■TOP
■HG 鉄華団コンプリートセット レビューその2
 



前回の続きで今回はリベイクフルシティとフラウロス(流星号)の紹介です。
まずはリベイクフルシティの付属品。
こちらは従来の照準モード頭部と手首パーツの他、
オプションセット3にあったハルバート、オプションセット9にあったライフルが4本
それに新規のレールガンと長距離飛行用バックパックユニット一式が付属。



余剰パーツですがオプションセット3のランナーの関係でギャラルホルンモビルワーカーがそのまま組めるようになっています。



シールは単品版と共通です。



コンプリートセット版のグシオンリベイクフルシティ。
こちらは単品版と共通のランナーが使われているので他の機体同様造形的な変更はないのですが
一部パーツを差し替える事で



タービンズ救援時に使った長距離飛行用バックパックユニットを組み込んだ状態を組む事が可能。
変更点は胸部とバックパックとなります。



もともとガンダムフレームの中ではボリュームのあるフルシティが追加パーツでさらにボリュームアップ。
背面の機首にあたるパーツも大きめで個体差もあるかと思うのですが
自分の物はただ組んだだけだと股関節軸が重さに負けて倒れてしまうので若干軸を太くして調整しました。




頭部はこれまでと変更がなく照準モードは丸々頭部を差し替えます。



新規造形の胸部装甲はバックパックまで伸びるような形状になりました。
バックパックの機首にあたるパーツは所々が白色なのですが成形色は黒一色。
前回の写真にあるコンプリートセット新規のシールで白色部分を補えます。



単品版から省かれたギミックはなく手首のナックルガードも再現。



機首パーツは跳ね上げが可能でもちろんサブアームも展開します。



シザース可変型リアアーマーも着脱式。



脚部は特に変更なしです。




オプションセット3に入っていたハルバートもそのまま付属。
刃部分の色分けはシールで補う事も可能です。
グリップ部分は差し替えて長さ調整が可能。





オプションセット9に入っていたライフルもあるのですが
今回は2セット分、合計4本入っているので1キットで全ての手に持たせる事ができます。
これは嬉しいですね。



もちろんシザース可変型リアアーマーも展開。角度付きの手首で簡単に持たせる事ができます。







新規武装のレールガン。
かなり長い銃で端の方にグリップがあるデザインでサブグリップは収納可能。
上下分割なので合わせ目が目立たない作りです。
先端部分などの白が足りませんがシールがあります。
先端の裏側は結構派手な肉抜きあり。



大きめの武装で端にグリップがあるのですが保持は十分可能でした。





またサブグリップも可動するので両手持ちも楽に出来る作りです。



続いて長距離移動形態への変形ギミック。
まずは機首部分を上に上げます。



そして背面にグレーのブースターユニットを取り付け。



さらにレールガンと正面に取り付けるブースターユニットを合体させ



挟み込むようにブースターを取り付けたらグリップを握らせます。





これで長距離飛行形態の完成です。



上下から細長いブースターを挟み込むのですがフレームを介してガッチリ取り付けられるので見た目以上に安定しています。
MS形態からさらにグレーのブースターが増えるのでボリュームもさらにアップ。





別売のクタン参型があればそちらのプロペラントタンクをさらに取り付ける事が可能。
HGとは思えない迫力になります。
かなりの長さになるので飾るのはちょっと大変。





単品版と。
こちらも色味は変わらないようです。



続いてフラウロス(流星号)
こちらは大型ダインスレイヴ弾頭が新規パーツとなり
オプションセット7のショートバレルキャノン、アサルトナイフ、平手が付属。
肩のパーツの一部は余剰となります。



シールは単品のフラウロスと同じものが付属。







こちらも本体の造形に違いは無く
ノーズアートはシールで再現。



元となるオプションセットの平手はヴィダール用という事で入っていましたが
他のガンダムフレームにも使えるデザインのためフラウロスなどにも使えます。




腰のマシンガンやレールガンの可動なども変わりません。



マシンガンは取り外してグリップを引き出す事で手持ち武器になります。




オプションセットに入ってたアサルトナイフも2本付属。




こちらもオプションセットの武装だったショートバレルキャノン。
新規のシールを使えばこちらのピンク色部分も補う事ができます。



本体の変更点はないので砲撃モードへの変形も可能でした。






新規造形となるスーパーギャラクシーキャノンこと大型ダインスレイヴ弾頭。
弾頭と砲口パーツは分離可能でどちらも新規。
砲身の先端を丸々差し替える事で再現します。





これでフラウロスが最後に発射したスーパーギャラクシーキャノンの再現が可能になりますが
フルシティのレールガン同様肉抜きがあり結構目立ちます。
ここは弾頭を2パーツにして欲しかったですね。


単品版と。
こちらも派手なピンクの色味は変わっていませんでした。




以上HG 鉄華団コンプリートセット レビューでした。
さすがに4体セットともなるとかなりの量で組むのは大変でしたが
白&オレンジのランドマンロディが手軽に手に入りますし
他の3機もなんだかんだで新規武装&パーツが付属しているのが良いです。
印象的なダインスレイヴやバルバトスに似合うランスメイスもカッコイイですが
やはりグシオンリベイクフルシティは本体の形状も変わりクタンのブースターと組み合わせる事で迫力ある長距離飛行形態を再現できるのが良かったです。
・その1はこちら


■プレミアムバンダイ MGアドヴァンスドジンクス デボラ機などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■TOP