■TOP
■HGUC Zガンダム(ウェイブシューター) レビュー
 


以前発売されたGUNPLA EVOLUTION PROJECT Zガンダムをベースにウェイブシューター仕様のZガンダムがキット化されました。
価格は2,160円です。
今回は説明書も白黒のもので機体説明などはありませんでした。



付属品はハイパーメガランチャー、ビームライフル、シールド、サーベル2本、グレネードランチャー用マガジン2つ
ランディングギアパーツ、変形用パーツ、スタンドジョイントが付属。
右下にあるシールド用ミサイルランチャーは余剰となります。



付属のシールは一部の細かい黄色モールドなどを補う他、ウイングバインダーの赤色を補うシールもあります。



旧HGと同様にウェイブシューター仕様としてリリースされた今回のZガンダム。
本体は以前発売されたGUNPLA EVOLUTION PROJECT版のZガンダムをベースに一部のランナーを変更。
大気圏突入能力を省き大気圏内飛行性や離着陸距離、航続距離の向上が図られたため
フライングアーマーの代わりにウイングバインダーが装着されています。



ウイングバインダーはフライングアーマーと違いZプラスのような向きに取り付けられています。
新規パーツはウイングバインダーと一部変形用パーツやジョイントなどで他はノーマル版と共通となります。
ウイングバインダーはノーマル版と同様に黒一色の成形となるため赤ラインはシールもしくは塗装で補う必要があります。



頭部アップ。
特に変更点はありませんが耳のダクト内部やバルカンが分割されているので塗装もしやすい作りです。



胸部は肩のパーツや襟部分などもシャープに成形されています。
背面のテールスタビライザーはこれまで通り可動。



大きめに作られた腰アーマー。
リアアーマーのバーニアは別パーツ化されています。



腕部はグレネードハッチの開閉ギミックがあります。肩や前腕の一部のモールドはシールあり。
手首は持ち手のみで平手などは付属しません。



脚部は黄色いスラスター部分などが色分けされていますが一部のモールドはシールを使う所もあります。




新規パーツで作られたウイングバインダー。
成形色は黒一色で赤ラインが全て省かれているため部分塗装する場合黒地に赤を塗るのでちょっと面倒そうな部分です。
ですがシールで手軽に補う事は可能です。



ウイングは開けますし基部でスイングも可能です。



スラスターもありますが周りのパーツと一体成型されているため造形は簡素。
気になる方はくり抜いて市販のノズルなどを埋め込んでも良いかも。



ビームライフルはノーマル版と変更ありません。




シールドは新規パーツで再現。やや幅広のデザインになっています。



両サイドのダクトの赤パーツなどは別パーツ化されていますが
中央のノズルもしくはセンサー?の赤はシールもしくは塗装で補います。




シールドの接続方法は特に変更なし。
根本で回転できますが接続位置の変更はできません。



ライフルはリアアーマーに取り付ける事ができます。



グレネードのマガジンもこれまで通り着脱可能。





ハイパーメガランチャー。
こちらも作りは共通で長大な武装ですが関節がしっかりしているので垂れ下がる事は無かったです。




ビームサーベルは2本付属。サーベル刃はハイパーメガランチャーの砲口にも取り付けられます。



変形ギミックはノーマル版と同様に差し替え変形。変形用胴体パーツは新規です。
変形用胴体パーツにバラバラにした各パーツを取り付けるのは変わっていませんが多少違っている所があり



ノーマル版では下側に取り付けていたフライングアーマー保持ジョイントの代わりに
ウイングバインダー保持アームを上面取り付ける事と
ウェイブライダーでは余剰となったフロントアーマーをフレームに取り付ける点が違います。





ウェイブシューターの完成。本体の変形などは基本的に変わりませんが
ウイングバインダーは背中から腹部まで持ってくるのではなく、機体の横で固定。
バインダーの位置も回転しないためウェイブライダーと比べるとシンプルになっています。





ウイングがより大きくなり裏面は一部の本体パーツが露出しています。



シールドは中央が可動するようになっていて腕の形状にフィットするようになっています。
またディスプレイジョイントは改良されていて3mm軸のスタンドが使えるようになりました。




ハイパーメガランチャーにはランディングギアを取り付けられます。




変形は差し替えなので非常にカッチリしており特に不安定なパーツはありません。



ウイングは可動するので後方に動かす事も出来ます。





以前発売されたノーマル版のZガンダムと。
成形色は変わらないようです。





ウェイブシューター&ウェイブライダーでの比較。
翼が大きく広がっているのでシューターの方は結構大きめに見えます。




以上HGUC Zガンダム(ウェイブシューター) レビューでした。
違いはウイングバインダーとフライングアーマーの違いのみとなりますが
それだけの違いでもZプラスっぽいシルエットになり受ける印象は結構変わるのが面白いです。
地味な所ですがウェイブシューター時に使うスタンドジョイントが3mm軸に対応しているのも結構便利だったりします。
キット自体は新たにリニューアルされたZガンダムがベースなのでキットの作りは最新で可動、保持力共に良好です。
出来はもちろんですが珍しいウェイブシューターを手軽に手に取れるキットなのでおすすめです。


■プレミアムバンダイ HGUC Zガンダム(ウェイブシューター)12月発送分が受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■TOP