■TOP
■HGUC GUNPLA EVOLUTION PROJECT Zガンダムレビュー
 


HGUCで新たにリニューアルされたZガンダム。
価格は1,944円です。



付属品はハイパーメガランチャー、ビームライフル、シールド、サーベル2本、グレネードランチャーマガジン2つ
ウェイブライダー差し替えパーツ各種が付属。



付属のシールはセンサー類に加え、各所の黄色やオレンジの小さいライン部分とフライングアーマーの赤を補うシールが付属。



GUNPlA EVOLUTION PROJECTという新プロジェクトの第一弾として発売されたZガンダム。
以前HGUCで発売されたZとの共用パーツはなく、全て新規のキットになっています。



旧HGUC同様シャープなラインで立体化されていますが顔は若干コンパクトになり
フライングアーマーや腰アーマー、前腕などのボリュームが増している印象です。
キットは最新フォーマットのPC002仕様でABSは使われていませんでした。



色分けも目立つダクトなどは色分けされていますが肩ダクトの一部や小さいラインの黄色&オレンジ、
フライングアーマーの赤など足りない所もそこそこあります。




頭部アップ。
分割はトサカが別パーツになっていて合わせ目が出ないようになっています。
バルカンもきちんと開口されていました。




旧HGUC(右側)と。
若干ですが小顔になっています。
目つきは旧HGUCのほうが鋭い感じでした。



ツインアイはクリアパーツが使われていてクリア地を生かした塗装も可能。
マスク側にダクト&バルカンが付くので塗装もしやすいと思います。
またHGUCザクの頭部も取り付けられるようになっています。(手持ちがないのでザクの頭部は画像ではガルマザクのものです)



胸部は襟などもシャープに再現。
腰の接続パーツは画像のようになっていてひねるような動きも可能になっていました。



テールスタビライザーももちろん可動します。
フライングアーマーも差し替え無しで可動しますが赤部分はシールもしくは塗装で補う必要があります。
上端の白はシールがないのでこちらは塗装が必要。
フライングアーマーは挟み込みで合わせ目あり。



フライングアーマーもスイングと回転が可能。



腰アーマーですがリア部分は裏打ちパーツがありスカスカした印象がありません。
意外と見える部分だけにこれは嬉しいです。
また腰アーマーは全て動かす事ができます。



リアアーマーのスラスターは全て別パーツになっていました。



腕部は一部のダクトや小さいラインの一部が足りませんがシールあり。
合わせ目はディテールに沿う形になっていて隠されています。



ライフルとマガジンを取り付ける事も可能です。



脚部も一部のオレンジやグレーが足りないもののシールあり。ですが塗装が必要な所もあります。



足裏は肉抜きがなくモールドも細かく良く出来ていました。
太腿は前後分割で脛は合わせ目がでない分割です。




左が今回のZ、右が旧HGUCです。
可動を売りにしているだけあり可動範囲は大きく進化していて
肘は二重関節になり、軸関節だった肩はBJと軸関節の組み合わせに。
白いプレートも動くようになった肩周りは大きく自由度が増していました。



腹部も左右に可動させる事ができますし
肩関節をカチっと引き出す事で肩が大きくスイングできるようになります。




下半身は接地こそ普通でしたが足も大きく開けますし腿も良く上がり広い可動範囲が確保されていました。




武器を装備させた状態。旧HGUCでは色分けされていなかった肩横や脛内側のスラスターなども別パーツ化。
フライングアーマーは全て黒成形になりましたがスタビライザーの赤部分も再現
されています。
また合わせ目もかなり目立たなくなっていました。




武器類の紹介ですが全て上側が今回のキット、下側が旧HGUCとなります。
どちらもモナカで合わせ目があり伸縮は差し替え無しで再現。
ライフルは互換性優先のためかグリップは棒状に。
後ろ側の接続ピンは収納式になっています。




シールドはグレネードが新たに立体化されています。
シールドの中央にある突起は赤なのですが新キットではシールでの再現になっていました。




手首は一種類のみで交換手首は付属せず。
できれば平手ぐらいは欲しかった所も。




両腕のグレネードは差し替え無しでハッチが開きます。






ハイパーメガランチャーもカバーの展開と砲身の伸縮ギミックがあります。
どちらもモナカですが先端の合わせ目は新キットの方が目立ちません。
グリップはライフルと同じような形状でした。



もちろん両手持ちも可能。
肩の可動ですが自分の物はそのままだと結構きつめで、胴体側のパーツに負荷がかかるような印象だったので
個体差もあると思いますが、きつかったら若干削るか肩の白い部分を押さえながら回転させたほうが良さそうです。



抱えるような持ち方も一応できましたがボリュームがあり結構ギリギリでした。




サーベルは手首一体型からクリア刃になりました。
2本付属しています。




ライフルやハイパーメガランチャーにサーベル刃を取り付ける事ができます。
ROBOT魂のように砲身を持てるような手首でもあれば良かったかも。



続いて変形ギミックの紹介です。
今回も差し替え変形で画像のように一旦ばらします。
バラすのに特に苦労する所はなく作業自体はスムーズです。




そして変形用胴体パーツに各種装甲を取り付けます。



脚部は旧版と違い膝裏のパーツを差し替える必要がありますが脹脛の装甲がスライド式になるなど他は差し替え無しに。



余剰パーツ。
今回は腕も収納できるのが大きな特徴です。





ウェイブライダーの完成。
変形自体はカッチリとしていてポロリはなし。
専用のジョイントを使う事でアクションベース2が使えるようになります。





旧HGUCとくらべて。
フライングアーマーのボリュームにかなりの違いがあります。




ハイパーメガランチャーももちろん取付可能。
さらにランディングギアも取り付ける事ができます。




腕を収納するようになりましたが薄さも十分でシャープです。





最後にRGも交えて。
左から旧HGUC、今回のキット、RGとなります。




以上HGUC GUNPLA EVOLUTION PROJECT Zガンダム レビューでした。
元々旧HGUCはスタイルがとても良かったのでスタイルに関しては好みの問題といった印象です。
色分けは細かい所までパーツ分割されていましたがフライングアーマーの赤などは全てシールですし塗装で補わないといけない部分もHGなのでやはりあります。
ですが可動に関してはかなり進化しており特に上半身の自由度が大きく増している印象でした。
それにフライングアーマーや武装を除けば合わせ目もかなり目立たなくなっています。
変形も差し替えな分安定していますし扱いやすく遊びやすいZになっていると思います。

■プレミアムバンダイ HGUC ジム・スナイパーなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■TOP