■TOP
■MG 高機動型ザク ”サイコ・ザク”(GUNDAM THUNDERBOLT版) ラストセッションVer. レビュー
 


以前発売されたFAガンダムラストセッションVerに合わせサイコザクのラストセッションVerもキット化。
価格は9,180円でプレミアムバンダイでの受注品となります。



付属品はジャイアントバズ、ザクマシンガン、シュツルムファウスト、ヒートホーク
ノーマル用パーツ、武器持ち手、スペアマガジン、スタンドジョイントが付属。
武装はノーマル版に比べかなり減りました。



そしてガンダムと同じタイプのデブリベースも付属しています。



水転写デカール。
コーション類は減り、代わりにダメージ用のデカールがあります。




余剰パーツは大量にありますが省かれているパーツもあるのでロケットブースターなどは組めません。



ラストセッションVerとして再びキット化されたサイコザク。
こちらもガンダム同様基本的には流用ですが大きく破損されたパーツを新規に追加。
頭部や肩、バックパックの一部が新規となります。



ガンダムのラストセッションVer同様に成形色も変更。
基本的な配色は変わりませんが、色はやや暗めの渋い色味になっています。
自立も一応可能なのですが、腰がランドセルの重さに負けて大きく仰け反ってしまうのでスタンドで支えています。



ランドセルを取り外した状態。
各所の関節や動力パイプはノーマル版同様ビニールにシワを付けてパーツに被せる方式です。






頭部アップ。
頭部は一部新規造形でガンダムのサーベルに貫かれている瞬間を再現しています。
モノアイ部分は溶けて窪んでいて外装も大きく歪んでいます。



ガンダムに撃ち抜かれ大きく破損した左腕は肩の一部が残るのみとなっています。
こちらも新規パーツで破損したフレームや外装を再現。



胸部はコクピット開閉ギミックがあります。



右腕や腰周りなどは特に変更なし。
腰アーマーは相変わらず外れやすいのでバラす予定がなかったら接着した方が扱いやすいかもしれません。




ランドセルはロケットブースターがオミットされていますがサブアームの可動などはそのまま。
バーニアユニットも回転できますし細かく別パーツ化され配色が再現されています。



そして左上のバーニアユニットは新規パーツで破損した状態を再現。
横のバーニアも破損した状態のものが新規で造形されています。



脚部はノーマル版との違いは成形色の色味ぐらいで
カバー内部もきっちり造形されていました。




脹脛のカバーや足裏のクローもこれまで通り可動します。



デブリパーツ&スタンド。
こちらはガンダムと共通となっていてデブリの数や造形は変わりませんでした。




付属武器のザクマシンガン。武器類はノーマル版から省かれている物も多いですが基本的には共通のパーツが使われています。
可動範囲なども特に変わりません。



スタンドジョイントは股関節に取り付けます。
ただやはり腰が重さに負けてしまうのでランドセル側に取り付けるスタンドジョイントも欲しかったかも。




ジャイアントバズーカ。
担がせようとするとランドセルに干渉しちょっと構え辛いのは変わっていません。



デブリはガンダム同様アームで浮かせているので自由に高さや位置を調整する事ができます。





ヒートホークは腰に取付可能。




またノーマル版のパーツも付属しているので
破損していない状態にもする事ができます。



ラストセッションVerのFAガンダムと。




決着時の再現用にシュツルムファウストもきっちり付属してあります。
2機とも組むのは大変ですがこうしてダメージモデル同士で飾れるのはやはり良いです。




サーベルは余っているものをちょっとカットしました。



ノーマル版のサイコザクと。
成形色が変わりよりダメージモデルに合う暗さになっていました。




以上MG サイコ・ザク ラストセッションVer. レビューでした。
ガンダムに続いて発売されたラストセッションVer。こちらも基本的な仕様はガンダムと同じで
一部がダメージ再現用パーツになり成形色も変更されています。
破損していない頭部や腕部も付属しているので頭部を突き刺される前の姿にもできますし
一部の武装やブースター類は無いものの、暗い成形色のノーマルサイコザクに組む事も可能です。
武器類がだいぶ省かれているとはいえやはり組むだけでも大変なキットですが、ラストセッションVer同士で飾るとやはり満足感はあるキットですね。


■プレミアムバンダイ RG 00ガンダムセブンソード/G インスペクションなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■TOP