■TOP
■RG  ダブルオーガンダム セブンソード/G インスペクションレビュー



ガンダム00V戦記よりキット化されたダブルオーガンダムセブンソード/G インスペクション。
価格は3,780円です。



付属品はGNバスターソードII,GNソードIIブラスター、GNソードIIロング&ショート、GNビームサーベル2本
各種ジョイント、平手、持ち手、可動手、ブラスター用右持ち手、ソード保持スタンドが付属。



リアリスティックデカールも付属しています。
今回はツインアイとコンデンサ部分だけ貼っています。



余剰パーツは膝やフレームの一部などが余ります。



00V戦記より立体化されたダブルオーガンダム/Gインスペクション。
カラーリングは青かった部分がオレンジに近い赤色に変更されイメージが一新。
本体部分の造形は特に変わっておらず以前発売された青いセブンソードと共通ですが
新たにGNソードIIブラスターが付属し/Gになっています。



RGならではの繊細な分割で機体配色も細かい所まで再現されています。
白部分に複数の成形色が使いわけられているのも変わりません。



頭部アップ。
額やコンデンサはもちろんクリアパーツ。
耳部分のダクトやマスクのスリットは開口されています。



胸部はコクピット開閉ギミックがありパイロットは再現されていませんがハッチの開閉は可能。



バックパックはダブルオーの流用なのでオーライザーを接続するジョイント穴もあります。




ドライヴは粒子噴出口にクリアパーツが使われた細かい出来。
ドライヴ自体も取り外し可能です。



腕部はこれまでと共通でコンデンサはクリアパーツ。
固定手首の他、RG特有の可動手もあります。



腰部は後ろにあるサーベルラックが可動。



脚部はセブンソード仕様なので膝が変更されていてGNカタールが装着されています。
カタール装着ピンにもディテールが入っていて外しても見栄えが損なわれない作りです。



脚部は一部スライドギミックあり。



足首は薄いピンク色になりました。
つま先も細かく可動しもちろん肉抜きはありません。



武装の取り付けはセブンソードと変わりませんが新たにブラスターを装着するためのジョイントが付属しています。




各種武装を装着した状態。
セブンソードでも相当トゲトゲしていましたがさらに右肩に大きい武装が取り付けられボリュームアップ。
武装の数が多くかなり攻撃的な姿になります。



スタンドジョイントは股関節に取り付けられますし3mmジョイントも使えます。




GNソードIIロング&ショート。
こちらはノーマルセブンソードと共通のパーツです。
段落ちになっている所もありますが合わせ目が若干あります。



ライフルモードへの変形もそのままです。
ロングの方は刀身を差し替えて90度回転しグリップ部分を展開。
フォアグリップを引き出して両手持ちが可能です。



ショートの方はワイヤーパーツを使って射出状態の再現が可能。




GNカタールは脚部に取り付けたまま回転が可能。
取り外しグリップを引き出す事も出来ます。



そのままグリップを握らせる事もできますが




ジョイントパーツを取り付け前腕に接続する事も出来ます。




ビームサーベルはクリアピンクで特に変更なし。
可動手でもピンがあるのでしっかり持たせる事ができます。




GNバスターソードII.
こちらもノーマルセブンソードの色違いとなります。
こちらは各パーツを引き出したシールドモード。
作りは変わらないので刀身部分は挟み込みで合わせ目が出ます。




カタールで使ったジョイントで腕に接続するためポロポロ落ちる事はないです。
展開した部分にはクリアパーツが使われていて見栄えが良いです。



展開した部分を収納しグリップ部分を引き出し展開する事でソードモードへ。





見ての通りの大きさなのでそのままでは肩や手首の保持力が追いつかず、付属するソード用スタンドを使わないとポーズは制限されるのは変わりません。




そして新規造形となるGNソードIIブラスター。
刀身とセンサーはクリアグリーンのパーツが使われています。
砲身は左右貼り合わせで砲口は別パーツ。合わせ目は大部分が段落ちモールドで処理されグリップ部分の一部にしか合わせ目が出ないようになっています。
またフォアグリップは引き出し可能。



前腕の接続部分など目立たない部分にもディテールが入っています。



まずはライフルモード。グリップの他、前腕部分にもジョイントで接続されます。



こちらもバスターソードIIに負けず劣らずの大ボリュームの武器です。
またグリップに合わせられた右持ち手も付属していました。


前腕にも接続される分バスターソードよりはマシですが水平に構えたりすると肩の保持力が足りず垂れ下がってきます。
肩軸はある程度調整すると良いかも。



他の武器同様グリップの角度を変更しソードモードへ。



こちらは手首のみの保持となるので安定感は減りますが一応片手保持も出来ることは出来ました。
ただやはり角度によっては重さに負けます。




ノーマルのセブンソードと。
右肩に武装が付いた事でダブルオーライザー並のボリュームになります。




以上ダブルオーガンダム セブンソード/G インスペクション レビューでした。
大部分は以前発売されたノーマルのセブンソードのカラバリとなるのですが
新たにGNソードIIブラスターが付属。/Gに出来るのが大きな魅力のキットとなっています。
元のセブンソード自体武装も多く、モードチェンジギミックも各武装にありかなり遊びがいがあったのですが
今回さらに武装が追加され一通り持たせてみるのも大変なほどのプレイバリューがあります。
豊富な武装が魅力のキットですが肩軸などがそのままだと重さに負ける印象もあるので少し調整するとより遊びやすくなると思います。

■プレミアムバンダイ RG ダブルオーガンダム セブンソード/G インスペクション2月発送分などが受注されています icon

(amazon)



楽天市場


■TOP