■TOP
■HGBF ハンブラビスバン レビュー
 


HGBFシリーズでハンブラビスバンがキット化。
プレミアムバンダイでの受注品となっていて価格は1,944円です。
パッケージはいつものプレバンキットと同じタイプですが
説明書は一般販売のキットと同じくフルカラーで機体説明もしっかりあるものが付属していました。



付属品はウイングトマホーク、フェダーイン・ライフル、サーベル2本、持ち手、左平手が付属。



ハンブラビの部品がいくつか余剰になりますが省かれているパーツもあるのでハンブラビとして組むことは不可です。



ホイルシールは頭部や膝のモールドを補うものが付属。



タイ代表のルワン・ダラーラがアビゴルバインに変わる機体として作ったハンブラビスバン。
ハンブラビがベースとなっていてアビゴルバインと違い、防御力より機動力を重視した機体となっています。



胸や肩、頭部の形状が別物になっていますし
背面のウイングの形状が大きく変わり
脚部のフィンだけではなく全身の装甲に軽量化のための穴が開けられているのが特徴です。



キットは以前発売されたハンブラビがベースなのでポリキャップはPC001。
色分けは成形色で概ね再現されていて組むだけでほぼイメージ通りに仕上がります。



頭部アップ。モノアイガード?はクリアパーツで再現されています。
合わせ目は裏に出ますが正面や左右からなら目立たない分割。
アゴ横のモールドは白色でシールで補えますが耳のフィンはグレーでシールが無いので再現する場合塗装が必要です。



また説明書の設定画にも描かれていませんし作例でもとくに使われていないようですがモノアイのシールも付属。
上下2箇所に貼るシールが付属しています。



胸部はハンブラビと違う造形で新規です。
背面は2穴ジョイントあり。後頭部や腹部パーツには合わせ目が出ます。



もちろん大半のHGBF同様パックの付け替えなども可能。
3mm穴のジョイントを使ってエフェクトも色々取り付けられます。



腕部は肩アーマーが新規。
前後分割で合わせ目あり。
腕部はハンブラビと共通で一部合わせ目が出る作りです。
左手のみ平手がありますが、ちょっと水かきがあるように見えるので気になる場合は指の切れ込みを深くすると良いかも。



バックパックは一部流用。
テールランスや背面のビームライフルは共通でビームライフルはわずかにスイング。
テールランスは伸ばせます。
ライフルは銃口が別パーツですが基部はモナカです。



ウイングは基部で回転できるほか。若干スイングが可能。



腰部分はサイドアーマーが新規で穴の開いたデザインになっています。



脚部は基本的にハンブラビと共通のパーツですが、横にあるフィンの形状が若干変わっています。
太腿や脛などに合わせ目が出ますが膝下の大部分は段落ちモールド。
膝横のマルイチは白色ですがシールで補えます。



足裏は肉抜きがありませんが合わせ目あり。



可動範囲ですが大部分はノーマルハンブラビと変わらないものの、
頭部と肩が胴体と分離されたデザインになった事でより動くようになっています。



肩のポリキャップもスイング可能な構造に。
また肩が分離しているため腕も大きく上げられるようになりました。



下半身は変形機構もあるので膝も180度ほど曲がりますし接地なども良好で
サイドアーマーが太腿に付くデザインのため脚も良く上げられます。
ただ股関節はBJなので最新のキットと比べるとあまり開かないですが普通にポーズを付ける分には困らないぐらいの可動範囲はあります。





フェダーイン・ライフル。
分割は左右分割で合わせ目あり。
作りはハンブラビのものと共通です。




若干手首の装甲などに干渉しやすいですが付属の持ち手でしっかり保持可能。



また付属のサーベル刃を取り付ける事もできます。



腕部クローは差し替え無しで展開。



ビームサーベルはクリアイエローの刃が付属。
ここまではノーマルハンブラビと共通の武装です。





そしてスバンの新規武装となるウイングトマホーク。
こちらはノーマルハンブラビのウイングを中央の新規パーツで繋げた武装となっています。




丸軸なので羽を多少可動させる事が可能。
説明書によると微細な穴が無数に開けられていて移動することで粒子を吸収。
最大吸収時に「神鳥(スバン)投斧(セェーン・クワーン)」という技が使えるそうです。




ハンブラビ同様の変形ギミックも搭載。
変形自体は基本的にハンブラビと同じで肘を逆に曲げ、テールランスを伸ばし
脛のスラスターを展開したらつま先を伸ばして膝を曲げます。



ハンブラビとの違いは股関節部分にウイングトマホークを取り付ける事のみです。






変形完了。
ウイングが4枚になっていますし頭部周りの形状の違いもありハンブラビとはまた違った印象になります。




スタンドはアクションベース2に対応。
変形は凄くシンプルなのでロックなどはありませんがパーツのポロリなどもなし。





四肢の大部分は共通ですが胸や頭は全くの別物です。




以上HGBF ハンブラビスバン レビューでした。
今回はハンブラビがベースになっている設定のキットです。
従来のハンブラビにあった脚部の穴のディテールが全身に配置されているのが印象的で
特徴的だった頭部や胴体の変化も見比べると面白いです。
またハンブラビはデザイン状頭部、胸、肩が一体化されていましたが
普通のMSと同じ分割になったため可動範囲が向上していて元キットより動くようになっていました。
そこまで古いキットがベースという事もないのでプロポーション等も良いですし
シンプルですが変形もできるプレイバリューの高さも魅力ですね。


■プレミアムバンダイ MGアドヴァンスドジンクス デボラ機などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■TOP