■TOP
■HGBF ストライカージンクス レビュー




HGBFから新たにキット化されたストライカージンクス。
価格は2,160円です。



付属品はGNスマートガン、サーベル2本、左平手が付属。



また細かい色分けを補うホイルシールも付属。



ジンクスがベースキットになっているため余剰パーツが多くありますが
バインダーや肩の装甲など一部省かれているパーツがあるのでノーマルジンクスには組めません。



バトローグ4話で活躍したマリオ・レナートのストライカージンクスがHGBFでキット化。
キットベースは以前発売されたHGジンクスとなっていて関節の作りは共通。
装甲も一部は流用ですが新造されたパーツも多く背負い物も大きめでなかなかのボリュームです。



腿や中の頭部などはアドヴァンスドジンクス仕様になっていて
バックパックにはディフェンスロッドが装着されていたりします。
キットの配色はそれなりに再現はされているものの、ノーマルジンクス同様手足の○ディテールはシールで補います。
また、ディフェンスロッドのライトグリーンもシールでの再現になっていました。



一部の装甲は取り外し可能になっていて画像のような軽装状態にする事も可能です。



頭部アップ。頭部はセンサー強化のためのカバーで覆われています。
4本のセンサーはどれもシールでの再現。



カバーを外すとアドヴァンスドジンクス風の頭部が出てきます。
こちらの頭部の四つ目もシールでの再現。



頭部のカバーは1パーツなので裏側は大きな肉抜きあり。
とは言えほとんど見えない下側なのであまり気になりません。



胸部には増加装甲が装着されていて胸部のレンズを覆っています。
肩は一部新規で右側にはGNディスチャージャーが装備されていました。



左肩に装備されているシールド。
肩の接続軸は3mmなのでカスタムしやすい構造です。



またシールドは中央で分割可能。
分割したシールドを肘部分に取り付ける事もできます。



腕部は前腕は特に変わりませんが上腕が新規。




バックパックは増加粒子タンクとGNバーニアが組み合わされた大型のものが付属。
ドライヴのコーンパーツの変わりに取り付けます。
両サイドにはサブアームがありディフェンスロッドが装着されていました。



サブアームは展開可能で両端が回転可能。
またバックパックの両サイドのユニットも回転できます。



腰部分はコクピット周りに増加装甲が装着されそれぞれ可動するようになっています。



腰の後ろ側はノーマルと共通。
大腿部はアドヴァンスドジンクスと同じデザインになりました。
合わせ目も出ず色分けもきっちりされていました。



腿の後ろ側も合わせ目が出ず内側のパーツも別パーツ化されています。
膝下はソール部分が変更されていますが他はジンクスと同じです。



ソール部分は角ばった厚みのある形状に変化。
足裏は簡素な作りで肉抜きありです。



GNスマートガンを装備。






GNスマートガンは従来のライフルに新規パーツを組み合わせたもので身長を超える長さがあります。
グリップはスイング可能で銃口は別パーツ。
簡素なモナカ構造ですが合わせ目は段落ちモールド化されていました。
なので新規部分で目立つ所は銃口あたりにあるパイプ部分ぐらいです。




可動範囲はノーマルジンクスから変わった印象はありません。
股関節がBJで首もあまり回せなかったりするので派手なポーズは厳しかったりする所も。
サブアームはフレキシブルに可動しディフェンスロッドを前方に向けたりする事も可能でした。



サーベル刃は蛍光オレンジで派手な成形色です。



バックパック自体は四角いダボで接続するので他のHGBFのような気軽なパック交換はできませんが
サブアームや肩のジョイントは3mmなので武装を入れ替えたりする事は簡単でした。
またランナーの都合でシールドは2枚付属するのでシールドを2枚装備にする事も出来ます。




銃口部分にはサーベルがセットされていてこちらにも刃を取り付けられます。





アドヴァンスドジンクスの特徴的なパーツが揃っているのでノーマルジンクスからバインダーや肩の装甲を持ってくれば
アドヴァンスドジンクス組んだりする事もできました。
グレーのパーツがノーマルジンクスのものです。



ライフルも組み換えでそれっぽくなります。
ただプロトGNランスは自作するしかなさそうです。




同じジンクスベースで発売されたHGBFのアクセルレイトジンクスと。
アクセルレイトが出てからジンクス4が受注されましたしそのうちアドヴァンスドも発売されるんでしょうか。




以上HGBF ストライカージンクス レビューでした。
アクセルレイト同様ノーマルジンクスがベースのキットなので可動については最新キットに比べるとやや窮屈な所はありますが
フルアーマー要素や長大なスマートガンなど見どころのあるパーツが多く格好良いバリエーションキットになっていました。
元キットの関係でバックパックの手軽な交換こそできませんがサブアームや肩などは3mmジョイントなので様々な武装を手軽に取り付ける事は可能です。
後に発売されるかもですがアドヴァンスドも作りやすい構成になっている面白いキットでした。

■プレミアムバンダイ HGBF トールストライクガンダムグリッターなどが受注されています icon

(amazon)



楽天市場


■TOP