■TOP

HGUC クロスボーン・ガンダムX-0フルクロス レビュー



ノーマルのX-0に続き、X-0フルクロスもキット化されました。
こちらはプレミアムバンダイでの受注品となっていて価格は2,750円です。



付属品はバタフライバスターB、バタフライバスター✕2、バスターガン、クジャク、
ビームザンバー、コアファイターユニット、バスターガン持ち手、ザンバスター持ち手、
シザーアンカー、ヒートダガー2種✕2、フェイスオープン用パーツ、
それに各種ビームエフェクトとビームサーベル2本が付属します。



またお好みで組み立ててくださいとありますが
ムラマサブラスターとピーコックスマッシャーもあります。



色分けを補うシールは大量にあります。
本体の他、フルクロスのスラスターや赤ラインなどを補うものです



余剰パーツ。
フルクロスはX-0仕様になっているのでX1仕様のパーツなどが余ります。
ただX1としてはアンテナなどがないので組めません。




コアファイターギミックは差し替えで再現するいつもの方式。
キャノピーなどは細かく塗り分ける必要があります。



機動戦士クロスボーンガンダムゴーストよりカーティス・ロスコが乗り込むX-0フルクロス。
以前発売されたクロスボーンガンダムX-0X1フルクロスをベースにキット化され、
名前通りX-0にフルクロスを取り付けた姿になっています。
ただフルクロスの形状がX-1とは若干違っていて表面のパーツが新規パーツで再現されています。



キット自体はこれまでの流用なので使われているポリキャップはPC002。
HGUCクロスボーン系のキットなので色分けされていない所も多く、
シールまたは塗装で補う必要がある部分も多いです。
特にフルクロスは細かいスラスター含めイエローやレッド、グレーなどが足りず
塗装する場合細かい塗り分けが必要となります。



フルクロスを外した状態。
大部分がX-0からの流用で頭部アンテナや胸ダクトの形状などが他と異なっています。




頭部アップ。
アンテナが角度の急なV字になっているのが特徴的ですが
アンテナの先の白色はシールでの再現となります。
ヘルメットのラインやダクト部分などは塗装が必要です。



もちろんフェイスオープンも差し替えで再現可能です。



胸部はフルクロスが取り付けられていてBJで可動。



ノーマル版と比較するとフルクロスを取り付けるための穴が空いています。
ノーマル版の胸部パーツやABCマントは付属しないため、ノーマルのX-0として組むことは不可能。
なので完全上位互換という訳ではありません。





肩部分のフルクロスはX1と同じ作りで裏表両方BJ接続です。
細かいスラスターや赤ライン、グレー部分などはシールで補います。
劇中ではフルクロスの裏に遅燃性光熱弾を装填した銃が多数装備されていましたが、
さすがにキットでは再現されていませんでした。



説明書には書かれていませんが、
構造は変わっていないのでスカルヘッドを腕に取り付けるギミックも残されています。



X-1とフルクロスを比較。
表側のフルクロスですが胸、肩部分共に若干形状が変わっています。
裏面は共通でした。



バックパックのスラスターも特に変わらず根本やバーニアの角度を変える事ができます。
ただ小さいスラスターの色分けはシールです。



腕部もこれまでのクロスボーンガンダム系キットと同じ構造。
肩の○モールドの色が足りませんがシールあり。
ビームシールドやブランドマーカーエフェクトは付属しませんがシールドの展開ギミックはそのままです。



腰部にはこれまで通りクジャクなどの武器を取付可能です。




脚部もこれまでと変わらず膝のグレーの塗り分けはシールで補う事が可能。
赤いパーツはメタリックレッドせ再現されています。
足裏はつま先部分などに肉抜きあり。





HGUCのX-0と比較。
本体の成形色の色味は特に変わらないようです。



武器を装備させて。
今回はクロスボーン系としてはトップクラスの量が付属しています。




バスターガンはこれまでのHGUCの流用。
単色のため塗装が必要です。




ビームザンバー。
こちらも流用でシンプルですが太いビーム刃が付属。
ビームエフェクトは全て蛍光色で派手に見えます。




一部差し替えて合体させる事でザンバスターに。






ヒートダガーは手持ち用と足裏装着用の2種類が2本ずつ付属。
HGなのでさすがに刃が分厚く感じるのも変わらず。




ビームサーベルは2本付属しますが今まで同様収納ギミックはオミット。
可動範囲についてはX1のレビューを参照してください。







X-0用の武装、バタフライバスター。
こちらはノーマル版の流用で差し替えでモードチェンジが可能。
こちらは銃形態のガンモード。




パーツを一度分解し、中央のジョイントを外して組み直す事でサーベルモードへ。
ジョイントは余剰となります。




ビームエフェクトも流用ですがこちらもかなり大ぶりで
複雑なディテールこそないものの迫力は十分です。




シザーアンカーも差し替えで再現。
リード線なので自由に曲げられます。



クロー部分は固定ですがバタフライバスターを掴むにはちょうど良い幅だったりします。





続いてクジャク。
こちらはピーコックスマッシャーのような形状のスマッシャーモード。
この武装もノーマル版の流用のため成形色は白一色。
なので砲口のイエローは塗装が必要です。




軽いので保持に支障は無いのですが、やはりX1フルクロスと同様に
動かしていると肩のフルクロスがどうしても外れやすく感じます。




パーツを差し替えてバスターモードに変形。
エフェクトも特に変わっていません。




エフェクトを付けると巨大な武器になり、特に先端のエフェクトを付けると長さもかなりの物になります。
腕周りの関節はしっかりしているので片手でも十分保持は可能でした。



ただ個体差もあるかと思いますが、
今回は腰の関節が緩くすぐすっぽ抜けるので調整する必要がありました。




続いて新規武装のバタフライバスターB
こちらもモードチェンジが可能な武装となっています。
色は単色のようなので特に気になりませし合わせ目も段落ちモールド化されています。





こちらは銃として使うガンモード。
バタフライバスターと違い一丁のみとなります。






パーツを差し替えてソードモードに。
変形自体はバタフライバスターと変わらず、中央部分が折れ曲がるような形になります。
両端を繋ぐジョイントパーツは変わらずソード時は余剰になります。




ビームエフェクトも共通でバタフライバスターの物をそのまま取り付けます。
グリップが可動するため突くようなポーズも取らせやすいです。





またX1フルクロスのランナーが流用されているため好みでムラマサブラスターとピーコックスマッシャーを組み立てる事が可能。
ほぼ同じデザインの機体のためこちらも良く似合います。





最後にX1フルクロスと比較。
フルクロスのわずかな形状の違いも新規パーツで再現。
ヒロイックなカラーのX1と比べると銀色メインのカラーリングなのでかなり異質な印象を受けますね。




・説明書は白黒で機体説明などはありませんでした。

以上HGUC クロスボーンガンダムX-0 フルクロス レビューでした。
今回は以前発売されたX-0にフルクロスを装着したキットとなっています。
フルクロスはX1からの流用なのですが、表面の微妙な違いは新規パーツで再現されていました。
ただ作り自体は同じなのでスラスターなどの色が足りず、きっちり再現するにはシールと塗装で補う必要があります。
元々武装が豪華なクロスボーン系のキットなのですが、今回はトップクラスの量で
クロスボーン系共通武装の他、X1フルクロスのビームシールドやブランド・マーカーが無い替わりにバタフライバスター2種、
クジャク、さらに好みで組めるムラマサブラスター&ピーコックスマッシャーと一通り持たせるだけでも大変な量があります。
フルクロスが干渉するので少し動かし辛い所はあるものの、めちゃくちゃ遊べるキットですね。

(プレミアムバンダイ)
HGAC レオスなどが受注されています icon

(amazon)






(あみあみ)

・ガンプラ予約、再販予約一覧


楽天市場


■ガンプラレビュー一覧(カテゴリ別)


■ガンプラ以外のプラモレビュー一覧(メーカー別)


■レビュー一覧はこちら
■TOP