は肉抜きもなくスクリューのモールドもあります。



可動範囲も大部分はノーマルズゴックと共通。
腕は肘が80度ほど



下半身も昔のキットですが十分動きます。
ただ蛇腹状のパーツはやや保持力が足りなくなる感じもあります。




古いキットがベースなのでスタンド穴はありません。
浮かせる場合は自分で開けるかクリップなどが必要になります。



前腕が巨大化しましたが上腕の可動が絞られ肩関節も新造されたため途中で垂れ下がる事は無かったです。
ただ太腿はそのままなので角度によってはそこが重さに負けやすい印象。




このガンプラは水陸両用MSの能力を集約したという特徴があり、各MSのモードを再現できます。
こちらは腕からヒートロッドを伸ばしたアッグガイモード。



両腕から伸びるヒートロッドは軽く表情が付けられているものの普通のプラなので曲げたりする事は不可。
ですが根本で回転させる事はできます。




続いてアッグモード。アイアンネイルを閉じ回転させる事でアッグガイのドリルを再現するモードなそうですが
プラモだとネイルを閉じるだけなのでちょっと地味です。




続いてジュアッグモード。
こちらは腕に伸ばした砲身を装着。
ジュアッグの3連装ロケットランチャーを再現したモードとなります。



砲身は6本付属。両腕に取り付ける事ができます。




最後はゾゴックモード。ゾゴックの頭部に装着されているワイドカッターを再現したモードです。
こちらは腕に装着されているワイドカッターを起こすだけ。
一応取り外しもできない事はないですがC字のジョイントが丸見えなので見栄えはイマイチです。





ベースキットのHGUCシャア専用ズゴックと。
外見的には腕以外共通。ですが成形色は若干淡くなっていました。




以上HGBF アメイジングズゴック レビューでした。
今回はズゴックがベースのガンプラになっていて腕部に大きな変更が加えられています。
外見からはわかりませんが肩関節にも若干手が入っていて巨大な腕でも遊びやすいよう配慮されていましたし
ネイルを閉じるだけといったちょっと無理矢理なモードはあるものの腕部の多彩なモードチェンジで遊べるズゴックに仕上がっていました。

■プレミアムバンダイ HGBFアメイジングズゴック 12月発送分などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■TOP