■TOP
■HGUC 陸戦型ガンダム レビュー



陸戦型ジムに続きリニューアルされた陸戦型ガンダム。
価格は1,836円です。



付属品は180mmキャノン、ビームライフル、100mmマシンガン、シールド、ウェポンコンテナ
右銃持ち手、左平手、サーベル刃2本が付属します。



ホイルシールは細かいセンサーや▼部分を補うシールが付属。
またナンバーを再現するマーキングシールも付属していました。



陸戦型ジムに続きHGUCでリニューアルされた陸戦型ガンダム。
一部関節パーツなどは陸戦型ジムのものを流用していますが同じようなパーツでも結構新造されている部分があります。
肩など陸戦型ジムにあった追加ディテールは無くなっていてよりシンプルになった印象。
本体には使われていませんが、コンテナのパーツは一部旧HGUCの物が流用されています。



関節は陸戦型ジムがベースなので使われているポリキャップはPC002。
配色は細かい▼や膝ダクトの黄色、股間のV字の黄色、胸バルカン周りの白などが足りませんが
足りないのは細かい所だけで旧HGUCより細かく再現されています。



もちろんウェポンコンテナも付属し、ランドセルを展開する事で背負わせる事ができます。



頭部アップ。前後分割で一部合わせ目が出ますが耳周りなどは別パーツ。
また頬ダクトやアゴのモールドも細かく作られていました。



ツインアイ部分はクリアパーツで再現されているのでクリア地を生かした仕上げも可能になっています。



胸部はダクトや襟の白も成形色で再現。
中央の▼モールドはシールあり。左胸のバルカン&マルチランチャー周りは一部白が足りませんがこちらは塗装する必要があります。
ランドセルの接続部は最近主流の2穴タイプ。



ランドセルは差し替えなしで展開可能です。
こちらは前後分割で一部合わせ目あり。



腕部は肩含め陸戦型ジムに近いですがモールドはあっさりになりました。
上面のディテールなどもなくなりシンプルに。
前腕は前後分割ですが陸戦型ジムにように段落ちモールドではなく普通に合わせ目が出る構造。
肩アーマーも合わせ目が出ます。



腰部分はV字マークがシールでの再現となります。
サイドアーマーのマガジンは取り外し可能。



アーマー裏は特にモールドはありません。
脚部は膝のスパイクが陸戦型ジムより長く、足首もスマートな形状になっています。



サーベルラックギミックはそのまま残されていてサーベルのグリップを収納できます。
また脛などの装甲はディテールが合わせ目に沿った分割でした。



アンクルアーマーも合わせ目部分がディテールになっています。
またつま先部分が可動。



足裏はパーツ分割されていないので旧HGUCにはなかった肉抜きがあります。





旧HGUCと。
陸戦型ジムほどではありませんがフロントアーマーの長さなどが結構変わっています。
また膝のスパイクや胸部ダクト、襟などが別パーツになっているのが特徴です。




頭部は若干小顔になり旧版より優しい感じの顔つきになっていました。




可動範囲など。陸戦型ジムがベースなので可動範囲もそれに近いです。
腹部はスイングも可能で旧版より動くようになっていましたが
旧版と違い肩ジョイントが隠れていてジョイントの可動方向が前後スイングになったので腕は旧版より上がりません。



ただ肩の前後スイング幅は広くなっていました。



股関節は普通のBJから3軸のジョイントになったので大きく可動範囲が向上。



膝も曲がるようになり膝立ちなどもしやすくなっています。




コンテナ部分は白いパーツが旧HGUCと共通。グレーのキャノン収納部分は新規でした。



武器を装備した姿。





まずビームライフルですがこちらはフォアグリップが可動します。
BD2号機と違い、今回はトリガーガードも造形されていて銃持ち手で保持が可能。
銃口は別パーツですが基本モナカで合わせ目が出ます。



ココ最近は手首があっさりした物が多かったのでこうして銃持ち手が付くのは嬉しいです。






続いて100mmマシンガン。
こちらは陸戦型ジムなどと共通。マガジンも取り外し可能でフォアグリップやストックが可動するのも変わりません。
トリガーガードが無いのは変わりませんがこちらも銃持ち手で持つ事ができました。
スタンドは3mm軸のものが使えます。






シールド。
こちらも陸戦型ジムと同じ作りで打突状態にする事ができます。




サーベル刃はクリアパーツで再現されているのも変わらず、脹脛部分から取り出してもたせる事が出来ます。





180mmキャノン。こちらは新規造形で流用ではありません。上が今回のもので下が旧HGUCです。
砲身が太くなり迫力が増しましたが砲身パーツが2パーツになり合わせ目が出ます。基部も一部合わせ目あり。
砲口は開口され、フォアグリップとグリップが可動。またフォアグリップの上にあるグリップの曲がり具合も変わっていました。




もちろん画像のように分解してコンテナに収納が可能です。



持たせるとこんな感じになります。



肩の可動も良いですしグリップも可動するので無理なく両手持ちが可能。




シールドのギミックは変わっていないので銃架にして構えられます。





最後にベースとなった陸戦型ジムと。腰アーマーや足首などの長さや幅が結構変わっています。
関節などは流用されていますが装甲はディテールが減りよりシンプルな印象になりました。
肩アーマーなどはディテール密度の好みで入れ替えたりしても面白そうです。




以上HGUC 陸戦型ガンダム レビューでした。
以前リニューアルされた陸戦型ジムに続きこちらもリニューアル。
コンテナの白いパーツこそ旧版と共通ですが他は全て新しくなっています。
可動範囲は腕の上がり具合などを除き概ね向上。下半身周りの可動が向上し、ポーズが付けやすくなっている他
膝のスパイクや胸ダクトなど目立つ部分も別パーツ化され配色の再現度が上がっていました。
またジムとの流用で済ますのかなと思った装甲部分もだいぶ新造されていてディテールが少なく自分で弄りやすいようなシンプルな物になっていました。
あと地味な所ですが銃持ち手が追加されトリガーガードのある武器でもしっかり握れるようになっているのは嬉しいです。
最近は銃持ち手が省かれがちだったのでこれからも付けてくれると嬉しいですね。


■プレミアムバンダイ MG 1/100 ザク・キャノン (イアン・グレーデン専用機) などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■レビュー一覧はこちら
■TOP