■TOP
■wave 1/35 ブラッドサッカー(ST版) レビュー



waveのボトムズシリーズから新たにプラキット化されたブラッドサッカー。
価格は4,536円です。



付属品はブラッディライフル、右銃持ち手、左平手、手首軸パーツ、頭部交換パーツが付属。



また各所のカメラ類やRマークを補えるホイルシールも付属。



ザ・ラストレッドショルダーよりキット化されたヘヴィ級AT、ブラッドサッカー。
スケールはこれまでと同じ1/35でポリキャップが使われたフル可動キットです。
またスナップフィットも使われているので接着剤要らずで手軽に組み立てられます。



ヘヴィ級ATなのでスコープドッグなどと比べると大型ではありますが
スタイルはスリムでATにしてはスタイリッシュなプロポーションです。
今回はST版なのでキットの仕様もST仕様。
クリアパーツは使われておらず、コクピット内部や降着ギミックなどもありません。



ですが機体色がほぼ黒という関係もあり色の再現度は十分で
Rマークなどを除きほぼ再現されていますしカメラ類を補うシールも付属。
特徴的な赤い右肩も成形色で再現されています。



頭部アップ。
カメラ類は固定で前後に長いデザインが特徴的。



もしPS版が出るならレンズパーツはクリアパーツになると思うのですが、
それに合わせてか中央上のレンズパーツ内部にもモールドがあります。
バイザーは可動式。



右耳のパーツは角型と丸型の選択式です。



胸部のカメラ類もシールでの再現となります。
背面のパックは左右分割で中央に合わせ目あり。



また胸のハッチも開閉可能にはなっていますが
ST版なのでパイロットや操縦桿などはありません。



腕部はシンプルな作りですがしっかりした握り手も付属。
前腕の手首カバーは可動します。



肩アーマーは前後分割で合わせ目あり。
手首はこれまでのボトムズキット同様手首軸を交換して取付角を変更する方式になっています。



腰のプレートは全て可動しエッジもカッチリしています。
Rマークはシールもありますがモールドもきちんとあるので
シールを使わず塗装で再現したい方にも便利になっています。



プレートの裏側にもきっちりモールドあり。



脚部は右膝にのみバーがある形状。
こちらも基本黒一色なので配色は再現されています。
太腿や脹脛、カカトなどに合わせ目が出ます。




足首のスパイクホイールは回転可能ですが裏側には肉抜きあり。
足裏は肉抜きがなくグライディングホイールなども造形されていてカカトのホイールは別パーツです。



可動範囲など。
基本的にスコープドッグなどとあまり変わらない印象で
肘は90度ほどで頭部も回転できます。
肩はBJなのである程度前後にスイングする事も出来ます。



腰ですがフンドシ部分が前に引き出せるようになっていて腰を回転させるときの干渉を逃がす事ができます。



脚部も標準的な可動で接地などもまずまず。



ブラッディライフルを持たせて。
持ち手は右手のみとなります。






ブラッディライフルはモナカ構造のシンプルな作りですが銃口などは薄くシャープ。
手首もしっかり持たせられるのでポロリもないです。



ただし左手を添えるようなポーズは結構無理があり、指先がギリギリ届く感じでした。




今回スナップフィットの精度も良くスコープドッグより組みやすく感じました。
バラけるような所もなく接着必須な所も自分のものは特になしです。




やはりクリアパーツじゃないカメラパーツは味気ないので
各所のカメラをHアイズに変えたりするとぐっと良くなりそうですね。



以前発売されたターボカスタムと。
ヘヴィ級なのでだいぶ大きめです。



ですがキット自体は標準的なHGサイズのガンプラと同程度のボリュームです。




以上wave1/35 ブラッドサッカー レビューでした。
あまりキット化される事がない印象の機体なのでこうして手軽なサイズのプラキットとして発売されるのは嬉しいです。
まずはST版ということでキット内容は簡素でコクピットの再現なども省かれていますが
その分サクっと組み立てる事ができますしスナップフィットの精度も良くシンプルな配色のため組むだけでも良い感じに仕上がります。
PS版を待つという手もあると思いますが(まだ発売されるのかは分かりませんが)
各所のカメラをサクッとクリアパーツに置き換えるだけでさらに格好良くなりそうなキットですね。


(amazon)



楽天市場


■TOP