■TOP
■RG ユニコーンガンダム レビュー
 


様々なブランドでキット化されたユニコーンがついにRGでもキット化されました。
価格は4,104円です。
今回はボックスが2種類あり通常版はデストロイモード、
初回限定のプレミアムユニコーンモードボックスはユニコーンモードの箱絵になっています。



付属品はビームマグナム。ハイパーバズーカ、シールド、サーベル刃、持ち手、平手
スタンドジョイント、バナージフィギュア、固定タイプアンテナ、可動タイプアンテナが付属。



リアリスティックデカールもこれまでと同じような感じで
今回はアンテナの内側を補うシールも含まれています。



アドヴァンスドMSジョイントは新規でクリアレッドとグレーが使われていて面白い見た目になっていました。



RGでキット化されたユニコーン。今回は変身ギミックが内蔵されています。
まずはユニコーンモードから。
RGという事でディテールもそれなりに追加されています。
また白と青の成形色は複数の色が使い分けられているのもこれまでのRGと変わりません。



プロポーションは肩がかなりボリュームアップしている印象。
ユニコーンモードでも結構大きめに感じる力強いバランスになっています。
色分けもRGなので細かく再現されていて特に気になる所はこのモードではありません。



もちろん各武装はバックパックや腕に取り付けできます。



頭部アップ。バイザーはクリアパーツです。
アンテナは選択式でこちらは開かない固定タイプ。



可動タイプにするとちょっと太くなりますが、合い自体は良好で先端が開くといった事はなかったです。



複数の色が使われた胸部やバックパック。
全体的にアンダーゲートが多用されていてゲート跡が目立たなくなっています。



装甲は適度にディテールが追加されています。
PGのように長方形のモールド追加が中心です。



今回可動手は無く手首は全て固定。
ですが持ち手、握り手、平手があるので物足りなさは感じません。
また同スケールのバナージフィギュアも付属しています。



バーニア内部も細かいディテールが入っています。
腰にはマガジンを取り付けられますが、スペアマガジンは無いので武器から外して取り付ける必要があります。



腰アーマーは全て可動。
結構見えるリアアーマーは裏打ちパーツがあります。



また股関節のスイングギミックもあり足が上げやすくなっていました。



脚部もかなり細かい分割で組むのは結構大変です。



足裏は肉抜きが無く見栄え良いです。




可動範囲など。変身ギミックがあるので肩をあまり上げたりはできませんが前方にはかなり引き出せます。
肘や腰なども十分曲がります。



下半身は股関節が3軸のジョイントになっているのでBJだったHGUCと比べるとかなり動かしやすくなっていました。
膝も干渉するまで曲がり、接地も並です。







ビームマグナムはマガジンの取り外しが可能。フォアグリップも可動します。
一部に合わせ目が出ますが大部分はディテールに沿った分割です。






シールドはジョイントを介して取り付けるタイプで
接続位置は2箇所から選べるので構えの幅は広いです。
またレール部分で可動し位置調整も可能。







ハイパーバズーカもマガジンの着脱と砲身の伸縮が可能。
こちらもわずかに合わせ目が出ますが砲身は筒状のパーツで大部分がディテールに沿った分割なのであまり気になりません。





HGUCのユニコーンと。
HGUCはパチ組みが無かったのでアンテナを尖らせてパールコートしたものを並べています。
身長は大きめになっていて肩の大きさや腿の長さのバランスが結構変わっています。



続いてデストロイモードへの変形。
マスク部分は180度回転させ取り付ける方式。
頬の装甲は一度取り外しこちらも回転させて取り付けます。
アンテナは可動タイプならそのまま開けますが固定タイプは差し替えが必要。
それとアンテナを保持するピンがあるのですが細くて差し替えの時結構怖かったので1.5mmのドリルで軽くさらって緩くしています。



背面のロックを外す事で腹部が伸ばせます。再度パーツを倒す事でロック可能。
胸部はそのまま広げる事ができます。





肩も差し替え無しで展開。
腰アーマーもそのままスライドさせて展開できます。






腕部ですが手首の上側にある装甲がロックになっていてここを外す事で腕の展開が可能になります。



太腿や足首部分にはロックがあり開く事で引き伸ばしが可能。閉じれば再度ロックされます。
また脹脛のカバーを展開すると膝のサイコフレームがシャコっとせり出すギミックがあり、結構楽しい作りになっています。



バックパックや膝なども他の変身可能なプラモと同じように展開できます。



■追記
足首の装甲がそのままで下がってしまっていたので立ちポーズ分など一部の写真を差し替えました。
教えてくださった方ありがとうございます!

デストロイモードの完成。
差し替えパーツもなくこのサイズで変身可能なのはやはり凄いです。
各所にロックがあるので不意に縮んだりする箇所は少なめで思ったよりは遊びやすい印象。



ただリアアーマーやバックパックのカバーなどはこれまでのユニコーン同様触っていると閉じやすかったりするのは変わりません。
またアンテナの内側は白でこれは固定も可動タイプも変わらないので塗装またはシールで補う事が必要です。



武器を装備した姿。
サイコフレームの色も明るく沈んだような印象はありませんでした。





サイコフレームのモールドも細かく再現。
展開したバーニアも内部ディテールがあります。



シールドも差し替え無しで展開できます。




RGにありがちなパーツポロリや保持力不足は今のところ感じず、武装もしっかり保持可能でした。
ただ肩のフレームがかなり固くて動かすのがちょっと怖かったりします。
なので組む前にある程度動かして慣らした方が良いのかも。




バズーカなどはアンテナに干渉しやすくはなるものの
グリップに保持ピンがあるのでしっかり持てます。





サーベル刃は2本付属しもちろんトンファーも再現可能になっていました。



サイコフレームは蛍光樹脂で明るく作られています。






HGUC(フルアーマーユニコーンを余剰パーツでノーマルにしたもの)と比較。
こちらも肩の大きさに結構差がありますが身長はユニコーンモードほどは変わりません。



RGシナンジュと。
これでRGでも2体並べる事ができました。




以上RG ユニコーンガンダム レビューでした。
ついにRGでもキット化されたユニコーンですが
RGフォーマットに合わせ複数の成形色+ディテールの追加が施されているので小さいながらも情報量が多いキットです。
さらに変身ギミックまで再現されていて1/144ですが差し替えパーツ無しでの変身が可能になっているのはやはり驚きます。
脹脛のカバーと連動する膝のサイコフレームなど目新しい部分も面白いですね。
反面組み立てが結構複雑で細かい所はあるものの、ギミックがぎっしりと詰め込まれた最新のRGにふさわしい出来になっていました。
これをベースにフルアーマーやバンシィ、フェネクスなどどれだけキット化されてしまうのか楽しみですね。

■プレミアムバンダイ HGUC Zガンダム(ウェイブシューター)などが受注されています icon




楽天市場


■TOP