■TOP
■HGBF A-Zガンダム レビュー



HGBFの新作として発売されたA-Zガンダム。
価格は2,700円で珍しくamazon限定のガンプラとなっています。
amazon限定ではありますが、プレバン限定と違いパッケージや説明書などはフルカラーになっていました。



付属品はツインハイパーメガランチャー、A-Zビームサーベルシールド、サーベル2本、シールド用ビーム刃、変形用フレーム。



ホイルシールは最小限でツインアイなどを補う物のみです。



流用の関係で余剰パーツもありますが、ノーマルZを組んだりする事はできません。



バトローグ5話に登場したメイジン・カワグチのガンプラ、A-Zガンダム。
名前通りZガンダムがベースになっていて火力と推進力を極限まで向上させる設計なそうです。
キットの方も以前発売されたGEP版のHGUC Zガンダムがベースになっていて関節や一部の装甲が流用されています。



背面にはフライングアーマーではなくフライングブースターが取り付けられています。
また各所にAの意匠が付けられていてそういった部分も面白いデザインになっています。



キットの色分けはスラスター&ダクト内部等のグレーなどを除けばほぼ成形色で再現。
その為シールもZより大幅に少なくなっています。
ポリキャップはPC002で関節もZと同じ作りになっていました。



頭部アップ。Zをベースとしながらアンテナなどが追加。
額のアンテナ自体はZと同じです。



ツインアイのパーツはクリアパーツ。
頭部のアンテナもAの意匠があります。
ヘルメットは左右分割なので中央に合わせ目が出ます。



胸部は細かい部分のグレーが足りませんがダクトなどは別パーツ。
装甲で覆われたようなデザインに変わっています。
背面のフライングブースターはフライングアーマーと同じフレームに取り付けられていて左右それぞれ独立しています。



腰部はリアとサイドがZと共通。
フロントアーマーは本来繋がっているのですが、変形の都合でもう1枚あるのでこちらは中央で切り離し独立可動するようにしました。
裏面は特にディテール等は無かったです。



大きく形を変えた肩アーマーはAの意匠があります。
前後分割ですが合わせ目部分のパーツのカドが取られていてモールドに見えるようになっていました。



上腕や腕フレームはZと同じですが前腕の装甲が変更されています。





フライングブースターはカバー裏面が簡素な作りではありますが色分けはしっかりされています。
接続軸は3mmなので回転可能な他、中央部分を曲げる事もできますしウイングもスイングできます。



バーニアは一体成型されています。
背面はスタビ用のジョイントが露出していますがとくに取り付けるパーツはありません。



背面は2穴タイプではないので気軽な換装は出来ませんがZのフライングアーマーやスタビを取り付ける事は可能でした。



脚部は太腿や足首、膝下の内側などがZと共通。



こちらにもAの意匠があります。
大きいバーニアは上のカバーと一体成型されていますが特に違和感はありません。



足首の可動なども共通。
足裏はしっかりフタパーツがあります。




可動範囲ですが基本的にZと大体同じです。
肩軸は引き出し可能でスイング幅も大きいですし肘も良く曲がります。
ノーマルZではデザインの関係であまり首が動かない感じでしたが、今回は干渉が抑えられた形で動かしやすくなっていました。



下半身なども特に変わりなしです。





武器を持たせた姿。
一見邪魔になりそうなフライングブースターですが細かく動かせるので気になりません。





ツインハイパーメガランチャー。
グリップは収納式です。
グレーの基部パーツは左右分割のモナカなのですが上下にカバーが付くので半分以上の合わせ目が見えなくなります。





また差し替え無しでの連結も可能。
Zガンダムは肩関節の保持力も高いので片手でも保持は可能でした。





A-Zビームサーベルシールド
名前通りサーベルユニットと一体化されています。
ですが大きさはだいぶ小ぶりになりました。
腕のジョイントにそのまま差し込むタイプなので装着位置の変更はできません。





ガンダムXで使われたビーム刃が付属していてこちらを取り付ける事ができます。




ノーマルのビームサーベルも2本付属していました。





ツインハイパーメガランチャーをフライングブースターに接続する事で長距離射撃モードのプライムキャノンモードになります。
amazon限定販売という事にかけたネーミングっぽいですね。



続いて変形ギミックの紹介です。
変形ギミックはほぼHGUCZに近く、変形用フレームに各パーツを取り付けていく方式。



パーツの配置自体もノーマルのZに近いです。
ただノーマルでは使っていたコクピット部分のパーツを使わなかったり
使わなかったフロントアーマーを使ったりと若干の違いはあります。



シールドは一度分解して機首にします。



脚部の変形も共通。
フライングアーマーを取り付ける位置にフライングブースターを取り付けます。



後はシールドの残りや機首両サイドにツインハイパーメガランチャーを取り付け完成。
余剰パーツは胴体の一部とシールドのジョイントとなります。





ウェイブライダーの完成。
パーツの配置の大部分はノーマルZと変わらないのですがフライングブースターやツインハイパーメガランチャーのせいかガラっと変わった感じは受けます。
横から見ると機首の横から2本長く伸びたハイパーメガランチャーが細く鋭いシルエットを作っていて印象的です。



変形ギミック自体はZの流用なのでカッチリとしていてバラけやすいという事もなく扱いやすいです。




フレームにはスタンド用のジョイントがありますが
アクションベースに対応するのみでウェイブシューターのように3mm軸には対応していませんでした。



劇中のような機首サーベルはできなくもないのですが
向きが90度違いますし角度も付くので微妙です。




丸型のバーニアがノーマルより多く、後ろから見るとかなり推力が強化されたような印象。







ベースとなったZガンダムと並べて。
推力と装甲がより強化されたようなデザインですがやはりノーマルにはない各所のAの意匠が個性的ですね。
配色はノーマルよりだいぶ淡くなっていました。




以上HGBF A-Zガンダム レビューでした。
今回はZガンダムがベースのキットとなっていますがZの特徴である変形なども引き継がれ
それに加えハイパーメガランチャーの合体分離、そしてプライムキャノンモードなど新たなギミックも追加され
BFのキットらしい遊び応えのあるキットになっています。
ノーマルから換装された装甲のデザインも個性的で、肩やウイング、腰アーマーでフライングアーマーを開いたZ同様逆三角形のシルエットになっているのも面白かったです。
amazon限定販売となりますが配色の再現度も高く良いキットでした。


■プレミアムバンダイ HGUC クロスボーンガンダムX-0などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■TOP