■TOP
■RG ガンダムエクシアリペアII レビュー
 



今までそれなりの種類が発売されているRGエクシアシリーズですが今回はリペアIIがキット化。
価格は2,700円でプレミアムバンダイでの受注品となります。



付属品はGNソード改、GNシールド、GNビームサーベル、ダガー刃、平手、武器持ち手、可動手、スタンドジョイントが付属。



リアリスティックデカールもいつも通り付属。
コンデンサ部分なども補えます。



エクシアの流用キットのため余剰パーツもそれなりにあります。
刃部分が付属していないのでGNブレイドなどは組めません。



セカンドシーズン最終話で活躍したエクシアリペアIIがRGでキット化。
ベースはもちろん以前発売されたエクシアで肩、上腕、腰、太腿などに変更が加えられています。
太腿や腕などのケーブルが無くなり、サーベルの数も減っているので若干スッキリした印象になりました。



キットはエクシアベースなので配色もほぼ完璧に再現。リアアーマーのダクト?のような部分のグレーはシールで補えます。
また成形色も白と青は2色使われていてRGらしくメリハリが付けられていました。



武器を装備させた姿。
刀身やコンデンサはもちろん全てクリアパーツです。




頭部アップ
こちらはエクシアそのままで頬のダクトなども別パーツ化されています。
またアンテナも非常にシャープ。
余剰パーツで予備もあるのでこれだけシャープでも安心です。



胸部はクラビカルアンテナとコクピットハッチが可動。



GNドライヴは押さえている3本のツメが可動。
またドライヴ自体も展開。中央のリングはクリアパーツが使われています。



ドライヴ自体も取り外しが可能になっていました。



一部新規パーツが使われた肩や腕。
肩から伸びるケーブルはなくなったものの、RGだと上腕の中にケーブルパーツが見えるようになっています。
素材はエクシアと共通でホログラム仕様。
ほとんど見えませんが腹部や前腕にも使われています。



平手や可動手はこれまで通り。



新造されたリアアーマー。
サーベルはリアアーマーから画像の位置に移動。サーベル自体は軽くスイング可能です。



太腿はケーブルが無くなりスッキリした見た目に。
また膝下のケーブルも無くなっています。



膝は装甲が一部スライドする作り。



コンパクトな足首はつま先なども可動します。



可動範囲は従来のエクシアとさほど変わりません。
太腿のボリュームもあるので脚があまり上がらないのも変わらず。




GNソード改
刀身部分が変更されていますがこれまで通り腕と前腕の2箇所で固定します。





もちろん差し替えなしで刀身やグリップが可動。
RGらしく刀身には細かいディテールが入っていました。






GNシールドは差し替えで展開を再現。
またジョイント位置も差し替えで調整できますがシールドの回転は出来ません。





GNビームサーベルはこれまで通りピンのある手持ち用も付属。
ダガー刃もノーマルエクシアと共通です。



新規部分のディテールも従来の部分と合わせられていて浮いているような感じもありませんでした。





ドライヴが展開可能なので最後の突進ももちろん再現できます。




塗装してしまっていますがHG版のリペアIIと。
全体的にディテールが増え足首の大きさなどにもかなりの違いがあります。





ノーマルエクシア(トランザム)やエクシアリペアと。
成形色はノーマルエクシアと特に変わらないようでした。




以上RG ガンダムエクシアリペアII レビューでした。
キットの大部分はノーマルエクシアと共通なので複雑なパーツ分割で頬の黄色なども成形色で再現されコンデンサなども全てクリアパーツ。
アンテナもかなりシャープで各所のディテールもRGらしい精密さがあります。
可動範囲はエクシアと変わらないので太腿があまり上がりませんがそれ以外は良く動きます。
細かく変更された部分も新規パーツで再現され、少しだけ見えるケーブルも良いアクセントになっていました。
だんだん充実してきたRGエクシアシリーズですがどこまでバリエが出るか楽しみです。

■プレミアムバンダイ RGエクシアリペアII 5月発送分などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場
■TOP