■TOP
■HGBF ういにんぐふみな レビュー
 


HGBFで発売されたういにんぐふみな
価格は2,592円です。



付属品はビームマシンガン、持ち手、クリアタイプ目パーツ
それにランナーレスのスタンドが付属します。



シールは各所の赤部分やスタークロス中央の色分けを補うものの他に
目線パーツが複数付属。
目線は中央の他左右目線もあります。



HGBFで発売されたういにんぐふみな。
サカイミナトが作ったガンプラでスターウイニングガンダムをモチーフにした強化装甲を装備しています。
膝やバックパック、それに両肩のスタークロスにはスターウイニングガンダムのランナーが使われています。



配色は大部分が再現されていますが装甲の赤など一部はシールで補う方式。
キットはチナッガイ系の関節パーツが使われたキットで本体はポリキャップレス。
強化装甲のパーツにBB戦士などで使われるPC303のポリキャップが使われています。



今回は装甲パーツがSDすたーういにんぐがんだむになるギミックがあるので装甲を取り外した素体状態にする事も可能です。



頭部パーツですがこれまでと同じようにまつげが別パーツ。
目のパーツはモールドがありクリアレンズの有無を選べます。



頭部アップ。
こちらはまつ毛まで一体化されたシールで左目線。



こちらはクリアレンズを取り付けた中央目線パーツを使ったもの。



こちらはまつ毛と瞳のシールが別々になった物で右目線を選択したものです。
顔パーツはすーぱーふみなから出来がかなり良くなっている印象。
これまで通りまつ毛にもモールドはあるのでシールの厚みが気になる場合でも塗りやすくなっています。



ポニーテールはBJで回転が可能。
合わせ目はあることはありますが極力目立たない分割になっています。



胸部ですが襟元のV字アンテナ中央と肩の装甲の一部の赤はシールで補う方式。
両肩からはSDういにんぐの手にあたるパーツが装着されていてスタークロスを保持しています。




バックパックは胸や肩まで覆う形状。背面にはSDういにんぐの頭部が付いています。
またバックパックのフレームには素体ふみな頭部に装着するアンテナのないヘアバンドパーツも装着しておく事ができます。



バックパックの接続部分は2穴タイプ。



これまでのHGBF同様色々なパックをそのまま装着可能になっています。



腕部は前腕の一部に装甲があるだけでスッキリした形状。
手首は持ち手と平手があります。
上腕の一部などに合わせ目がありますがロールも可能です。



腰部はSDすたーういにんぐの脚部などが装着されています。



スカートアーマーはサイドが可動しますがフロント部分は固定。



脚部は膝下が強化装甲で覆われています。
太腿などに合わせ目がありますがこちらもロール軸あり。



足首はヒール状で足裏は肉抜きがありますが3mm穴もありました。



可動範囲など。基本的にチナッガイタイプと共通なのですが
肩を覆う装甲が干渉するので腕が上げにくくなっています。



肩を覆う装甲はBJ接続。
見た目が微妙になりますが装甲を下に逃がせば一応腕は上げられるようになります。



脚部は接地もそこそこで膝も十分曲がりますが
フロントスカートが邪魔になるので足をあまり上げる事はできなかったです。





ビームマシンガンは2パーツのモナカ構造。銃口は開いていませんでした。
スタンドは付属の物の他、3mm軸の物にも対応。腰裏に接続します。



スタークロスは中央の色分けをシールで補う方式。
SDすたーういにんぐの手の他、持ち手でも持たせる事ができます。






各種クリアパーツとビームマシンガン、それに背面のアンテナパーツを組み合わせる事でスターバスターソードを組む事ができます。



このパーツは結構重さがあり、自分の物では手首がすぐ抜けてしまうので若干手首軸を太くする加工が必要でした。




SDすたーういにんぐがんだむの組み換えギミック。
本体の装甲を全て取り外し、それぞれのパーツを一部ばらして組み替えます。



それらのパーツを合体させる事でSDすたーういにんぐがんだむの完成。
装甲パーツの組み合わせなのでそこまで凝った可動などは仕込まれていませんが
しっかりしたSDタイプのMSになります。





この状態でも普通のSDガンダム並のボリュームがあり配色も赤部分以外は再現されています。
頭頂部のセンサーやアゴ部分はシールで補う事も可能になっていました。




頭部アップ。頭部は固定でスイングはできません。
目のシールは瞳有り無しの2種類がありますが今回は瞳ありを選択。
頭部は前後分割です。



腕は肩が回転可能な他、腕の接続部がBJで可動。
ただし手首や肘は固定です。
足首は股関節が回転できますし足の付根がBJで可動します。



素体のふみなと。
こちらでもビームマシンガンを装備する事が可能です。
また組み替えても余剰パーツがでないようになっていました。



頭部や肘などが固定なのでそこまで派手なポーズは取れませんがライフルを構えるぐらいなら十分可能でした。



以前発売されたすーぱーふみなと。
身長は若干高くなっています。





以上HGBF ういにんぐふみな レビューでした。
今回もチナッガイ系の関節パーツが使われたキットですが肩の装甲やフロントスカートなどやや干渉するパーツは多め。
ですが以前発売されたすーぱーふみなと比べると顔などの造形は大きく進化していて出来はかなり良くなっていると感じました。
また装甲パーツがSDすたーういにんぐがんだむになるというスターウイニングガンダムを意識したようなギミックもあり
ギミック面もかなり凝ったキットになっていました。


■プレミアムバンダイ MG 強化型ZZガンダムver.ka、ZZガンダム用強化型拡張パーツなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■TOP