■TOP
■HGBF ガンダムフェニーチェリベルタ レビュー
 


HGBFで発売されたガンダムフェニーチェリベルタ。
価格は2160円でプレミアムバンダイでの受注品ですが説明書は最近のHGBF受注品同様カラーでしっかりした物が付属していました。



付属品はバスターライフルカスタム一式、シールド、ビームタイヤ、変形用パーツ、ジョイントパーツが付属。



リナーシタのパーツなどが余剰パーツとなります。



ホイルシールは各種センサーや肩の○モールド、腰のダクトなどを補うものが付属します。



リナーシタを元にパーツの換装で陸に対応させたというリベルタ。
キットの方もリナーシタをベースに一部のパーツを変更した物になっています。





大きな変更点としてバックパックにあったウイングが無くなり、腰にウイングのようなバインダーが新たに装着。
このバインダーは大きさもあるのですが画像のように地面に接地するので問題なく自立できます。




キットの方は一部差し替えでメテオホッパーモードへの変形ギミックも搭載されています。
カラーリングはリナーシタを踏襲していてアンテナとバックパック、リアアーマー以外は共通の造形。
なのでポリキャップはPC002が使われていました。



頭部アップ。
基本的にリナーシタと同じですがアンテナが変更されています。
アンテナの根本の赤色はシールで補えます。



胸部のレンズはクリアパーツで再現。
マシンキャノンはグレーの塗装が必要ですがダクトなどはシールあり。
バックパックはウイングのないものに変更され新規パーツで再現されています。



バックパックは跳ね上げるように動かせます。
接続口は2穴タイプ。




また合体可能な3mmジョイントパーツが2つ付属し色々武装を盛ったりする事も可能な作りになっていました。



腕部はリナーシタと共通でクローなども可動。
肩の○モールドの黄色はシールで補えます。作りは変わらないので肩内部パーツや前腕の一部に合わせ目あり。



腰アーマーのフロントとサイドも共通でダクト部分は色分けされていませんがシールあり。
リアアーマーにモールドはありますが、フロントとサイドにはありません。



リアアーマーは新規で2本のアームがつながれています。



アームはそれぞれ可動。動きを付ける事ができます。




バインダーは赤い羽がリナーシタのウイングパーツですが他は新規で再現。
それぞれのパーツを動かす事もできます。アームやバインダーの合わせ目は段落ちになっていたりディテールに組み込まれていて見栄えが良かったです。



脚部はリナーシタと変更なし。
バーニアは別パーツになっています。脛部分は左右分割で一部に合わせ目が出ます。



足首はカカトまわりに合わせ目があり肉抜きも多め。



バスターライフルカスタムとシールドを装備した姿。




バスターライフルカスタムはリナーシタと共通なので分離合体ギミックがあります。
こちらはバスターライフルに接続する小型ライフル。




サーベルユニットもそのまま取り付けられますが今回サーベル刃はありません。




バスターライフル
可動範囲はリナーシタと特に変わらずです。





そして全て合体させたバスターライフルカスタム。
ボリュームのある武器ですが片手保持も十分可能です。





シールドもほぼ共通パーツですが先端にある頭部隠しのパーツが変更されていました。
センサーのような部分はホイルシールで補えます。



劇中で使っていたビームタイヤアタック。



本体はほぼ変わらないのでリナーシタ付属のマントやサーベルパーツがそのまま使えました。



続いてメテオホッパーモードへの変形ギミック。
まずは手首を外し腰を180度回転させます。



続いて腰に変形用パーツを取り付け
脚をクランク状に曲げます。



そして股関節にジョイントパーツを取り付け。
このパーツにはピンがあり太腿のミゾと合わせます。



後は腕を曲げバインダーの位置を調整し



バックパックやバインダーからアームを引き出しビームタイヤを取り付け。



そして腰にシールド、腕に武器を取り付けて



メテオホッパーモードの完成。
名前通りメテオホッパーの機能を組み込んだ3輪バイクです。





タイヤがビームという面白い姿。
ビームタイヤはクリアパーツで再現されています。
後輪タイヤ内側の車軸部分はグレーなのですがシールで補う事が可能です。



シールドが機首になり腕に武器を取り付けるのはリナーシタと共通。



この形態でもスタンドは使えます。




バイク型ということで個性的な見た目ですが
変形の安定感は十分でポロポロと外れたりする所は無かったです。




ビームパーツ以外は全て付属しているのでリナーシタとして組む事も可能。




シールドの顔隠しパーツもあるので変形も可能になっていました。




少し手を入れて塗装していますし太腿の凹みを埋めて延長したりしているのであまり参考になりませんが
ベースキットのリナーシタと




以上HGBF ガンダムフェニーチェリベルタ レビューでした。
本体はほぼリナーシタの流用なので可動範囲などは変わりません。
ウイングが背中から無くなり腰にバインダーが装着されているのが大きな特徴で
これらのパーツは段落ちモールドなどで見栄え良く仕上がっていました。
マントやサーベルのビームパーツが省かれてしまいましたがその分バイクへの変形は個性的でビームタイヤというなかなかクセのある武器があったりと面白い機体になっていました。


■プレミアムバンダイ HGUC ギャンクリーガーなどが受注されています icon

(amazon)



楽天市場


■TOP