■TOP
■HGUC ゲルググ(ユニコーンVer.) レビュー
 


ユニコーンVerのゲルググがHGUCでキット化されました。
こちらはプレミアムバンダイでの受注品で価格は1,836円です。
説明書はシャア専用ゲルググのものが付属し、新規部分を補足する説明書きが1枚付属していました。



付属品はビームライフル、ビームマシンガン、シールド、ビームナギナタ、右銃持ち手、左平手が付属。



また一部余剰パーツがあります。



ホイルシールはモノアイと胸のマーク、それに袖部分のシールです。



以前キット化されたHGUCゲルググをベースに一部のパーツと成形色を変更。
ユニコーンVerとして再度キット化されたゲルググ。
ノーマルゲルググとの変更点は前腕のみ。前腕が新規パーツで袖付き仕様となっていますが
成形色は緑の単色でシールまたは塗装で補います。



機体色は量産型の成形色からだいぶ変わっていて緑が強めのザクっぽいカラーリングになりました。
配色自体はシンプルなのもあり成形色で袖以外はほぼ再現されています。



背面にはこれまで通りシールドやビームナギナタを装備可能。
古めのキットなので使われているポリキャップはPC-116
関節など一部のパーツはABSです。



頭部アップ。
頭部はアンテナのないタイプでモノアイはシール。



モノアイはカバーを外せば動かす事ができます。
また余剰パーツをつかえばアンテナありの頭部にする事も一応可能。



胸部中央のネオ・ジオンマークはシールで再現。モールドはありません。
背面の穴はシールドをビームナギナタを取り付けるジョイント穴です。



肩アーマーは前後分割。
腕は袖付きになった以外変わらず。左手のみ表情の付いた平手が付属。ディテールも細かいです。



スカートは横部分が分割されていて可動します。
リアのバーニアも別パーツで再現。



脚部は特に変更なし。
フレア内部のバーニアも再現され内側にもモールドが入っています。



足裏のディテールもあり肉抜きもありません。




可動範囲は袖以外違いはないのでノーマルのゲルググと共通。
股関節がBJだったり多少古い所はありますが
接地や肩のスイングなども良好でそこまで窮屈な感じはありません。



付属武器のビームライフル。上が今回のもので下が量産型のものです。
成形色がブルーグレーからグレーになっていましたが形状は同じ。




右の銃持ち手でしっかり握らせる事ができます。
センサーなどは色分けされていないので塗装が必要です。




シールド。こちらも上が今回のものです。
色が落ち着いた色味になっていました。
シールド裏の穴はビームナギナタを取り付けるジョイント穴です。




前腕のジョイント穴にそのまま差し込んで固定します。
シールド裏面は大部分がグレーなのでこだわる場合塗装が必要です。
ジョイントは丸軸なので基部で回転も可能。





ビームナギナタはクリアパーツのビーム刃が付属します。
ちょっと持ち手がスカスカでズレやすいですが両端が膨らんでいるのでスッポ抜ける事はないです。
スタンド穴もあるのですが古いガブスレイなどに使われた長方形ジョイントタイプなので昨今の3mm軸のスタンドには対応していません。






新たに付属するビームマシンガン。
ストックが伸縮可能でフォアグリップも可動し両手持ちも出来ます。
分割は左右分割なので合わせ目あり。



尚量産型に付属するキャノンパーツ一式はオミットされていました。





量産型ゲルググと。
薄い色の成形色は緑になりましたが造形自体はほとんど変わりません。


量産型のキャノンパーツを取り付けてみました。
バックパックはもちろんそのまま付きますし腕のミサイルランチャーとバックラーもジョイント自体は変わらなかったので取り付けられました。




以上HGUC ゲルググ(ユニコーンVer) レビューでした。
以前発売されたゲルググに一部新規パーツを追加したキットとなっています。
前腕が袖付きになったのですが今までのHG同様シールでの再現となっていました。
ですが複雑なデザインはなくラインのみで凸モールドもあるので塗装するのは楽だと思います。
元キットのゲルググはだいぶ前の物なので今組むと関節の設計は若干古さを感じますが
肉抜きなども少なくスタイルも良好、可動も優秀で新しいキットに引けを取らないキットでした。


■プレミアムバンダイ HG鉄華団コンプリートセットなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■TOP