■TOP
■RG トールギス EW レビュー



RGで発売されたトールギスEW。
価格は2,700円です。



付属品はドーバーガン、シールド、サーベル刃2種4本、ゼクスフィギュア、スタンドジョイント
角度付き右持ち手、持ち手、平手が付属。
右上にあるジョイントパーツはランナーの都合で出る余剰パーツとなります。



リアリスティックデカールも今まで通り付属。



RGでEW版としてキット化されたトールギス。
スーパーバーニアのさらなる展開ギミックなどRG化されるにあたり新たに追加されたギミックもあるキットです。
プロポーションも良く力強い姿で立体化されていました。
また白い装甲はグロスインジェクションでツヤのある仕上がり。アンダーゲートも多用されています。



キットの色分けはほぼ完璧で細かい所まで別パーツで再現されています。
細かい○モールドもきっちり別パーツ化されていますし白には複数の成形色が使われています。
ディテールもそれなりに多いのですが、最近のRGと同様に初期のRGと比べるとパネルラインなどの追加はあっさりめです。



RGという事でMSジョイントも使われていますが、足首や膝の一部、それに腕部と使用箇所は少なめ。
尚今回は腕や腿の一部がロックされるような作りで簡単には抜けないようになっていました。
合わせ目が出るような所も基本段落ちモールドになっています。




頭部アップ。
鶏冠や黄色部分なども細かく別パーツ化されています。
それと今回はマスクのスリットはモールドでの表現。
開口はされていませんが、スリットが太すぎるといった心配はありません。
また内部の四角いセンサーも再現されていました。



目の部分のパーツはシールを貼っていますがクリアパーツが使われています。



胸部はコクピット開閉ギミックも再現。
ただしいつも通りパイロットなどの造形はありません。



背面はシャープなモールドが入っていてロックギミックもあり。
ロックを外すと腰が広く動くようになります。



スーパーバーニアはEW版という事でMGのように胸からアームを介して接続されます。
アームには可動ポイントがありかなり柔軟に動かせます。



スーパーバーニアはかなり細かい作りで小さい黄色部分なども別パーツで再現。また合わせ目も出ません。






スーパーバーニアの展開ギミックはRGアレンジが入っていて、左右に開く他中央のユニットも引き伸ばす事でさらに展開。
片方に合計3つのバーニアが現れます。
またバーニア内側のモールドも細かく造形されていました。



肩アーマーはパーツを複数重ねる事で色分けや厚みを再現。
サイドのジョイント穴は差し替え無しで開閉できます。



腕部は軽くまがった状態。
肘を曲げると肘の装甲が画像のように可動します。



握り手の他平手なども付属。
同スケールのゼクスフィギュアもあります。



股間部分ですが、フロントアーマーを跳ね上げる事で中央のバーニアが押し出されます。




もちろんリアのバーニアも差し替え無しで展開。
裏打ちパーツもありますしモールドもきっちり入っていました。




さらにサイドの装甲も画像のように開きます。



アーマー裏も細かいディテールがあり、股関節のスイングギミックもあります。



サイドアーマーは太腿と繋がるデザインですが今回はアレイ型のBJで繋ぎます。
こちらは取り外し可能で外した場合サイドアーマーのスリット部分に収納できます。



シンプルなシルエットの脚部も合わせ目のでない分割で黄色部分も再現。
膝は画像のように可動します。



足首には可動ポイントがあり○モールドもきっちりパーツ分割されていました。
足裏も肉抜きはありません。




可動範囲など。首はBJで可動しますがデザイン状干渉しやすい所があります。
腰部はロックを外す事で大きく可動。
肘なども十分動きます。



肩は前後にスイング可能。



下半身はサイドアーマーの接続を外す事で大きく動かせます。
接地もまずまずで特に不満のない可動範囲でした。



武装を装着した姿。
スタンドジョイントは股関節に取り付けるタイプで今回は3mm軸の物も使えます。




付属武器のドーバーガン。
こちらは砲身の伸縮が可能で各グリップも可動。




合わせ目は段落ちになっていてマガジンの取り外しも出来ます。





肩のジョイントに接続したままグリップをしっかり握る事ができます。




シールドもアームを介して接続される形で裏面にはサーベルが2本収納可能。



サーベルホルダーは回転可能です。




グリップも可動するのでこちらもグリップを握らせたまま構える事が可能になっていました。




スーパーバーニアを展開した姿。



背面バーニアがさらに開くのでよりすっ飛んでいきそうな後ろ姿になります。



ただロックがない所が大半なので触っているとちょっと動きやすい所もあります。



肩のスイング幅も広いのでドーバーガンの両手持ちも可能。
関節はMSジョイントがあまり使われていないのもありどこも安定していて十分な保持力がありました。
また各関節のロックのおかげで四肢が抜けにくくなり扱いやすさもあります。




サーベルですが寝かせたタイプの手首がありデフォで肘が軽く曲がっているトールギスですが突くようなポーズも付けやすくなっています。
またビーム刃は透明とピンクの2種類があり、ちょっと凝った塗装をしたいという方は透明サーベルが便利に使えると思います。




MG版(右)と。
MGと比べると頭部や太腿がやや細くなり脛はストンとしたラインになっていました。



サイズ比較用にRGウイングEWやHGのウイングと。




以上RG トールギスEW レビューでした。
今回もRGらしい分割の細かさは健在で細かい○モールドや黄色部分もきっちり別パーツ化され見栄えが良いです。
すっかりポロリなどは少なくなったという印象がある最近のRGですが、今回はロック箇所も増え
MSジョイントの使用部分も少なめで動かしていると緩くなりやすいといった所もなくさらに扱いやすさが進化していました。
またスーパーバーニアのアレンジも特徴的で更にバーニアの展開が可能になりバーニア一つ一つのディテールも凝っていて見どころの多い機体でした。
これを起点にしてどれだけバリエーションが出るのか今から楽しみです。


■プレミアムバンダイ HGUC イフリートなどが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■レビュー一覧はこちら
■TOP