■TOP
■HGUC グフ・フライトタイプ レビュー




以前発売されたグフカスタムから結構経ちましたがグフ・フライトタイプがプレミアムバンダイで受注されました。
価格は2,268円です。



付属品はヒートサーベル、シールド、ガトリングシールド用パーツ、右平手、持ち手が付属。



シールはモノアイの他。スタビライザーのラインと脹脛下側の色を補うホイルシールが付属。



HGUCグフカスタムのランナーが使われているので一部余剰パーツがあります。
ただし足りないパーツもあるのでグフカスタムとしては組めません。



08MS小隊よりキット化されたグフ・フライトタイプ。
名前通り飛行用に改修された機体で左右で合計4つのエアインテークがあり、
熱核ジェットエンジンを内蔵した巨大な脚部が特徴のMSです。



キットベースはいぜん発売されたグフ・カスタムがベースになっていて関節など一部のパーツは共用されていますが
脚部以外も違いが多く新規パーツも多めです。
使われているポリキャップはPC001です。




ガトリングシールドを装備
各所の色分けはほぼ成形色で再現。スタビライザーのラインや脹脛下のカバーはシールが付属。
あとはセンサーやバーニア内部など細かい所を補うぐらいで良さそうです。



頭部アップ。
頭部の大部分は新規ですがグフ・カスタム同様鋭い目つきです。
モノアイはシールで再現。パイプパーツは軟質プラで一部切れ込みがありそこで曲げて取り付けます。



モノアイは一応モールドもあり。
後頭部などがグフカスタムとは結構違う形状になっています。



モノアイの可動ギミックもありアゴ下のレバーで可動させる事ができますが
振り幅はわずかで目一杯動かしても画像ぐらいで気持ち程度にしか動きません。



コクピットハッチ含めた胸周りは新規でカスタムとは違う造形。オレンジ部分にはしっかりクリアパーツが使われています。



バックパックはスタビライザーがスイング可能。スタビライザーのラインは白ですがシールで再現する方式。
モールドもあるのでマスキングはしやすいと思います。
バーニアは内部モールドが凝っていて精密な造形。
ノズル内部は赤なのでこだわる場合塗装が必要となります。



バックパック接続ジョイントは2穴タイプになっていました。
リアスカートのバーニアもバックパック同様密度のある造形。こちらも内部は赤です。



大きく変更された肩アーマーは上部のダクトにも細かいフィンディテールがあります。
合わせ目も目立たない分割でした。(側面の分割線は作例ではそのままでした)



右腕部はヒートロッドがありません。
手首は持ち手の他きちんとした握り手もあります。



右手のみ平手が付属。肩部分は丸みのある形状でグフ・カスタムとは異なる造形。
左腕部はガトリング取り付け用のピンがあります。



左腕部に接続する3連装35mmガトリング砲。
こちらはグフ・カスタムのものと同様でスコープなどが可動します。



腰部にはサイドアーマーにスタビライザーが装着されこちらもスイング可能。
腰のパイプはバックパックではなく腰裏に繋がります。
またアーマーの形状もグフ・カスタムとは違います。



サイドアーマーやフロントアーマーは可動しますがどちらも気持ち程度にしか動きません。




印象的な脚部は細かいパーツ分割で大部分の配色を再現。合わせ目もほぼ出ない分割です。
脹脛にある赤いダクト下はライトグレーですがシールで補えます。
かなりボリュームがありインテークなどの存在感はかなりのものです。



足首はつま先の隙間部分などにもフィン状のディテールがあります。
足首接続は普通のBJでした。



フレア内部は特にディテールはありません。
足裏はフタパーツがあり肉抜きなし。他のバーニア同様凝った造形になっています。




可動範囲など。
基本はグフ・カスタムと似たような印象で肘は90度ほどですが肩のスイングや胴体の回転などは十分。



脚部はボリュームがありますが意外と可動は良好。
膝も90度は曲がりますし脚もかなり開きます。
腰アーマーがあまり動かないので脚はそこまで上がりませんがポーズを付ける分にはあまり困りません。





付属武器のヒートソードは1パーツで再現。






シールドはグフ・カスタム同様サーベルの収納が可能で3連装ガトリングに直接取り付けられます。




スタンドはいつも通り3mm軸のものが使えます。
脚部が巨大なので保持が心配でしたが今の所は問題なしでした。



またバーニアの造形が凝っているので後ろ姿も良い感じです。




ガトリングシールドのガトリング部分。
こちらはグフ・カスタムと同じもので弾倉ベルトは軟質パーツが使われています。





シールドと合体させると大ボリュームのガトリングシールドになります。
分割は基本モナカなので一部合わせ目あり。
ガトリングの砲身はまとめて成形されていますが立体感は十分です。




結構な重さの武器なので動かしているとそのうち保持力の調整が必要になると思います。





手を入れてから塗装しているのであまり参考になりませんがベースキットのグフ・カスタムと。




以上HGUC グフ・フライトタイプ レビューでした。
以前発売されたグフ・カスタムがベースになっていますが新規パーツが多めで独特の形状の機体を再現しています。
特徴的な脚部なども凝った分割で細かいインテークやダクトなども別パーツ化されていてディテールも精密でした。
グフ・カスタム自体PC001のキットなので可動面もさほど見劣りはしませんし
精密なバーニアの造形やガトリングシールドも格好良くHGサイズながら見栄えのするキットになっていました。

■プレミアムバンダイ HGUC グフ・フライトタイプなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■レビュー一覧はこちら
■TOP