■TOP
■HGBF こまんどふみな レビュー
 


HGBFで発売されたこまんどふみな
価格は2,592円でプレミアムバンダイでの受注品となります。
パッケージはモノクロですが説明書はカラーになっていました。



付属品はレーザーマシンガン、CFヘヴィロケット、持ち手、スタンド、交換目パーツ(クリアパーツ有りタイプ)が付属。



余剰パーツはヘアバンドのパーツが余剰となります。



付属のシール。今回も目のシールは複数付属。
ダクトやSDこまんどがんだむのアンテナ&アゴを補うシールの他
各所のラインマークや絆創膏などのシールも付属していました。



バトローグ3話に登場したこまんどふみながHGBFでキット化。
キットは以前発売されたういにんぐふみながベースとなっており一部のパーツが新規。
装甲は膝などの形状が変わっていますが基本的にはういにんぐふみなと共通。
武装は大きく変更され、銃火器が中心になっています。



カラーは黄色から暗めのグリーンに変更。
一気にミリタリーチックな雰囲気になりました。髪の色も若干濃い目になっています。
頭部にはターゲットゴーグルが装着されていますが設定画や劇中のように目の位置まで下ろす事はできず画像の状態で固定となります。



もちろんSDこまんどがんだむへの分離ギミックもあり、装甲を取り外した素体状態にする事もできます。
こちらは肌色だった部分が一部グレーに変更されていました。



頭部アップ。
頭部の造形は基本的に変わらず、ターゲットゴーグルが装着されてのみで髪の毛の可動などはそのままです。



また目のパーツは2種類あり、クリアパーツをはめ込むタイプにする事ができるのも変わりません。



胸部や腰部の装甲は特に変わりなし。
ですが成形色が大きく変わったため印象はだいぶ変わります。
胸部のダクトや小さいV字アンテナの中央はオレンジですがシールがあります。



SDの頭部がバックパックになっている背面もスタークロスのパーツはありませんが基本的にそのままです。
ですが右肩にはCFヘヴィロケットが装備されています。



ヘヴィロケットは上下スイングは出来ませんが丸軸なので左右に振る事はできます。
両腕には新たに2連装ビームライフルが装着されていました。
こちらは砲身部分が別パーツ化されています。



アームに装備されていた武装も変わりタフネスシールドが装着されています。



脚部は膝のスタークロスが無くなり装甲パーツが新たに追加。



足首などは同じ構造でした。



武器を持たせた姿。
こちらも持ち手が両手分付属しています。





レーザーマシンガンはういにんぐふみなのビームマシンガンと共通。
左右分割のシンプルな構造で銃口が埋まっているので開口すると見栄えが良くなりそうです。



前回抜けやすかった手首は改善されていてしっかりはまるようになっていました。
ですが武器のグリップが緩く個体差もあるかもしれませんが手首の中でクルクルと回ってしまいます。
こちらはシールドの方も同じで結構ポロポロおちるので軸を若干太くしたりすると良いかも。





肩に装着されているCFヘヴィロケットですがこちらは手持ち用も付属。
左右分割のシンプルな分割で持ち手が緩めだったのはレーザーマシンガンと同じでした。



タフネスシールドは手持ちも可能。
黒の成形色はラメ入りのメタリックになっています。



腕の2連装ビームライフルは固定です。
可動範囲は武器が変わったぐらいなのでういにんぐふみなと変わりませんでした。



もちろん装甲の分離合体ギミックもあり装甲を取り外し組み替える事でSDこまんどがんだむにする事ができます。





こちらもSDスターウイニングガンダムと基本的に共通ギミック。
合体方法なども変わりませんが一部の武装が変更。
色と銃火器メインの武装になったせいでこちらもよりミリタリー色が強く出た姿になっています。



頭部は頭頂部のアンテナの代わりにゴーグルを装着しています。
目のシールは2種類あり、前回は瞳ありを使ったので今回は瞳なしのシールを貼っています。
アゴや額のオレンジが足りませんがこちらはシールで補う事も可能。



可動についても変わらず首や胴体は固定なのであまり派手なポーズは取れません。




こまんどふみなと。どちらも色と武装でガラッと表情が変わるのが面白いです。





ベースキットのういにんぐふみなと。
武装を除けば大部分が共通パーツなのが分かりやすいと思います。




以上HGBF こまんどふみな レビューでした。
素体含めた各種装甲パーツやギミックは基本的にういにんぐふみなと変わりません。
ういにんぐふみながベースなので頭部の出来なども良いのですができれば表情の違う顔パーツなんかをセットしてくれると嬉しかったですね。
可動なども共通なので一部の装甲が干渉しやすかったりする部分は変わりませんが
手首がかなり抜けにくくなっていて扱いやすくなっていました。
ただ自分のものはサブアーム含め武器の保持が結構緩めだったので少し軸を太らせたりすると良いのかも。
そこまで造形的な違いは無いのですが武装と成形色の変更で大きく印象が変化し、ぐっとミリタリー色が強まった面白いキットになっていました。


■プレミアムバンダイ HGBF こまんどふみな1月発送分などが受注されています icon

(amazon)



楽天市場


■TOP