■TOP
■MG ZZガンダム Ver.Ka レビューその1
 


Ver.Ka枠で再びMG化されたZZガンダム。
価格は6,480円です。



付属品はダブル・ビームライフル、サーベル刃2本、スタンドジョイント2種
変形用手首、平手パーツ、右銃持ち手パーツ、ジュドー・アーシタフィギュアが付属。



同じランナーを複数使う都合で若干余剰パーツがあります。
アンテナは予備に使えそう。



シール類はセンサーを補うホイルシールとコーションマークが中心のデカール。
Ver.Kaなのでデカールは水転写タイプです。



またVerKaキャンペーンとしてメタリック調の水転写デカールも付属していました。




まずはコア・ファイター。
今回は2機付属しています。
パーツの違いはなく2機とも共通です。




ランディングギアはVガンダムなどと同じくクリアパーツでディスプレイベースも兼ねるタイプ。
色分けはほぼ再現されていますが機体後部の細かいグレーやエンジンブロック内側の赤などが足りないようです。
ですがここまで再現されていれば文句なしだと思います。



小さいパーツですがフチなども十分シャープ。
変形も差し替え無しで行えます。



またキャノピーは開閉可能。さらに座席のパーツも形状に合わせて回転できます。





続いてコア・トップ。ZZの上半身となる機体です。




今回のキットで特徴的なのは1枚だけですがシルバーで塗装済みのランナーがあり
キラっと光るアクセントになっています。



またランディングギアが差し替え無しで展開するギミックもあり。



機首側のランディングギアはコア・トップとGフォートレスの2形態に対応。
差し替え無しで収納できます。



胴体のランディングギアは腹部の装甲を開き、収納されているランディングギアを回転させて展開します。



また機首部分にはコア・ファイターのパイロットを乗せる事が可能。
スタンドはこちらのみアクションベース1だけではなく3mm軸のスタンドも使えるようになっていました。



胸ダクトはシルバーで塗装済みのパーツ。
バーニアは内部パーツまで別パーツ化されていますが構造的にハメ殺しになるのでバラして塗装したい方はきっちりはめ込まない方が良いかも。



主翼となるシールドは航空機を意識したディテールでアレンジされフラップやエルロンが造形されています。



シールド含め色々な所が開口されていて
フレーム色やシルバーが覗くようになっているのが特徴的でした。





続いてコア・ベース。
こちらはZZの下半身とバックパックで構成される機体です。



こちらもかなり細かい分割で特に膝のダクトなどは
青いパーツ、赤いパーツの他内部には塗装済みのパーツがありMGらしい細かい作りです。



こちらもランディングギアを展開する事ができます。



前側のランディングギアは股間のパーツを展開して再現。



後ろ側は膝のパーツを展開。
どちらも差し替えなしです。



また股関節部分のセンサーなどもクリアパーツで再現。こちらも後から外しにくいので塗装する方は注意した方が良いかも。
さらに背面の巨大なバーニアはコア・トップ同様内部が別パーツ化。
ディテールも細かいものでした。



接続フレーム部分にもシルバーのパーツのアクセントがあります。
またミサイルランチャーのカバーは開閉可能。




2機並べて。
コア・ベースの方はロックがあるので重くても形状は安定していました。





そして片方のコア・ファイターを取り外し、コア・トップとコアベースを合体させたGフォートレス
MGともなるとかなりのボリュームですが接続部で折れ曲がったりする事はなくガッチリ合体できます。




機首とバックパックの砲口や腰のウイングの位置が若干違いますが他は繋げただけです。



もちろんこちらの状態でもランディングギアが使用可能。



続いてZZガンダムへの変形ギミック。分かりやすいように上半身と下半身は分離させていますが合体させたままでも変形可能です。
まずはコア・ファイターの機首をたたみ胴体にセット。こちらはロックがありがっちり接続できます。
そしてバックパックのフレームを持ち上げます。



フレーム部分のカバーをスライドさせると接続ピンが出てきます。
また膝部分には収納可能なツメがありコア・ベース時にはココと脹脛のスラスター部分の穴でロック可能です。





後は膝下のパーツをスライドさせたらぐるりと回し
足首などを展開。たたまれていたカカト部分なども回転させ展開させておきます。



上半身はライフルを外すとこのようになっているので



胸部装甲を前側に倒し、肩の装甲なども回転。



腕部は画像のようにカバーが開くのでぐるりと回転させたら
手首をMS形態用に交換しシールドの位置を調整します。



あとはミサイルコンテナを下げて背中の穴のカバーを開き、そこにフレームを接続して完成です。
変形は手首のみ差し替えですが他は差し替え無しで行う事ができます。



これでMS形態の完成です。
次回はMS形態の可動範囲やスタイル、旧MGとの比較などを紹介します。

■プレミアムバンダイ MGアドヴァンスドジンクス デボラ機などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■TOP