■TOP
■HGBF リバーシブルガンダム レビュー
 


HGBFで発売されたリバーシブルガンダム。
価格は1,944円です。



付属品はエグナーウィップの手部分とサーベル刃が1本付属。



リボーンズガンダムのリデコキットとなるためライフルやドライヴ、リボーンズキャノンの顔パーツなどが余剰となります。



付属のシールは各種センサーの他黒いラインを補うシールが付属。



バトローグの第一話、AIバトローグに登場したアラン・アダムスのガンプラ、リバーシブルガンダムがHGBFでキット化。
今回は以前発売されたリボーンズガンダムをベースに一部新規パーツをセットした内容で配色なども変わっています。
リボーンズのパーツが一部余剰となりますが、全て付属している訳ではないのでリボーンズとしては組めません。



関節構造やプロポーションのバランスなどはベースとなったリボーンズガンダムと共通。
今回は従来のキャノンモードへの変形の他、タンクモードへの変形も可能になっているキットです。
リボーンズ同様色々な所にある黒ラインはシールでの再現となりますが、基本的な配色は大部分が再現されています。




頭部アップ。
リボーンズガンダムがベースになっていますがアンテナは新規で4本角に。
額のパーツにはクリアパーツが使われています。



胸部は左右のダクトがシールでの再現となります。
胸部はクリアパーツでツインアイとこの部分にだけシールを貼っています。



バックパックは大部分の造形が変更されていますがバーニアの露出ギミックは変わらずあります。
左右のユニットはBJでの接続。
ポリキャップを外せば3mmのピンになりますが他のHGBFキットに良くある2穴タイプではないので気軽なパック交換はできません。



左右のユニットはサーベルやGNフィンファングが接続されています。
グレーのフィンファングは砲身部分が取り外せるものの基部の取り外しは不可。



腰アーマーはリアの形状が大きく変化していました。
腰アーマーの黒ラインやダクト内部の黒はシールあり。



リアアーマーにはモールドも入っています。




腕部ですが大部分はリボーンズと共通なものの、肘部分にアームが接続され
そこにGNハンドガンやGNバトルシールドが接続されている変わった構造になっています。
接続されているアームは複数の軸で可動しますが左右に振る事はほとんでできません。



GNバトルシールドは左右に装着されクローが可動します。



脚部もリボーンズガンダムのパーツがそのまま使われている所も多いですが
一部の装甲形状が変わっています。
太腿の黒ラインや脹脛のダクト?のようなモールドの黒はシールで補えます。



足首の形状も若干変わっていますがリボーンズ同様ヒール足です。



可動範囲など。
関節構造はリボーンズと変わらないのでほぼ同じです。
デザインの都合で腕部がバックパックなどに干渉しやすいですがアームを動かす事である程度逃がす事ができます。



脚部は股関節がBJなので最近のキットのような大きな開脚はできませんが膝の可動や接地などは良好。
また大型化したリアアーマーもリボーンズ同様可動するようになっているので干渉を逃がす事ができます。



スタンドはこれまで通り3mm軸のものが使えますし使わない時用のカバーもあります。






両腕に装備されたGNハンドガンはアームのフレームと繋がっています。
構造はシンプルなモナカなので合わせ目あり。




サーベルはクリア刃ですが無色透明なので塗装が必要。
ハンドガンを持たせない時はアーム部分に畳んでおく事ができます。



続いてキャノン形態への変形。
肩のロックを外しまずは頭部を胴体に押し込みます。



バックパックのファング部分を伸ばし砲身に。
先端は伸ばす事ができます。



脚部はリボーンズ同様反対側に曲げ、足部分を広げます。



腕部は手首を反転させエグナーウィップ手に交換。
アーム類を伸ばし上腕のロール軸で180度回転させます。






キャノン形態への変形が完了。
基本的にリボーンズキャノンと同じような変形ですが、アームを展開する事でよりゲテモノチックな見た目になりました。



リボーンズキャノンでは頭部が別に展開しましたがこちらはそのまま埋まったような形状なのが特徴です。





クローハンドは節部分がBJなのである程度捻ったりする事も可能。
クロー自体も開閉しますし長さもかなりのものなので大きく動きが付けられますが
下半身は逆方向に膝があまり曲がらないのでMS形態より自由度は下がります。
それとエグナーウィップを再現するワイヤーなどは付属しません。




続いてタンク形態の変形ですが基本的にキャノン形態から下半身を寝かせるのみです。
その際つま先部分を上げ、リアアーマーにあるホバーユニットを引き出します。





タンク形態の完成。
上半身はキャノン形態のままでどことなくザリガニを思い浮かべるような姿です。



リボーンズ同様脹脛を開くギミックがありますが今回の変形では特に記載はありませんでした。




展開した脚部やリアアーマーにはホバー装置を思わせるフィン状のディテールが入っていました。





塗装して作った物なのであまり参考になりませんがノーマルのリボーンズと。
バックパックや腕部の印象がだいぶ変わっています。




以上HGBF リバーシブルガンダム レビューでした。
今回はリボーンズがベースのキットとなっています。
今回は新たにタンク形態への変形が可能になった他、武装なども一新され
特に長いクローハンドは個性的な武装になっていました。
独特の変形ギミックを持つリボーンズがベースなので気軽なパックの付け替えは出来ませんが
00セカンドシーズンのキットが元なので可動や造形なども現在のキットにほとんど見劣りしない出来になっていました。


■プレミアムバンダイ RG 00ガンダムセブンソード/G インスペクションなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■TOP