■TOP
■RE/100 ハンマ・ハンマ レビュー
 


RE100の新作としてハンマ・ハンマがキット化されました。
価格は4,860円です。



付属品はシールド、手持ち用サーベル2本、有線サイコミュ用パーツ、スタンドジョイント
腕保持用スタンド4本が付属。



ホイルシールはモノアイや胸部センサーなどを補うものが付属。
あとはマーキングシールも付属していました。



ランナーの関係でジョイントパーツの一部が余剰になります。



REでキット化されたハンマ・ハンマ
プロポーションも格好良く立体化されREシリーズらしくディテールもかなり多め。
ですがMGのようなフレームは無くポリキャップはシリーズ共通のものでこれまでのREと同じフォーマットです。



全高24mのZZ時代らしい大きめのMSでかなりのボリューム感があります。
配色も今回はほぼ完璧に再現されていて組むだけでイメージ通りに仕上がります。



腕部分ですが画像のように肘関節が取り外せるようになっていて
外すことでシルエットを重視した腕にする事ができます。



こちらは肘関節を取り外した状態。
腕のジョイント穴にはシールドを取り付けできます。




頭部アップ。モノアイはクリアパーツです。
シールもありますがクリアパーツを生かしたい場合貼らない方が良さそう。
長く伸びたアンテナもシャープで合わせ目も見えない分割になっています。




モノアイは可動式。
カバーはないのでサーベルの先などでそのまま動かせます。



胴体のセンサー類もクリアパーツ。こちらもシールがありますが上から貼るタイプなので貼らなくても良いと思います。
胸部の積層フィン状のディテールや胸部側面なども細かく造形され
複数のびたパイプはプラパーツで再現されています。




多数のバーニアも全て別パーツ。
バーニア基部のパーツも別パーツになっています。



スカートはそれぞれ独立可動。
裏側はちょっとスカスカしています。
また腹部の黄色く太いパイプ?状のパーツには合わせ目が出ます。




ボリュームのある肩は細かい分割で色分けされていて合わせ目も出ません。
側面のバーニアの数も凄い事になっています。



腕部はクローの開閉が可能。
こちらも合わせ目がでない分割です。



肘などのマルイチも単純な形状ではなく細かくモールドが入っています。
手の三連ビーム砲もしっかり開口されていました。



シンプルな作りですが膝まわりもスカスカした感じはない脚部。
こちらもディテール多めです。



脛に伸びるパイプは軟質プラである程度動きに追従するようになっていました。




足首はつま先が独立可動。



足裏も肉抜きがありませんしディテールも複雑です。





可動範囲など。
肩のデザインからしてあまり動きそうにないですが以外なほど肩周りは自由でスイング幅も大きめ。
腰は360度回転可能で左右にもスイングできます。



下半身もまずまずで膝があまり曲がりそうにないデザインですが膝裏のカバーが独立していて90度ぐらいは曲がるようになっていました。





付属武器のシールド。
表にはメガ粒子砲の砲口が3つ、下側にはスペースマインが収納されています。
裏側にはサーベルが2本収納。こちらは手持ち用ではなくダミーですが外す事ができます。




シールドは基部で回転可能。また右腕にも装備する事ができます。
ネオ・ジオンマークまでパーツ分割されているので見栄えが良いです。




スタンドジョイントを使えばアクションベース1が使用可能。
スライドして取り付けるタイプで外れにくいです。



ただかなりボリュームがあるMSなため自重があります。
腕などは良いんですが足首は重量に負けてコケやすいです。
なので長時間飾る時はスタンドを使ったほうが良さそう。




サーベルは2本付属。
手持ち用にはピンがあり三連ビーム砲部分に差し込んで固定します。





オールレンジ攻撃再現用の有線ワイヤーパーツ。
肘と手首部分それぞれに取り付けて使用します。
ワイヤーはリード線で再現され、肘のケーブルは軟質プラでの再現。



ケーブルは軟質プラなので軽く曲げる事ができますが
軽く表情を付ける感じであまり深く曲げる事は出来なかったです。



手首のリード線は3本で保持するのでまっすぐ伸ばすのは厳しいですが軽く縮めた状態なら保持もできました。



スタンドは肘と手首それぞれに対応。
高さもある程度変えられます。



一般的なサイズのMS(ガンダムMk-II)と。
かなり大きい機体なのが分かると思います。




以上RE100 ハンマ・ハンマ レビューでした。
かなり大きさのあるキットですがREならではのディテール追加が行われていて
大味さを感じさせない密度のあるキットになっています。
スタイルやディテール面は格好良く仕上がっていますが
その大きさからか足首の関節が重さに負けやすくかなり危なっかしいので飾る時は調整するかスタンドを使ったほうが安全だと思います。
合わせ目などもあまり目立ちませんし特徴的なバーニアも全て別パーツ、基部などもしっかりパーツ分けされていて塗りやすさなどもよく考えられていました。
今度MGのZZverKaも出る事ですし今塗っているPGトランザムライザーが終わったらこちらを作っていこうと思います。


■プレミアムバンダイ MG アドヴァンスドジンクス 8月発送分などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■TOP