■TOP
■HGBF Ez-SR-MAXIMA レビュー



プロショップ専用商品として発売されたEz-SR-MAXIMA。
価格は2,160円です。



付属品はビームライフル、シールドセンサー、サーベルユニット、ジョイントパーツ、ショートバレル用パーツ、サーベル刃
それに左握り手と右銃持ち手が付属。



元キットのEz-8&Ez-SRの余剰パーツ。
大量にありますが改造や組み換えにも使えます。



シールは各種センサーなどのほか頭部や胸部などを補うものもあり量はそこそこあります。



プロショップ専売品としてリリースされたEz-SR-MAXIMA(以降マキシマ)。
名前の通りEz-SRのリデコキットとなっていてEz-SRに新規ランナーをセットした内容になっています。
新規のパーツはそこまで多くないですが、メインカラーは青と白基調のものになり印象は大幅に変わりました。



マキシマはEz-SR3機全ての要素を積み込んだ全部乗せ仕様となっていて
両腕にはエリミネーターの武装、背面にはシャドウファントムのユニットが装備されています。
キットは大部分がEz-SRと共通なのでポリキャップはPC-001Aが使われていました。



バストアップ。
新規パーツは上半身に集中していて額部分、肩の装甲の一部、胸部装甲の一部、腰のフロントとサイドアーマー
それに一部の武装接続ジョイントが新規となっています。
肩の新規装甲は青部分の色が足りませんがシールがあります。



頭部アップ。
頭部はイントルーダーの頭部に新規の額&アンテナパーツを取り付け。
額は赤なのですがここはシールで補います。



胸部装甲も新規パーツになりました。
両脇の白や中央のグレーが足りませんがここもシールがあります。
背面にはシャドウファントムのユニットがイントルーダーのバックパックに繋がれています。



ユニットはアームで繋がれているのでスイングが可能でした。



右手には180mmキャノン、左肩にはミサイルランチャーを装備。
新しいジョイントパーツで繋がれています。



腕にはイントルーダーの電磁ナックルが。
左腕はサーベルユニットかシールドセンサーの選択式。



腰アーマーはフロントとサイドが新規造形。
より重装甲なイメージに変化しています。フロントは白、サイドはグレーが足りませんがこの部分もシールあり。




脚部は膝がエリミネーターのように左右非対称。左膝の色分けはシールあり。
他は特にEz-SRと変わりません。



ライフルとシールドセンサーを装備。
シールドセンサー含め各種のセンサーはシールで補います。




可動範囲は基本的にEz-SRと変わらないのですが、
肩の装甲が干渉して肩まわりが結構窮屈になっている感じです。
ただ肩の装甲をハの字にずらせばある程度逃せます。




ビームライフルはSR同様ショートタイプとノーマルタイプの選択式。




ノーマルタイプのビームライフル。
フォアグリップが合わないのもこれまでと変わらず。




ミサイルランチャーは肩のポリキャップに接続します。



ランナーの都合でジョイントパーツなどが余剰になるので
Ez-SRなどから同じミサイルランチャーを持ってくれば両肩に付けられます。




右腕のナックルに取り付けられた180mmキャノン。
基部が回転する他上下にも多少スイングします。



砲身部分に合わせ目が出ないので相変わらず見栄えが良いパーツです。




電磁ナックルはEz-SR同様裏側のジョイントパーツを逆に取り付けて展開状態を再現します。




ビームサーベルは2本付属。



サーベルユニットから取り外し手に持たせる事もできます。
全部乗せの機体のため、結構重量があり関節が負けてくるので足回りは少しきつめに調整したほうが遊びやすいと思います。



背面のバックパックは1軸にするジョイントもあり様々な機体に取付可能。
アームの一部も新規で3mm穴があるので色々盛りやすくなっていると思います。




最近のキットは接続穴が揃えられているものが多いのでポンと付けられるキットは豊富だと思います。




元キットのEz-SR(イントルーダー)と



Ez-SRのパーツがそのままついてくるので青Ez-SRとしても組めますがSR同様Ez-8に組むことは不可。
こちらはイントルーダー



エリミネーター



シャドウファントムです。
色違いのEz-SRとして組んでも良いですね。




以上Ez-SRーMAXIMA レビューでした。
全部乗せの機体ならではのゴテっと盛った武装が魅力的で
単なる組み換え&カラーの変更だけではなく、新規パーツで一部の装甲の形状も変更されています。
ただそのせいで重量が重く、足回りの保持力がそのままでは不足気味なのと肩の干渉部分が増えていました。
Ez-SRでは3形態の組み換えという遊び甲斐があるギミックがありましたが
今回は追加パーツでさらに組み替えの幅が広がっていますし、これまで同様余剰パーツのバーニアなども便利そうでEz-SRからさらに充実した内容のキットになっていました。

■プレミアムバンダイ HGBF Ez-SRフォックスハウンドなどが受注されています
(amazon)



楽天市場
■TOP