■TOP

RG トールギスIII[チタニウムフィニッシュ] レビュー



RGでキット化されたトールギスIIIがチタニウムフィニッシュとして再度登場。
価格は7,700円でプレミアムバンダイでの受注品となります。
説明書はノーマル版と共通で部品注文などが書かれたペーパーが1枚追加されていました。



付属品はメガキャノン、シールド、ヒートロッド、
角度付き右持ち手、持ち手、平手、ゼクスフィギュア、スタンドジョイント、
そしてサーベル刃が2本付属します。



シール類はリアリスティックデカールが付属。



余剰パーツはトールギスの肩やシールドなど一部のパーツが余ります。



RGでキット化されたトールギスIIIがチタニウムフィニッシュ仕様として再びキット化されました。
こちらは白い装甲をチタニウムフィニッシュで仕上げ、フレームや青いパーツをメタリックの成形色に変更した物となります。
また頭部のアンテナはつや消しメッキ加工が施されより特別感のある仕上がりとなっています。



プロポーションなどは特に変わっておらず、シンプルなカラーリングながら
肩がさらにボリュームアップされ力強いトールギスIIIの姿を再現しています。
ギミックや関節の作りなどは特に変わっておらずこれまでのトールギスシリーズと共通の構造です。
もちろんRGなので細かくパーツ分割され配色も再現されています。




頭部アップ。
アンテナの形状が派手で他のトールギスシリーズとは違う特徴的なマスクなども再現。
メッキ仕上げのアンテナはつや消しメッキで上品な仕上がりです。
また成形色ですがメタリックブルーの発色も綺麗です。



もちろん大部分は流用なので内部パーツも再現されています。
立ちポーズのゼクスフィギュアも変わらず付属。



コクピットはもちろん開閉可能。



背面は仰け反り防止でロック可能な構造。
ギミックが詰まったスーパーバーニアもしっかり支えられます。



一回り大きい装甲が付き、さらにボリュームアップした肩部。
チタニウムフィニッシュでエッジの銀が浮かび上がるため良いアクセントになります。



腕ですがさすがに肘関節や手首などはチタニウムフィニッシュではありません。
そのため手甲なども普通のプラなので若干浮いているように感じるかも。



メタリックブルーは複数の成形色が使われています。
スーパーバーニアは変わらず展開可能ですし





RGオリジナルギミックとして十字に開き、中央のバーニアが露出するギミックもあります。
バーニアの造形も相変わらず細かく、一気に広がりのある形状に変わるため見ごたえのあるギミックです。




腰部のバーニア展開ギミック。
青いパーツは綺麗な色ですがやはりウェルドラインはどうしても出てしまいます。



サイドアーマーはアレイ型のBJで太腿と接続しますが外してジョイントを収納する事も可能。
股関節はいつも通りスイングギミックがあります。




太く装甲の厚みを感じさせる脚部。
一部の関節パーツを除き、白一色ですがチタニウムフィニッシュによってモールドが浮き上がり
墨入れなしでも立体感が出ます。



膝のフレームなどは特にコーティングはされていません。
足首はつま先が可動し肉抜きもありません。



メガキャノン&とシールドを装備させて。





スタンドジョイントは股関節に取り付けるタイプでアクションベースの他、3mm軸にも対応。
スーパーバーニアを全展開させるとやはり素晴らしい迫力ですし密度あるバーニア類の造形も秀逸です。






メガキャノンは砲身が差し替え無しで展開可能。
バレルは左右分割ですが合わせ目は段落ちモールド加工されています。
こちらも成形色がメタリックグレーになりより引き締まった印象。



手首の他、アームで肩にも繋がれているためやや窮屈な所はありますがその分しっかり保持可能です。
可動範囲は特に変更がないのでRGトールギスのレビューを参照してください。






これまでの丸形から大きく形状の変わったシールド。
こちらも細かい分割で赤いパーツなども別パーツ化され色分けされています。
アーム類はこれまでと変わらず肩に装着しますがシールド裏のグリップを握らせる事ももちろん可能です。



ヒートロッドは差し替えで再現。
節は全て別パーツ化され合わせ目のでない構造です。
また中央にリード線が入っているため自然な形で曲げる事ができます。



装甲にはアンダーゲートもそれなりに使われているので比較的目立ちませんが
完璧に隠せる訳ではありません。




ビームサーベルはクリアピンクで成形されています。
他のトールギス同様角度付きの右持ち手があるため、
肘にある程度角度が付けられているトールギスでも突き刺すようなポーズも簡単に取れます。



保持力は特に問題ありませんでしたが、
自分の物はスーパーバーニアのカバーがかなり緩く調整しないと扱い辛かったです。
多少個体差もあると思いますがもともとロックなども無く、触っていると閉じやすい部分が多いので
緩すぎる場合調整した方がストレス無く遊べると思います。



黒背景で撮ってみました。




トールギスIIIも白部分が多いのですが、チタニウムフィニッシュのおかげで目立たない白部分のモールドも強調されます。




ホワイト&ブルーの爽やかなカラーリングが引き立ちますしこのコーティング仕様はかなり似合うと思います。





最後にノーマル版と比較。
関節のライトグレーもメタリックになっていますがその部分はそこまで印象は変わらず。
ホワイト部分はチタニウムフィニッシュのおかげで細かいモールドもより確認しやすくなっています。




以上RG トールギスIII[チタニウムフィニッシュ]レビューでした。
これまでのチタニウムフィニッシュと変わらず、白部分がホワイトメッキになり
関節や他の装甲色がメタリックカラーになったカラバリとなります。
ただ今回は目立つ頭部アンテナがつや消しメッキ仕上げになりより高級感のある物になっていました。
もちろんトールギス同様チタニウムフィニッシュとの相性も良く
ホワイトメッキとエッジに浮かび上がるシルバーが良いアクセントになりかなり格好良く仕上がっていました。

(プレミアムバンダイ)
RG トールギスIII チタニウムフィニッシュ 3次発送分 icon

HGUC ガンダムF91ヴァイタル 1号機&2号機セット icon

(amazon)






(あみあみ)

・ガンプラ予約、再販予約一覧


楽天市場


■ガンプラレビュー一覧(カテゴリ別)


■ガンプラ以外のプラモレビュー一覧(メーカー別)


■レビュー一覧はこちら
■TOP