■TOP
■MG フルアーマーガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT版)ラストセッションVer レビュー
 


MG GUNDAMTHUNDERBOLTシリーズにサイコザクとの最終決戦をイメージしたフルアーマーガンダムのラストセッションVerが登場。T
価格は7,344円です。



付属品はシールド、サーベル刃、ノーマル頭部パーツ、持ち手、平手、シールド持ち手、スタンドジョイントが付属。



さらに廃コロニーをイメージしたベースも付属しています。




余剰パーツはそれなりに多め。
以前発売されたフルアーマーがベースになっていますがフルアーマーパーツは一部省かれているのでフルアーマーとしては組めません。




付属のシール類。センサーやスラスター奥に貼るホイルシールの他
水転写デカールも付属。


ラストセッションVerとして発売されたフルアーマーガンダム。
今回は最終決戦の再現を目的としたキットなのでフルアーマー状態ではなくアーマーをパージした姿でキット化されています。



とは言っても作り自体はほぼ変わらず頭部以外は以前発売されたものと変更なし。
頭部は一部新規でダメージを受けた破損状態を再現しています。
また白の成形色はややグレーがかった暗めの白に変更されていました。





頭部アップ。左半分の破損した部分が新規パーツ。
装甲がえぐれひび割れた状態を再現しています。
ダクトもグニャリと溶けたような表現ですがしっかり開口されていて精密に作られていました。



このVerであまり使う事はなさそうですがノーマルパーツも付属しているので破損なしの頭部も組む事ができます。



胸部はコクピットハッチが開閉可能。



バックパックにはサーベルが一本装備されています。
最初パーツになにか粉っぽいものが付いているように見えましたが銀の粒子のムラでした。



エマージェンシーポッドもこれまでと変わらず変形とキャノピーの開閉が可能。



アーマーをパージした腕部。
手首は親指以外を差し替える方式です。



関節のシーリングも変わらずビニールカバーを使う方式。
注意点なのですが肩の軸をしっかりはめ込まないと破損する恐れがあるので
一度胸側のジョイントを外し、しっかりピンが奥まで入ったのを確認してから取り付けたほうが良かったです。



腰アーマーは全て可動。
V字部分も別パーツになっています。




脚部も関節はビニール素材のシーリング。
組むのは面倒ですが分割線も出ずシワも自然なシワが出るようになっていました。





新規パーツで再現された破損状態のシールド。
かなり派手なダメージ表現が施され、裏面のモールドも歪んでいるのが細かいです。
ただしノーマルでは別パーツ化されていたオレンジ部分は一体成型で色分けは省かれていました。




ピンついた左手が新たに付属し画像のようにグリップを持たせてもクルクル回転しないようになっています。




凸凹はかなり派手目の造形なのでデカールを使う場合はソフター等を用意しておいたほうが良いかも。



サーベル刃はクリアピンクで特に変更なしでした。



続いて廃コロニーをイメージしたベースの紹介です。
まず最近のMGなどに付く事があるアクションベース1に似たベースに透明の支柱パーツを取り付けます。





そして3種類×2のデブリパーツをスタンドにセット。
上2つは支柱に取りつけ、一番下の大きいデブリパーツはベースに取り付けます。




取り付けるとこのような感じになります。




支柱は角度変更が可能である程度自由に位置の変更が可能。
またベースに取り付けるデブリも好きな穴にセットできます。




デブリパーツは大きさもそれなりにあり存在感は十分。
1パーツなので重さもなく扱いやすいです。





ノーマルのフルアーマーと。
白の成形色が若干くすんだ色味になっていました。




以上MG フルアーマーガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT版)ラストセッションVer,レビューでした。
以前発売されたフルアーマーがベースになっているキットですが
ガンプラでは珍しいダメージモデルのキット化です。
ダメージ表現は頭部とシールドのみなのですがどちらも造形は良く、シールドの裏面などもしっかりフレームが歪んだような造形がありました。
またダメージ用の水転写デカールもあり塗装無しでもダメージ跡が再現できるようになっているのも良いですね。
デブリパーツもなかなかの存在感でしたし続くサイコザクの方も楽しみです。


■プレミアムバンダイ MGフルアーマーガンダム ラストセッションVer. 9月発送分などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■TOP