■TOP
■SDCS ナイチンゲール レビュー



ガンダム、クロスボーンX1と同時発売されたナイチンゲール。
価格は1,512円と他の2体より高めの価格です。(セット版除く)



付属品はメガビームライフルとシールドが付属。



付属のシールはネオ・ジオンマークなどを補うものが付属。
あとは腹部のメガ粒子砲と股間のスラスターダクトの色分けを補うシールです。




他の2体とは違い怪物のようなシルエットが特徴的なナイチンゲール。
価格も高めですがボリュームもかなりのもので特に背面のバインダーはSDとは思えない大きさ。
スカートの長さもかなりのものです。





特異なシルエットですが本体の構造は大体他の機体と同じです。
ただ首部分が若干変わっていました。
付属するフレームはグレーのSDフレームとなります。
こちらもCSフレームに組み換えが可能になっていますが
別売のグレーCSフレームはまだ発売されていません。





頭部アップ。
前後に長い甲羅のような装甲で後ろ側のアンテナの長さこそ抑えられていますがそれでもかなりの長さです。




モノアイの可動ギミックがありモノアイはクリアパーツで蛍光素材が使われていました。
分割も合わせ目が目立たない分割です。



モノアイレールも細かいモールドがあります。
首部分は画像のようにスペーサーのようなパーツがあり首のジョイント位置が高くなっていました。



首を動かしても裏打ちパーツがあり隙間が見えません。
胸部は白いダクト部分も別パーツ化。中央のエンブレムはシールでの再現ですがモールドもあります。



胸部のメガ粒子砲は内部が黄色ですがシールあり。




バックパックは側面にも適度なモールドがありますがプロペラントタンクの裏側は派手な肉抜きあり。
バインダーは大きめのBJで保持します。



巨大なバインダーは裏面の多数のバーニアも再現。
裏面のフレームは1パーツなので組み立ても手軽です。
ただしバックパック含めバーニア内部の黄色は再現されていないため塗装が必要です。



またファンネルは全て取り外し可能。
裏側のディテールはありませんが3mm穴があります。



腕部は肩アーマー裏のバーニアも再現。
ただし内側の黄色は再現されていません。



巨大なスカートは一部ダクトが色分けされているものの、股間部分はシール。
リアのノズルは全て配色が再現されていないので塗装が必要です。



リアスカート内部のプロペラントタンクも再現されモールドもあるのが良い感じです。
ランディングギアは差し替えで高さ調整が可能。



脚部は装甲がフレームをすっぽり覆うようなボリューム。



足裏はほとんど肉抜きでフレア内部のバーニアは省略されています。



可動範囲など。デザイン的に頭部が前後に長いため頭部を上にスイングする事はほぼできません。
腰もBJで回転こそできますが前後スイングは重さに負けます。



脚部はスカートで隠れ気味ですがつま先を伸ばしたりする事は可能です。







続いてCSフレームに組み換え。
グレーはまだ発売されていないのでホワイトを使っています。
手足が長くなりますがそれでも背面のバインダーの存在感が凄いです。
ランディングギアは差し替えで高さを合わせられるので自立も可能です。



可動範囲ですが肘可動が追加されるものの、腰のスイングはやはりそのままだと重さに負けます。



また膝の干渉も多くあまり曲げる事ができません。





付属武器のメガビームライフル。
2パーツ構成ですが基部が1パーツで銃口は埋まっています。
肉抜きも派手でガンダムのライフルと比べるとちょっとペラペラな印象もあります。





シールドはネオ・ジオンマークがシールでモールドはありません。
ジョイントで前腕に接続可能。基部で回転もできます。



スタンドは3mm軸のものが使えますが重いのでしっかりしたものを使った方が良さそう。




ファンネルを分離。
ファンネルは全て取り外し可能で3mm軸のスタンドで飾れるので扱いやすいです。




派手な肉抜きはありますがバーニアの塊のバインダーはSDでも見応えがあります。




前回紹介したクロスボーンX1と。
高さはそこまでではないのですが前後の広がりはやはり凄いです。



以上SDCS ナイチンゲール レビューでした。
クロスボーンX1の方は基本的に可動などはガンダムと同じような印象です。
配色が細かい分再現されていない所がガンダムと比べると多めでツインアイの分割なども簡略化されていますがフェイスオープンは差し替え無しで行えます。
またHGUCのエフェクトもそのまま使い回せるのでそちらを持っていればより楽しめると思います。
ナイチンゲールはやはりそのボリュームが圧巻でバインダーの迫力はかなりのもの。
ただ肉抜きはちょっと目立つ部分はあります。
こちらも細かいバーニア内部などを再現しようとすると細かい塗装が必要になってしまうのできちんと再現したい場合はちょっと大変そうです。
武装はシンプルですがファンネルが取り外し可能なのでそちらでも遊べますしシリーズ共通のフレーム換装もあるので好みのバランスにしやすいのも良いですね。

■クロスボーンX1のレビューはこちら

■プレミアムバンダイ MG ガンダムストームブリンガーが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■レビュー一覧はこちら
■TOP