■TOP
■HGUC バーザム レビュー
 


HGUCで発売されたバーザム。
価格は1,620円です。



付属品はビームライフル、ビームサーベル、バルカンポッド、持ち手、ライフル用ケーブルパーツが付属。



付属のシールは各種センサーと後頭部のグレー、バルカンポッドの赤
脚部の細かい赤色などを補うシールが付属します。



HGUCでついにキット化されたバーザム。
キットフォーマットはPC002が使われた最新のものですが
ポリキャップが使われているのは胴体のフレームにあるBJ、足首まわり、武器の一部のみでほとんどがプラ同士の関節になっています。



スタイルは小顔で今風になっていますが全身個性的なデザインはそのままです。
股間のパーツはエネルギーチューブ接続口のような形状で固定
Kaシグネイチャーバーザムのような差し替えパーツはありませんでした。



ライフルとバルカンポッドを取り付けた姿。
全身の配色もかなり再現されていて特に黄色はシールなしで再現されています。
ダクト内部など細かい赤色が足りませんが再現度は十分だと思います。




頭部アップ。
バルカンポッドは気軽に取り外し可能。
モノアイはクリアパーツで再現されています。
合わせ目は一部が段落ちになっていたりして目立たなくなっていました。
後頭部のグレーはシールで補う事ができます。



モノアイは可動しませんがモノアイレールなども細かく造形されています。
また首はポリパーツではなくプラなので塗装しやすくなっています。



胴体は細かいパーツ分割で配色を再現していますが胸中央下部の赤はシール。
胴体フレームのシリンダーなどもきっちり造形されカマボコ状になっていたりする事はなかったです。
関節は左右にもスイングできる作りになっていました。



バックパックはしっかり再現する場合バーニアの内側の赤色を塗装する必要があります。
バーニアは内側のディテールも細かく作られていました。



リアアーマーはフチに一部肉抜きがありますが内側は肉抜きなし。
股関節には3mm穴があります。



肩アーマーはディテールに沿った分割で合わせ目が出ません。
肩のダクトの内側は赤色を補う必要があります。
今回は持ち手の他、平手もあるのが良い感じです。



腕部は前腕に一部合わせ目が出ますが画像のように可動します。
また装甲の内側に収納されたサーベルも再現。
こちらは取り外し可能なものの、刃取り付け穴はありません。



手首は他の機体と比べると大きめですが、近年の共通グリップに対応した大きさで色々な武器を持たせる事が出来ると思います。



脚部は小さいモールドの赤部分がシールですが赤いフィン状のパーツや黄色いダクトは別パーツで再現。
太腿は段落ちモールドになっていて膝下も合わせ目が出ない構造。



脹脛のバーニアは可動します。
内側は赤色なのでこちらもこだわる場合塗装が必要です。



膝のダクトは内側の赤を塗装する必要がありますがフィン状のモールドがあり密度があります。



足首はつま先が可動。
足裏の肉抜きは無く見栄えが良いです。



可動範囲など。
肩は上にかなり動く作りになっていて大きく上げられます。
肘も十分曲がりますし小顔なのでバルカンポッドを付けてもそれほど窮屈になる感じもなかったです。



腹部は左右にもスイング可能。
肩関節は引き出す事で前後によりスイングできるようになります。



下半身は接地こそ並ですがこんな特徴的な形状をしているにも関わらず股関節などはかなり柔軟。
膝もよく曲がり上半身同様良く動く作りになっていました。






ビームライフルは合わせ目の出ない作り。グリップが可動します。
赤い○モールドは別パーツですが、その回りの明るいグレーは塗装の必要があります。






パーツの差し替えでケーブルを伸ばし、腕に接続した状態を再現できます。
ケーブルの基部はポリキャップで可動するので繋げたまま肘を90度ぐらいまで曲げる事も可能。
グリップが動くので少しぐらいなら逃がせますが腕のロールには制限がかかります。




ビームサーベルはクリア刃で再現。



腕に収納されているのとは別に手持ち用が2本付属していました。



Mk-IIとのバックパック交換ギミック。
バックパックは2穴タイプですが、Mk-IIに対応するバックパック接続口もあるので




Mk-IIとのバックパック交換が可能になっています。
ただし対応するのはREVIVEのみで旧HGUCMk-IIのバックパックには対応していません。



モデグラでも紹介されていましたがこれによりGディフェンサーを取り付けたりする遊びも可能になります。
ただしロングライフルは手首が合わないので持たせたい場合加工が必要です。




最後に大きさ比較。
キットはトサカの分高くなっていますがそこを除けばおおよそZと同じぐらいのボリュームでKaSignatureのバーザムよりは小さかったです。




以上HGUC バーザム レビューでした。
特異なデザインの機体ですが関節がかなり動くように設計されていて
ライフルのケーブルもそれほど邪魔にならないよう工夫されていたりと思った以上に動かせるのが驚きです。
またパーツ分割もかなりこだわった構成になっていて黄色い部分は全て別パーツ化されていました。
小さくてもモノアイはクリアパーツでモノアイレールなども細かく造形され首もプラパーツ。
武器含め合わせ目も前腕と頭部後ろにしか出ない作りかつ、肉抜きも少なめで塗装などもしやすそうな気合の入ったキットです。
武装は少ないものの、Mk-IIとのバックパック交換ギミックは結構遊べますし
色々面白い構造になっているのでおすすめのキットです。


■プレミアムバンダイ MGダブルオーザンライザーなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■TOP