■TOP
■ROBOT魂 KaSignature Ξガンダム ミサイルポッド装備 (マーキングプラスVer.) レビュー



以前発売されたΞガンダムにミサイルポッドを追加。
さらに塗装やマーキングを加えたマーキングプラスVer.として発売されました。
魂webでの受注品となっており価格は16,200円です。



付属品はビームライフル、シールド、サーベル2本、予備アンテナ、ファンネルミサイル2つ、スタンドジョイント、
手首オプション3種に加えミサイルポッドユニットが付属します。




ディスプレイスタンドはペーネロペーマーキングプラスVerと似たようなプリント。
新たにミサイルポッド保持用の支柱も付属しています。



マーキングプラスVer.として再度発売されたΞ。
今回は関節ジョイントなどを除きほぼ全塗装されていて自分で貼る必要があったマーキングも予めプリントされています。



塗装やマーキングの違いだけではなく、頭部など一部のパーツも新規に作りなおされています。
本体の白は青みがかったような白で以前のものとはかなり雰囲気が変わっていました。
配色はEXVSシリーズのΞガンダムがベースになり、一部の配色に変更があります。



バストアップ。
塗り分けも一部変更されていますが頭部以外ほとんどのパーツ造形は以前のものと同じ。
予備アンテナ含めアンテナはどちらも硬質パーツです。





頭部アップ。右が以前のものです。
頭部は額の赤い部分が大きくなり、目つきやアンテナの角度も精悍になりました。



各所のイエローはオレンジイエローではなく普通のイエローに。
マーキングも結構細かく丁寧にプリントされています。



塗り分けは一部変更が加えられEXVSシリーズ仕様に。
肩のダクト?のような所が黄色から赤色になったりフィンの先端が黄色く塗られたりしていました。
またバーニア内部の色も黄色から赤に変更。



ミサイルランチャーの展開ギミックはそのままです。



腰裏のファンネルミサイル。
肩の裏側の精密感あるモールドも変わらず。
また肩のフィン状のパーツもやはり赤に変更されていました。



脚部も基本的には変わりませんが黄色がやはり赤色に変更されています。



膝裏のミサイルモールドや足裏。





EXVSシリーズでバーストアタック時に装着されるミサイルポッド。
長方形のユニットにバーニアなどが取り付けられています。
接地面は足首のようなパーツがあり可動しますがハッチはモールドのみで固定です。



取り付けのために新造された腰後ろのパーツ。
カバーを取り外すと画像のようなジョイント穴が出てきます。





装着するとこのような姿になります。
ミサイルポッドの取り付け基部と足は可動するのでぴったり接地させられますし3点接地になるのでのけぞるような事もありません。



空中に浮かせる場合は支柱でミサイルポッドを支えます。
スタンドへの取付方法は以前と変わらずジョイントを介して取り付ける方式。
ミサイルポッドユニットはバーストアタックの一斉射撃時にしか出てこないのですが、せっかくなのでほとんどの写真で取り付けています。



一応保持スタンドを使わずに根本を上げた状態でも保持はできましたが結構ギリギリで何か衝撃を与えると下がります。
動かしているとそのうち支えなしでは保持できなくなりそうです。




ビームライフルはマーキングが追加されていますが旧版も全塗装だったので色味は若干違うもののそれほど印象は変わらず。



ミサイルポッドは背中のフィンを下げれば干渉しますが、それ以外可動に影響はしないので動かしやすさなどは変わりません。
肩のミノフスキークラフトユニットなどは独立可動し広い可動範囲がありますが頭部があまり回せないのでライフルなどを左右に向けて構えたりするのは厳しめ。




ミサイルランチャーの基部はしっかりした保持力がありパカパカ動いたりする事はなく扱いやすいです。



ほぼ全塗装になり、落ち着いたつや消し仕上げなのでかなり質感が良くなりました。




サーベルは2本付属。
旧版と長さも色も特に変わらないようです。



大きいMSですが関節はどこもしっかりしていて保持は安定しています。



ファンネルミサイルは2つ付属しますがこれまで同様ディスプレイスタンドなどはなし。




肩のユニットを開いて高速飛行形態への変形。



変形方法なども変わりませんが
後ろ側のユニットが干渉しやすいので傷には注意したほうが良さそうです。



全塗装なのは良いのですが、デザイン的に擦れそうな所が多く
特に白部分は青いパーツがすぐ色移りするので動かすときは慎重に動かしたほうが良さそうです。






ペーネロペーと並べて。
どちらもマーキングプラスVerで全塗装されているので片方の成形色が目立つといった事もありません。
ペーネロペーは白が2色で塗り分けられていましたが今回は特にそういった塗り分けはありませんでした。



デカールを貼ってスミイレしたりしてしまっていますが一応旧Ξとも。



以上ROBOT魂 KaSignature Ξガンダム ミサイルポッド装備(マーキングプラスVer) レビューでした。
以前発売されたΞがベースなのですがEXVSシリーズ仕様として配色の一部が変更されミサイルポッドが付属。
頭部も新造されより格好良く仕上がっています。
今回はマーキングプラスVerなのでほぼ全塗装されているので質感がより高められ、
マーキングがプリントされているのでマーキングプラスのペーネロペーとも並べやすくなっています。
反面干渉しやすいデザインなので擦れによる色移りには気を使う必要がありますが、好きな仕様なのでこれからもマーキングプラスVerは続けていって欲しいです。

■プレミアムバンダイ  KaSignature バーザム改など6月発送分は3月22日23:00で締め切りです icon

(amazon)



楽天市場
■TOP