■TOP
■HG ザク・キャノン テストタイプ 完成編




オリジン系のキットを塗装してみたくなり作っていたザク・キャノン テストタイプ。
今回はこんな感じに完成しました。
大きく弄ったりはしていませんが細部をディテールアップし武装を好みで追加して仕上げています。



塗装は軽く陰影を付けて基本塗装した後に汚して仕上げました。
デザートカラーっぽいのでピグメントなどを使いホコリを多めにつけたり塗装を実際に剥いでチッピングしたりして汚しています。
また雨垂れやサビ垂れを描いたり薄めた塗料を筆で弾き細かい飛沫をつけたりもしています。



まずはノーマルの180mmキャノン&ビッグガン装備。
配色はほぼ変えていませんが好みでパイプは装甲などと同じ色にしています。







頭部はモノアイをメタルパーツ&GEMドームに変更。モノアイの基部はプラ材でレールのモールドも作りました。
頭頂部のアンテナは真鍮線で作り直し、額のセンサーはモールドを深く彫り込み偏光フィニッシュブルーで再現しました。



胸部はフックパーツを取り付けつつ動力パイプをスプリング&メタルパイプに置き換え。



腕部は左肩アーマーのスパイクを尖らせモールドを深く彫り直しスパイク以外の部分をパテで梨地に加工しました。
前腕は合わせ目が出るので後ハメ加工して消しています。



シールドは好みでフックパーツを追加。



ビッグガンはアームの肉抜きを埋めて銃口を薄く加工しています。



バックパックはスモークディスチャージャーを一部プラ材&メタルモールドで作り直しました。



180mmキャノンは後端を開口してダクトを追加。
先端はシンプルな形状だったので好みで画像のような形状に加工しました。



脚部のパイプもスプリング&メタルパイプに置き換えています。



脚部は一部のモールドを開口させディテールアップした他
ノズル部分がちょっとダルめだったので一度くり抜きプラ材メタルパーツでディテールアップしました。
前腕もそうでしたが膝下の合わせ目を消す際にも後ハメ加工が必要で結構面倒です。




足首パーツはバーニアを塗り分けた後ピグメントで派手目に汚しています。




基本色はオキサイドレッドサフを吹き、ホワイトで陰影を付けた後基本色を塗装しています。




チッピングはAKインタラクティブのヘビーチッピングという塗料を使って実際に塗装を剥がしています。
オキサイドサフの上に上記の塗料を塗り、基本塗装を終わらせた後に水で湿らせて塗装を剥がして仕上げます。




ヒートホークは刃を塗り分けたりしつつ仕上げました。






ちょっと持たせてみたいと思い、シャアザクなどに付属する対艦ライフルを作って持たせてみました。



武装はメタリック塗装で合わせ目を消した後スコープをクリアパーツ化しています。





スコープはモノアイと同様にGEMドームを使っています。
こちらは普通のクリアタイプを使い蛍光ピンクで塗装しました。



ラビットタイプのアンテナ&ガトリングに換装。
ガトリングはハーフキャノンのものをそのまま使っています。




頭部のアンテナは薄く削っています。
ガトリングは砲口が埋まっているように見えたのでそれぞれ開口。
ピグメントを多用しているのでポーズを付けているとどんどんパステルが落ちてしまうのがネックですね。





対艦ライフルと組み合わせたいと思いカモフラージュネットも用意しました。
AFV用のカモフラージュネットをカットして整えています。




布なので可動の邪魔にはなりません。




カモフラージュネットはホコリの塗料を吹き付けたりしています。
フレームや武器類はメタリック塗装でこちらはチッピングではなくドライブラシで仕上げました。



最後に色レシピなど。(C)=クレオス (G)=ガイアノーツ (F)=フィニッシャーズの塗料です。
■ダークイエロー  (G)ドゥンケルゲルプ+(C)クールホワイト
■ブラウン  (C)マホガニー+(C)カーキ+(C)ウイノーブラック
■ホワイト  (C)クールホワイト+上で調色したダークイエロー少量
■レッド  クレオスメカニカルカラーセット クリムゾンジェム
■足首などのグレー (G) ジャーマングレー+(C)クールホワイト  
■武器色 (G)ガンメタル+(C)ニュートラルグレー
■フレーム色 (G)ジャーマングレー+(C)スーパーアイアン+(C)クールホワイト+(C)ダークアース
最後のつや消しはクレオスのスーパースムースクリアを使っています。



デカールは専用のものがまだ発売されていなかったのでガンダムデーかるとHIQパーツのRBコーションデカールを貼りました。



以上HG ザク・キャノン テストタイプでした。
オリジン系のキットを仕上げるのは初めてだったのですがHGにしてはかなり手が込んでいるキットで
合わせ目を消そうとすると後ハメ加工が必要なものの、気になる肉抜きなどもほとんどなく各所の凝った作りなど完成度の高さを再確認できました。
またオリジンザク系はかなりのバリエーションが発売されていて、
好みの武装やパーツを持ってきたりする事も簡単にできるのでこういった所も楽しめる良いキットでした。
■パチレビューはこちら
■製作記はこちら


■プレミアムバンダイ MG 1/100 ガンダムX3号機 などが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■レビュー一覧はこちら
■TOP