■TOP
■MG ジムII (ユニコーンVer.) レビュー
 


以前発売されたジムIIをベースにガンダムUC仕様のジムIIがキット化。
プレミアムバンダイでの受注品となっていて価格は3,996円です。



付属品はビームライフル、シールド、サーベル刃2本、パイロットフィギュア、スタンドジョイントが付属。



今回もかなりの余剰パーツがあり
設定を気にしなければ入れ替えて遊べるパーツも多いです。



ホイルシールはセンサーなどを補いますが7と8は使いません。
また水転写デカールもありコーションなナンバーを補えます。



ユニコーンVerとして再度キット化されたジムII。
ベースはノーマルジムIIと同じくガンダムVer.2.0系です。
なのでポリキャップの他、一部にABSが使われているのも変わらず。
シールドのパーツぐらいしか使いませんがジム改のランナーも使われています。



ジムIIと共通のパーツもありますが結構な部位が新規パーツで作られていてよりスタイリッシュなデザインになっています。
配色の方はほぼ再現されていますが細かいスラスターなどはシールや塗装で補う必要があります。




余剰パーツが大量にあり、ノーマルジムのパーツもほとんど入っているので大部分をジムにする事もできます。
(画像では取り外し辛かったので付けていませんが白い腹部パーツもあり)
ですが画像で並べているIランナーのサイドアーマーを取り付けるフレームパーツが省かれていますしサーベルの形状も違っているのでジムとして組む事はできません。
そしてジムIIの装甲もだいぶ変更されているのでノーマルジムIIとして組む事も出来ませんでした。



頭部アップ。
バイザーはクリアグリーンで内部モールドももちろんあります。
バルカンは別パーツ化されジムIIなのでアンテナも装備されています。



腕部はジムIIと同じ作りでフレームや手首の構造はガンダムVer.2.0のものが流用されています。
肩アーマーも共通なので横のダクト部分の色分けはシールで補います。


こちらからはノーマルジムIIと比較していきます。
どの画像も左が今回のUC版、右がノーマルです。
胸部は襟の配色が若干変わり、左側にあるセンサーの形状も僅かに変わっています。



サーベルは新規で長くなりました。




腰アーマーの形状も変わり大型化。より角ばったイメージに。



縦長の形状の脹脛のスラスターは無くなっています。



膝は膝の突起があったりするのは変わりませんが
形状はよりボリュームのある形状に。
また脹脛のモールドなども変わっています。



足首はスリッパがつま先の反り上がった形状になりまた長さも長くなっています。



武器を装備した姿。




ビームライフルはノーマルと変わらず。
センサーはクリアパーツです。



フォアグリップが可動するので両手持ちも可能。
スタンドジョイントも付属するのでこれまで通りアクションベース1も使えます。






シールドはジム改のものがベースになっていて十字マークがないタイプ。
裏面には握るグリップが無くサーベルが一本取り付けられています。
取り付けジョイントは可動するので微調整も可能です。



シールドは背面に取付可能です。




サーベルはグリップが長くなりました。
背中の物とシールドに取り付けられているものに違いはなく、どちらも持たせられます。




余剰パーツですがノーマルジムのスプレーガンも組んで持たせられます。





ノーマル版と並べて。
ガンダムVer2の流れを汲んでいるノーマル版は良い意味でレトロな印象がありましたが
UC版は時代に合わせブラッシュアップしたような印象になりました。




以上MG ジムII(ユニコーンVer.)レビューでした。
大まかな作りはこれまでと同様にガンダムVer2をベースにしたキットです。
可動範囲なども特に変わらず色分けも肩が目立つぐらいで襟の配色の違いなどもきっちり再現されていました。
大まかな特徴はノーマル版と変わらないのですが、地味に変更点が多くスリッパなどの装甲の違いで結構イメージが変わります。
ノーマルジムIIと並べて違いを確認したりするのも楽しいキットですね。


■プレミアムバンダイ MG ジムIIユニコーンVer 10月発送分などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■TOP