■TOP
■HGUC イフリート・ナハトレビュー



HGUCでキット化されたイフリート・ナハト
こちらはプレミアムバンダイの受注品で価格は2,484円です。



付属品はコールドブレード&鞘、コールドクナイ、ジョイントパーツ、ガトリングガンパーツが付属。



シールはモノアイと足首部分を補うホイルシールが付属。



余剰パーツ。
イフリート改に使うパーツが結構余剰になりますが足りないパーツも多いので改として組む事はできません。



HGUCでキット化されたイフリート・ナハト。
夜にとけ込むような暗い紫色のカラーリングに忍者刀のようなコールドソード、それにコールドクナイと白兵戦に特化したような武装を持ち
まさに忍者といった印象の機体です。
また肩や腕、太腿部分などにまるでキルティング加工をしたかのような独特の形状の装甲が取り付けられているのも目立ちます。



キットベースは以前発売されたシュナイドや改のパーツが流用されていますが新規部分も多め。
腰や脚にはスラスターが追加されています。
成形色はディテールが分かりやすいように明るめに撮ってみましたが実際はもっと暗い紫色です。
キットの色分けは成形色でほぼ再現されていますが、足首の一部はシール。
それとスラスター内部の黄色や武器類は塗装で補う必要があります。



武装を取り付けた状態。
背面にはコールドソード、腰と脚部にはコールドクナイが4本装着されいます。



頭部アップ。
頭部はイフリート改と同じような形状ですが頭頂部のパーツが新規で若干モールドが違います。(フチ部分に凹ディテールあり)



モノアイはいつも通り可動式でモノアイ自体のディテールもあり。



胸部などは新規パーツも使われ、熱探知の対策のため弁が設けられているという事でフタがされたような形状になっています。
動力パイプは軟質プラで再現。一部切れ目があります。



バックパックも新規パーツで再現されていました。
中央の穴は3mmです。



こちらのダクトとスラスターは精密に造形されていて内側のディテールもしっかりあります。
スラスター類の内側は黄色なので再現したい場合は塗装が必要です。



肩アーマーは新規。前後分割で合わせ目ありです。
多数のスパイクが取り付けられた形状でスパイクは全て別パーツ化されています。
ただHGだけあって先端は丸いです。



形状的に可動範囲が狭まってそうに感じますが横の装甲は可動するので他のイフリートと遜色のない可動範囲です。



右腕は前腕に合わせ目あり。
こちらには変わった形状の装甲が追加されています。
また上腕は丸みがある形状になっていました。



左腕は右腕に比べて厚みがありますがこれは内蔵式三連装ガトリングがあるためです。



パーツの差し替えで展開状態を再現できます。



腰部分も一部新規でフロントアーマーは長さが短い形状に。
またリアにはスラスターユニットが増設されています。
サイドアーマーにはジョイントを取り付けコールドクナイを装備できます。



リアのスラスターもきちんと内部モールドあり。
一応取り外しも可能でした。



太腿にも独特の装甲がBJで増設されているのですが
これがリアアーマーと干渉しやすく若干動かし辛くなっていました。



脚部も外装はほぼ新規パーツ。膝下の装甲は裏側に合わせ目がありますが一部段落ちになっています。
改のようにスラスターユニットが増設されていて足首形状なども変化しています。



こちらもスラスターユニット部分にクナイマウントジョイントを取り付ける事が可能。
足首は四角いモールドまわりがシールでスラスター内部などは塗装が必要。
足首形状は丸みを帯びた形状から鋭角的なデザインになっていました。



足裏はつま先やカカト部分に肉抜きがあります。



可動範囲は他のイフリート系とほぼ変わらないのですが
太腿の追加装甲がBJで逃がせるようにはなっているのですがロールさせたりすると干渉しやすくやや窮屈になっています。



ガトリングは普段砲身も見えないようになっているのが面白いです。
スタンドはいつも通り3mm軸のものが使用可能。




付属武器のコールドクナイ。
こちらは1パーツなのでグリップ部分の塗装が必要です。




1パーツですが厚みは十分でペラペラした感じはありません。
スパイク同様尖らるとより格好良くなると思います。





続いてコールドブレード。
こちらはブレードが1パーツ、鞘が3パーツで合わせ目あり。
背面に鞘を装着しそのままブレードを収納できます。




こちらもブレードは1パーツなので細かい塗り分けが必要となります。



それと鞘に収納する場合かなりクリアランスがタイトだったので
塗装される方は入念にすり合わせをした方が良い感じでした。



グリップが長いので両手持ちも可能ですが
手首をあまり寝かせられないので角度はかなり制限されます。





以前発売された改やシュナイドと並べて。
関節は共通なのですが細かい違いがかなり多く思った以上に流用箇所は少ないです。




以上HGUC イフリート・ナハト レビューでした。
改やシュナイドはREでもキット化されていましたが今回はREでは発売されていないナハトがHGでキット化。
当然関節などはHGUCイフリート系列の作りが流用されているので肩がかなり柔軟に動くため、格闘ポーズなどが付けやすいキットになっています。
色分けに関してもスラスター内部の黄色など暗い色に黄色を塗らないといけない所はあるのですが、改のようなラインもないので再現度は高め。
またコールドブレードやコールドクナイなど忍者チックな装備や、独特の装甲形状も格好良いですし新規パーツも多く力の入ったキットでした。


■プレミアムバンダイ MG フルドドなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■レビュー一覧はこちら
■TOP