■TOP

MGEX ストライクフリーダムガンダム レビューその1



第一弾としてユニコーンガンダムがキット化されていたMGEXシリーズ。
第二弾としてストライクフリーダムがキット化されました。
価格は15,400円です。



付属品は高エネルギービームライフル左右分、ビームシールドエフェクト2枚、キラ&ラクスフィギュア、
クリアツインアイパーツ、平手、可動手、銃持ち手、スタンドジョイント、アクションベース、それにサーベル刃が2本付属。
右下に写っているアクションベースのランナーにあるジョイント類は自由に使えるパーツとなっていて
同じく右下にある金色のジョイントはエモーションマニピュレーターから外すパーツで余剰となります。



シール類ですがメタリック3Dシールと水転写デカールが付属。



また今回はエッチングもあります。
ゲートレスのエッチングでシールになっているため手軽に取り付ける事が可能でした。



またボール紙で作られたマルチスタンドもあり、ランナーを立てかけておく事ができます。



今回ですが成形色のランナーの他、3色の塗装済みランナーがあります。
Bランナーはツヤのあるイエローゴールド。



Cランナーはつや消し風のカッパーゴールド、そしてDランナーはホワイトゴールドとなっています。



まずはフレーム状態の紹介です。
今回は「ガンプラ史上最高峰の金属表現」というテーマでキット化されていて内部フレームがかなりこだわった作りになっています。
金色は一部成形色の所もありますが3種類の色味が違うゴールド&シルバーのエッチングという組み合わせで非常に見応えのある作り。
また各所にメタリック3Dシールも使われ良いアクセントになっています。



今回はポリキャップなども使われておらず、ほぼKPSの関節となっています。
ただエモーションマニピュレーターも使われているためそこにだけABSが使われていました。




頭部のフレームもきっちり再現されツインアイなども別パーツ化されシールなしで色分けされています。



また今回はメッキ調のツインアイの他、クリアパーツのツインアイパーツも付属。
ただそのままだと画像のように色がかなり沈んでしまうため塗装をしない場合はメッキ調の方が良いかも。



胴体のアップ。
胸部などにはエッチングパーツが使われていてリアルな金属光沢があります。
金色は成形色の部分もそれなりにあるのですが塗装済みパーツが複数色あるため非常に複雑な表情です。


またフロントとリアアーマーはフレームから展開可能になっています。



コクピットはもちろん開閉可能。




カリドゥスは六角形にアレンジされていました。
背面にも小さいエッチングが取り付けられています。
バックパック接続穴はダボがある形状でストライカーパックなどは接続できませんでした。



腹部ですが左右にスイングさせると矢印の装甲が動きに合わせ可動するようになっていて
隙間が目立たないようになっています。
また装甲で隠れるような所にもメタリック3Dシールが使われています。



肩アーマーは展開ギミックあり。



腕部など。
各所には積層フィンのようなディテールがあります。
またフレームのモールドもかなり細かいです。



股関節は引き出してスイングが可能。
フロントアーマーも可動ポイントが複数あり大きく跳ね上げられます。



脚部のフレームもかなりこだわった作り。



こちらもやはり積層フィンのようなディテールが各所にありあmす。



脹脛には多数のエッチングが使われています。
3つのスラスターがそれぞれ連動して展開。



足首ですが足首部分でもロールできるのですが、その上にも可動軸があり
矢印の装甲が連動して動きます。




機動兵装ウイングを取り付け黒系の背景にしてみました。





ウイングもやはり細かいディテールがありモールドはかなり多いです。
バックパックのスラスター周りも密度感のある作り。





全身金色なのでかなりインパクトのある姿ですが
これまでにないフレーム密度でこれだけで飾りたくなります。




メタリック3Dシールやエッチングは小さい物が多いのでピンセットも用意しておいた方が良いと思います。




半分だけ装甲を取り付けた状態。
装甲は取り付けやすく細かいですが特に後から外しにくいという事も無かったです。



装甲を取り付けてストライクフリーダムの完成。
今回はがっしりとしたマッシブな体型で立体化されています。
また装甲も大きなアレンジが加えられ、非常に複雑な面構成になっていますし
フレーム状態でも特徴的だった積層フィン状のディテールが目立ちます。





白い装甲はライトグレーも使われています。
一応ウイングを横にしておけば自立は可能ですが
どうしても後ろに倒れやすい所があるので普段飾る時はスタンドを使ったほうが良さそうです。
装甲パーツは今までと変わらず成形色となっていますがフレームやエッチングもそれなりに見える構造なのでやはり豪華な印象。
また大部分のパーツはアンダーゲートが使われています。



ウイング無しの状態。
この状態でもがっしりとしたシルエットで力強い印象。





もちろんクスィフィアス3レール砲を後ろに回してライフルを横に装着する事ができます。





頭部アップ。今回は通常のMG版と比較していきます。
頭部ですがより色分けが細かくなりツインアイなども成形色で再現。
またアンテナもよりシャープになりマスクのスリットも開口されていました。



胴体の比較。通常のMGはあまり派手なディテール追加のないスッキリした姿ですが
MGEXはかなり複雑なディテール。
また股間の赤いパーツがクリアになり内部のフレームが透けているのも特徴的。



背面は積層フィン状のディテールが目立ちます。



コクピットは開閉可能で立ちポーズのキラとラクスフィギュアも付属していました。



前後腰アーマーの展開ギミック。
差し替えなしでこのように展開します。





クスィフィアス3レール砲の比較。
砲身が太めになり展開気味っkうはそのままですが金色部分が増えました。
また砲口もより複雑になっていました。




肩アーマーの比較。よりゴツゴツとしたデザインに変化し
サイドのスラスターダクトなども奥行きのある構造になりました。
また肩の先端の赤色もクリアパーツになっています。



肩の展開ギミック。
ライトグレーのプレートも可動します。



腕部ですが固定の手首の他、エモーションマニピュレーターもあるので細かい表情付けができます。



ビームシールドもかなりアレンジが加えられこちらも一部がクリアパーツになっていました。




脚部は膝周りなどのボリュームが一気にアップ。
逆に足首はコンパクトになりメリハリが強調されています。
また膝を曲げると太ももや膝の装甲が連動します。



脹脛のスラスターは連動して展開。
足裏はもちろん肉抜きはありません。



バックパックもノズル周りがより豪華な作りになり
エッチングパーツも良いアクセントになっています。




機動兵装ウイングもよりゴツゴツとした形状に。





もちろんドラグーン接続基部がスライドするギミックもありますが、さらに外側の黒いパーツも開くようになっています。



スーパードラグーンは金色部分が増えメリハリがつきました。
また合わせ目も段落ちになっています。
このドラグーンは1基に4枚小さいメタリック3Dシールを貼るのですがそのシールがかなり小さいので紛失注意です。






MGストライクフリーダムと比較。
身長は大きく変わりませんがディテール量は一気に増え密度は大幅に増しました。



これでその1は以上です。
その2では可動範囲は武装などの紹介となります。

・その2はこちら


(プレミアムバンダイ)
HGFC ガンダムローズ icon

RG デスティニーインパルス icon

(amazon)



(駿河屋)

MGEX ストライクフリーダムガンダム



(あみあみ)


(DMM)


(楽天)







■ガンプラレビュー一覧(カテゴリ別)


■ガンプラ以外のプラモレビュー一覧(メーカー別)


■レビュー一覧はこちら
■TOP