■TOP
■HGBF リックドギャン子 レビュー



バトローグ3話に登場したリックドギャン子がHGBFでキット化。
こちらはプレミアムバンダイでの受注品となっていて価格は2,700円です。



付属品はビームバズーカ、ジャイアントバズ、ヒートサーベル、持ち手、交換目パーツ、スタンドが付属。



付属するシールは細かい部分の色分けを補うシールで目線シールもいつも通り複数付属しています。



余剰パーツもそれなりにありますが武装やバックパックがないのではいぱーギャン子には組めません。
ランナーの都合でアームアームズのパーツも若干余ります。



ギャンから一転、リックドムがモチーフとなったリックドギャン子。
キットははいぱーギャン子をベースに一部のパーツを変更。
カラーリングもドムに合わせ黒と紫色になり武装もバズーカ系の武装が装備されています。



キットですが素体の大部分ははいぱーギャン子と共通。
頭部や肩、足首などのパーツが変更されています。
背面にははいぱーギャン子同様アームアームズのアームが使われていて両側にシールドの代わりにバズーカが装備されていました。



武装を取り外した姿。
素体のボリュームあるシルエットなども共通。
色分けも大部分が成形色で再現されていますが胸の拡散ビーム砲や襟のエングレービングなど細かい部分はシールでの再現となります。



頭部アップ。
頭部の作り自体は変わらないものの、頭頂部の装備が
ギャンモチーフの角ではなくドムキャップに変更されています。



目のパーツは2種類あり、クリアの瞳カバーを取り付けられるのもこれまでと変わらず。
目線シールは予備もありある程度貼り直せるようになっています。



頭頂部のドムキャップはモノアイ部分や後ろ側の黒部分の色が足りませんがシールあり。
ギャンの盾のような形の髪留めも色分けはシールです。
髪は軸接続で回転可能ですが左右に広げたりする事はできません。




胸部は新たに拡散ビーム砲がモールドされています。こちらも色分けはシールです。
襟まわりも単色なのでこちらもシールもしくは塗装で補う方式。
背面のバックパックはドムタイプになりヒートサーベルなどが装着されています。



バックパックには複数の3mm穴があります。
接続ははいぱーと変わらず2穴タイプ。



なので最新キット同士なら気軽なパック交換も可能です。



腰アーマーは色こそ変えられているもののはいぱーと同形状。
フリルも造形され股関節はBJです。
ただし腹部のへそあたりに紫のパーツが追加されています。



腕部は肩アーマー以外造形は共通。



肩アーマーはドムモチーフになりました。
内側の黒部分はシールで補えます。



脚部も素体部分は共通でパーツ分割で色分けを再現。
ロール軸もあります。



足首はギャンモチーフからドムモチーフに変化。
膝や足首の色分けも再現されていました。
また分割もディテールに沿っていて正面や側面からなら目立ちません。



足裏も肉抜きはなく装甲内側のバーニアも造形されています。
ただし分割は左右分割でモールドをまたいだ合わせ目があるため消したい人はちょっと大変そう。



可動範囲は関節の作りが同じなのではいぱーギャン子とほぼ同じです。
スタンドも付属していますが細かい角度調整は出来ません。



今回もアームアームズのアームが流用されているので両側のバズーカはフレキシブルに可動。
保持力も良好でどんな角度でも固定できます。





付属武器のジャンアント・バズ
バズーカ類の武装はHGUCリックドムの流用となっています。
ただしグリップはアームに接続するため3mm穴の開いたタイプとなりスコープのレンズも赤いプラパーツがはめ込まれています。
分割はシンプルな左右分割で合わせ目有り。フォアグリップや砲口部分のバーが可動します。





ビームバズーカ。
こちらも大部分のパーツはHGUCリックドムの流用。
グリップはジャイアントバズ同様3mm穴があるタイプに変更されスコープのレンズも赤いプラパーツになっています。
こちらも基本的に左右分割なので合わせ目あり。



どちらの武器もアームから外して手首で持つ事ができます。
グリップが可動するようになっているので担ぐポーズも簡単。
ですが肩の関節が自分のものは緩めで外れやすくビームバズの場合重さに負ける事がありました。



髪が邪魔になる事がありますが回転させればそれほど気になりません。




ヒートサーベルは黒一色なので刃部分は塗装が必要。
3mmピンで接続する方式なので持たせると若干ピンが気になります。



こまんどふみなと。





ベースになったはいぱーギャン子と。服の成形色もですが髪色も違っていました。
背面のアームのギミックは同じで素体も大部分は共通なのですが上手く差別化されてあります。




以上HGBF リックドギャン子 レビューでした。
ベースははいぱーギャン子でプロポーションや可動範囲などは特に変わりません。
武装はバズーカメインになったので格闘重視から射撃重視といった変化も楽しめます。
素体も基本的に共通な所が多いのですがドムの配色や特徴的なモチーフを取り入れる事により
少ない変更点で効果的にドムベースになった事が分かるようになっているのが上手いと思えるキットでした。
あとはこまんどふみなの方でも思いましたが表情が1つなので今回のようなバリエキットには別表情パーツでも追加してくれると嬉しかったですね。


■プレミアムバンダイ HGBF リックドギャン子 3次発送分などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■TOP