■TOP
■MG ジム・スナイパーII(ホワイト・ディンゴ隊仕様) レビュー
 


最近発売されたジム・スナイパーIIをベースに早速ホワイト・ディンゴ隊仕様のジム・スナイパーIIがキット化。
こちらはプレミアムバンダイの受注品となっていて価格は4,104円です。
説明書はノーマル版と共通で新規部分を補足した説明書きが追加されていました。



付属品は地上用ハイパーバズーカ、ロングレンジビームライフル、100mmマシンガン、ビームライフル、90mmブルパップマシンガン、
ミドルシールド、スペアマガジン、サーベル刃、スタンドジョイントが付属。



シールはセンサー類を補うホイルシール。
他にプレバンキットらしく水転写デカールも付属。



陸戦型ジムやEz-8の武器ランナーを流用したりする関係で余剰パーツもそれなりに多めでした。



最近発売されたMGジム・スナイパーIIをベースにキット化されたWD仕様のジム・スナイパーII。
基本的にノーマルのジム・スナイパーIIがベースになっていますが一部新規パーツが組み込まれています。
とは言っても変更点はわずかでノーマルとの違いは頭部の一部と手首の構造が違うのみです。



カラーは青系のカラーリングから白基調のカラーリングに。
配色は成形色でほとんど再現されていますが各所のブチ穴はグレーなのでそういった細かいモールドの一部は塗装が必要です。



関節構造などもそのままなので一部ガンダムVer.2.0のフレームパーツも流用されています。




頭部アップ。カメラ類はクリアパーツで再現されバイザーも差し替え無しで可動。
右側に新規パーツでバルカンポッドが装着されています。
バルカンポッドはシンプルな左右分割で合わせ目あり。



胸部はコクピット開閉ギミックがありパイロットフィギュアもありますが立ちポーズのフィギュアはありません。



バックパックのダクトやバーニアは細かいモールドで再現。
バーニア中央のパーツは赤からグレーになりました。
腰のサーベルユニットはノーマルと共通で若干可動します。



肩アーマーは大きく動かせますし肩関節の可動もかなり広いのも相変わらず。



頭部の他に手首パーツも変更。
ノーマルは差し替えタイプでしたが今回はフル可動のエモーションマニピュレーターに変更。
全関節が可動するので細かい表情付けが可能になりました。
手のひらには武器保持用のピンもありますがセットされている武装に対応した溝はありません。



腰アーマーはフロントとサイドが可動。
裏打ちパーツのモールドもかないr細かいです。



脚部は特に変更なし。



脹脛のバーニアは上下に若干可動。
こちらも内側のパーツがグレーに変わっていました。



足首は細かく可動しマルイチも抜けています。






付属武器の90mmブルパップマシンガン&ミドルシールド。
ブルパップマシンガンはノーマル版の流用。
ミドルシールドは陸戦型ガンダムなどのシールドに半分に切ったシールドを貼り付けたような形状で新規ランナーで再現。
ジョイントパーツで腕に接続し、回転とスイングが可能。
裏面は肉抜きがありますが細かいリブが造形されていました。



手首パーツは変更されましたがそれ以外は変わらないので可動範囲も手首以外共通です。




サーベルも共通で腰からそのまま取り外しが可能。
スタンドジョイントを使えばアクションベース1が使えます。





ノーマル版とは違う武装も多数付属。これから紹介する武装は全てMG陸戦型ガンダム、Ez-8、陸戦型ジム系のキットの流用となります。
こちらは100mmマシンガン。



ストックとフォアグリップが可動し両手持ちも可能。
ですが分割はモナカなので中央に合わせ目が出ます。




ビームライフル。
こちらも分割はモナカでフォアグリップが可動し銃口が別パーツ。
グレー一色なので配色を再現する場合一部ホワイトで塗装する必要があります。






地上用ハイパーバズーカ。分割は基本モナカですが銃口などは別パーツ。
こちらは肩のレールが可動します。
手首が良く動くので肩に担ぐのも簡単です。





ロングレンジビームライフル。スコープ内のレンズはジュエルシールで再現されていました。
フォアグリップが可動しますが分割は他の流用武器同様モナカで合わせ目あり。
また保持ピンが無く、武器も大きめなのでちょっとグラつきやすいです。




ミドルシールドはスタンドギミックがあり、ノーマル版同様立たせる事が出来ます。



上半身の可動が優れているのでこちらのライフルでもスコープを覗き込むようなポーズが可能になっていました。



こちらのビームライフルもグレー一色なのでバレルの白などは塗装が必要です。





ノーマル版と並べて。
本体はほぼ流用で違いはわずかです。
赤がグレーになっているので色は明るくなっていますが落ち着いた雰囲気でした。




以上MG ジム・スナイパーII(ホワイト・ディンゴ隊仕様) レビューでした。
ノーマルのジム・スナイパーをベースに新規&流用のランナーをセットしたキットで
本体はほぼ違いがなくプロポーションなども変わりません。
上半身の可動が相変わらず優れているのでロングレンジビームライフルもかなり構えやすく感じました。
反面流用された武装類はちょっと古めのMGの物なので合わせ目が目立つ所がありますし、配色を再現したい場合塗装が必要です。
ただ武器の種類は一気に増え、手首も細かい調整が可能な物に変更されているのでプレイバリューがより高められたキットになっていました。

■プレミアムバンダイ HGプルーマクリュセ侵攻セットなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■TOP