■TOP
■MG ダブルオーザンライザー レビューその2
 


前回00本体やオーライザーなどの紹介をしてダブルオーザンライザー。今回はザンユニットを組み込んだ姿をそれぞれ紹介します。
こちらは素の00本体にザンユニットを背負わせたザンダブルオーガンダム。
オーライザーを組み込んでいないので比較的シンプルな姿です。



背面のザンユニットはそれなりに重さもありますがS字立ちさせれば自立は可能。
またGNバスターソードIIIが支えにもなります。



ザンユニットには武装の他、アーム式パイロンが装着されていて画像のように差し替え無しで展開が可能。
ハンド部分も開閉しますし肘にあたる部分も可動しますがアームの根本でロールはできないので開き具合などは制限されます。



パイロンは付属する武装を持たせる事が可能。
持たせると4本腕のようなシルエットになります。
武器の保持はピンで行うのでポロリの心配はありません。




GNバスターソードIII
こちらも刃部分など細かく色分けされていて配色が再現されています。
先端部分もシャープでした。



ただGNソードIIと比べると大ぶりで重量があるため手首のピンから外れやすく感じる部分もあります。




バスターソードは片方の背にある青いパーツを外す事で合体が可能。
さらに巨大な大剣になります。



前後の厚みが倍になるため取り回すのはちょっと大変。
また手首からも外れやすいのでバスターソード専用の固定手首でもあれば嬉しかったかも。



続いてザンユニットをオーライザーに組み込んで作るザンライザーの紹介です。
まずはザンユニットを分解し中央のユニットにオーライザーのバインダーにあるフィンやテール部分のパーツを取り付け。



さらにオーライザー本体部分をドッキングさせます。



そしてフィンを外したバインダーにはザンユニットのウイング、バスターソード&マウントパーツ、アーム式パイロンを代わりに取り付けます。





再度バインダーなどを取り付ければザンライザーの完成です。
こちらも四角いピンがあるのでアクションベース1で飾る事ができます。




オーライザーとザンユニットを合体させているのでかなりの大きさ。
各パーツを組み替えて再現しますが保持は安定していて落ちやすいパーツも特に無かったです。



バスターソードIIIもあるため長さはかなりの長さに。



全長は00本体を超える長さになります。





ザンユニットも適度なディテールがあり合体させても統一感はばっちりでどちらかのパーツが浮くような感じもありません。




続いてザンライザーを00本体に合体させるダブルオーザンライザー。
こちらはダブルオーライザー同様ザンライザーを折り曲げるような形状にしてから背面に取り付けます。
その際パイロンにはGNソードIIを取付可能。



背面がとんでもない重さになるので画像のスタンドも付属。
長さは変更できませんがバスターソード合体時に出る青いパーツの余剰を取り付ける事ができます。



ザンライザーを背面にドッキングさせダブルオーザンライザーの完成。





オーライザー+ザンユニット全てが背面に付くため後ろ側のボリュームがとんでもない事になります。
その為当然重量を支える事はできずスタンドは必須です。




背面から見ると機首や各武装が後方に伸びていて威圧感が凄いです。
GNドライヴはフリーなので付属するシールドを取り付ける事ができます。




背面に重量が集中するので支えがないと腰も当然仰け反ります。
股関節のジョイントも重さにすぐ負けて外れてしまうので浮かせて飾るのはかなり危ないです。
もし股関節のスタンドジョイントで浮かせて飾るとしたらスタンドは2つ以上必要になると思います。



写真を撮った後に気がついたのですが
この形態でもザンユニットのジョイントが使えたのでこちらを使えば腰の仰け反りや重量を気にせず飾る事ができます。




パイロンはこちらの形態でももちろん使用可能。



背面の重さで動かすのが一苦労な部分はあるのですが、やはりパイロンなどは動かしていて面白いですし
ダブルオーライザーやセブンソードとは違った魅力があります。




合体状態のGNバスターソードIIIを持たせて。




ウイングが取り付けられていますがバインダーの展開はある程度可能でした。






足にセブンソードのパーツを使ったりしていますが以前作ったMGダブルオーライザーと。
やはり背面の差が凄いです。





以上MG ダブルオーザンライザー レビューでした。
キットは以前発売されたダブルオーライザーに新規でザンユニットを付属させた物になっています。
特に省かれたパーツはないのでダブルオーライザーとしても組めますし粒子貯蔵タンクなどもしっかり付属していました。
新規のザンライザーはパーツ分割も優秀で配色もしっかり成形色で再現されていましたし
各組み換えギミックもストレスなく行う事ができます。
ただデザインがデザインなのでダブルオーザンライザー時は動かし辛い部分があり、バスターソードもできれば専用の持ち手パーツが欲しいなと感じました。
とは言えやはり背面の迫力は凄まじいですし、様々な00を再現できる充実した内容のキットになっていました。
10周年という事で色々活発になっている00シリーズですがこれを期にキット化されていない物など色々リリースして欲しいですね。
■その1はこちら


■プレミアムバンダイ MGヘイズル改などが受注されています icon




楽天市場


■TOP