■TOP
■SDCS クロスボーン・ガンダムX1 レビュー




以前紹介したガンダムと同時に発売されたクロスボーン・ガンダムX1
価格は864円です。



付属品はビームザンバーとバスターガンが付属。



付属のシールは頭部や腕の赤ライン、胸部エンブレム、股間部分の赤色、肩や膝の黄色を補います。



ガンダムやナイチンゲールと同時に発売されたクロスボーンガンダムX1。
こちらはSDフレームが内蔵されたキットとなっていてCSフレームで組む場合別途購入する必要があります。
フレームなどは他のSDフレームと同じで各所の互換性があるのは変わらず。



キットの配色はクロスボーンX1自体結構細かい配色をしている所もあり腕や足首のグレー、スラスターの細かい黄色、サイドアーマーの紺色など塗装が必要な所も多め。
また手首もグレーなのでそのあたりも塗装が必要です。
ですが頭部のドクロ、胸部のイエロー部分などはしっかり別パーツ化されていました。




頭部アップ。
頭部はガンダムと同じギミックで目線の切り替えが可能。こちらは瞳ありのタイプ。
またフェイスオープンは差し替え無しで開けるようになっています。
ヘルメットの赤ラインはシールで補いますがモールドもあります。




こちらは瞳なしタイプ。
ガンダムではこちらのパーツは細かくパーツ分割されていましたが、X1はシールでの再現となっていました。



胸部はエンブレムがシールでの再現となりますがモールドもあり。
背面のスラスターはグレーの裏面パーツがあるものの、肉抜きもあり。
またダクトスラスター部分の黄色は塗装が必要です。



背面は共通の2穴タイプ。


スラスターはすべて独立可動します。
バーニアは一体成型されているのでノズル部分は埋まり気味。



腕部は手首側の赤ラインがシール。肩の○モールドもシールがありますが裏面の分はありません。
SDフレームなので肘可動はありません。



差し替えでブランド・マーカーも再現できますがビーム刃は付属しません。
ですがHGUCのパーツがそのまま使えるようになっています。




脚部は膝の黄色がシールで補えます。股関の赤部分もシールです。
SDフレームなので膝可動はなく股関節軸はBJ。
足裏はつま先とカカトに若干肉抜きあり。足裏のダガー部分は塞がっているのでHGの流用もできませんでした。




可動範囲は大体ガンダムと共通。
ほとんどの接続軸はBJなので微調整は効きやすいですが肘可動がないので若干窮屈な印象もあります。



下半身も股関節がBJのためそれほど派手な動きは付けられません。



続いてフレームを入れ替えた状態。
CSフレームのホワイトが別途必要になります。
四肢が伸びる事で頭身が上がりスマートなプロポーションになります。



使うフレームはホワイトですが手首はグレーで塗装する必要があるのは変わりません。



可動範囲もガンダム同様向上。
やはり肘の可動があるのは大きいです。



脚部も膝可動が加わりますがフロントアーマーが固定のため脚を上げると干渉するのもガンダムと変わりません。





付属武器のバスターガン。
白の単色成形なので細かい塗装が必要ですが2パーツで厚みがあり合わせ目はありますがしっかりした出来。






ビームザンバーは刀身も単色でこちらも塗装が必要です。
基部も白一色ですがこちらもHGUCのエフェクトが使えました。




ブランドーマーカーとビームシールドエフェクトをHGUCから流用。
サイズもそれほど違和感はないと思います。





2種の武器を合体させる事でザンバスターの再現も可能になっていました。



小型MSですがサイズ自体はガンダムと同程度です。



以上SDCS クロスボーン・ガンダムX1 レビューでした。
次は同時発売されたナイチンゲールの紹介です。

■プレミアムバンダイ MG ガンダムストームブリンガーが受注されています icon
(amazon)



楽天市場


■レビュー一覧はこちら
■TOP