■TOP
■HGUC ジェガンD型(ピコ・アルティドール専用機) レビュー



多数発売されているジェガンのバリエーション。
アクロス・ザ・スカイに登場するピコ・アルティドール機仕様のジェガンもキット化されました。
価格は1,728円でプレミアムバンダイでの受注品となります。



付属品はビームライフル×2、バズーカ、シールド、銃持ち手、サーベル刃2本が付属。



シールですが股間のV字部分とシールドを補うものが付属。


またエコーズジェガンがベースになっているため余剰パーツも若干あります。



アクロス・ザ・スカイに登場するピコ・アルティドールが乗り込みデルタカイと対峙する事になるD型のジェガンが専用カラーリングでキット化されました。
キットはエコーズジェガンがベースになっていて説明書もエコーズジェガンの物に補足の説明書きが1枚付属しているタイプで機体説明などはありません。



キットはD型のジェガンですがカラーリングが変更。
レイヴン隊仕様の黒に近いダークパープルとホワイトのカラーリングになっています。
本体のカラーリングは成形色で概ね再現されていますが、股間のV字部分はシール。
後は肩のダクトや脚部スラスターなど細かい所の白が足りないのでそちらは塗装で補う必要があります。
キット構造はHGUCジェガン系の物なので一部にABSが使われていました。



頭部アップ。頭部はD型仕様になっていてバルカンポッドなどに特徴があります。



右耳部分もノーマルジェガンとは違う造形。
胸部はエコーズ仕様にあった胸部のアーマーはなくノーマルの胸部。
襟の内側や胸部ダクトはグレーなので再現したい場合は塗装が必要です。



股関節のV字部分はこれまでと同様にシールですがモールドあり。
バックパックは上のスラスター部分が可動します。



腰部のサーベルラックやグレネードラックはこれまでと変わりなし。



腕部や脚部はエコーズジェガンと共通の作りです。



スラスター内部など細かい所の白塗装は成形色が暗いので部分塗装をする時にはちょっと面倒そう。
足裏は肉抜きもなく見栄えが良いです。



バズーカとシールドを装備。




付属する武装も基本的にエコーズジェガンと変更なしで
バズーカはグリップが可動し持たせやすくなっています。
また銃持ち手も人差し指がきちんとトリガーに指がかかる造形です。




シールドはL字型のジョイントで接続するので位置が変えられます。
ただしシールドの上半分の配色は丸々シールで補う形になります。




ビームサーベルもこれまでのジェガン系と同じタイプ。



そして印象的な二挺のビームライフル装備した状態。
HGUCジェガンは銃持ち手が右手のみだったのですが、今回は左手の銃持ち手が付属。
他から手首を持ってくる事なく二挺持ちを再現できます。




可動範囲はこれまでのジェガン系キットと変わりないので今の目で見ると股関節周りがあまり動きません。
なのでキックポーズなどはちょっと窮屈。




ビームライフルですが左側の方が新規パーツのライフルとなります。
基本的には同じ造形ですが新規の方は2パーツのモナカになり銃口部分も一体成型されています。
そのためかよくよく見るとスリットが短めだったり根本の抜けていた部分が埋まっていたりするので気になる人は気になるかも。



グリップは左右に対応した保持ピンが造形されています。




新規のライフルの方も保持ピンがあり保持は安定しています。
ただ手甲パーツは握り手から差し替える必要あり。



肩が跳ね上がるので上半身はポーズが付けやすいです。



また余剰パーツを使えばレイヴンカラーのエコーズジェガンを組む事もできました。





ベースキットのエコーズジェガンと。
頭部と胸部以外に変更はありません。




以上HGUC ジェガンD型(ピコ・アルティドール専用機)レビューでした。
大部分はベースとなったエコーズジェガンと共通のキットとなります。
配色もまずまず再現はされているのですが細かいスラスター周りの白が足りませんし
シールドの上半分が丸々シールだったりと部分塗装したい場合は思ったより塗る箇所は多めです。
ただ新たに左銃持ち手が付属する事で他から持ってこなくても二挺ライフルの再現が可能になっています。
印象的な二挺ライフル&暗い成形色になりより引き締まった格好良いジェガンになっていました。


■プレミアムバンダイ HGBF ガンダムM91などが受注されています icon

(amazon)



楽天市場


■TOP