無料レンタル


■TOP

Figure-rise Standard ホシノ・フミナ レビュー



Figure-rise Standardシリーズで発売されたホシノ・フミナ。
Figure-riseシリーズですが、パッケージはHGBF系と同じようなデザインです。
価格は2,640円となります。



付属品は交換フェイスパーツ2種、パーカー無し腕部、プチプチッガイ、それにランナーレスタイプのスタンドが付属。



シール類はホイルシールと水転写デカールが付属します。
目線はどの表情も3種類ありますが、シールの予備は無いので貼り直すには限度があると思います。
水転写デカールの方は各2枚あるので一回失敗しても大丈夫です。



余剰パーツですが、ダイバーナミ系の構造なので一部そちらの関節が流用されています。
そのため一部の関節パーツや、プチッガイに使われているパーツが余る他、



今回はさらにランナーの都合でダイバーアヤメのパーツも大量に余ります。
クリアイエローとペールオレンジのパーツが色々余るため
ダイバーアヤメのカスタムにも使えると思います。



フィギュアライズスタンダードシリーズでキット化されたホシノ・フミナ。
今回はHGBFすーぱーふみなHGBFういにんぐふみなのようなMSではなくホシノ・フミナ本人のキット化となります。
作りはダイバーナミ系統の物が使われていますが、変更された所もあります。
ただ今回もポリキャップは使われておらず関節は全てKPSです。



キットの配色は大部分が成形色で再現されていますが、
胸のマークや靴の白ラインなどはホイルシールで補う作り。
ですが白とピンクのラインなどはパーツ分割で大部分が再現されそのままでもかなりイメージ通りの仕上がりになります。
ダイバーナミやダイバーアヤメ系統の作りなのでサイズもすーぱーふみななどよりだいぶ小型化されていました。



パーカーは画像のようなパーツ分割になっていて取り外しが可能。



腕部を交換する事でパーカー無し状態にする事もできます。
こちらはよりシンプルな姿で動かしやすくなっていました。



フェイスパーツですが全3種あります。
すーぱーふみなでは瞳がレンズ化されていたり、
同じフィギュアライズシリーズのダイバーアヤメなどでは目が開口されている他、眉毛も開口されていたりと
フィギュア系プラモのフェイスパーツは色々なパターンがありましたが
今回は特に開口部分などもないシンプルなパーツになりました。




頭部アップ。
こちらは基本となる通常顔です。
シールは目線チェンジの都合もあり、軽めに貼っています。
今までは目線パーツをフェイスの裏から差し込む構造でしたが今回はそういった分割もなく
シンプルなフェイスパーツに戻っています。
眉毛もシールでの再現ですが、凸モールドになっているので
今までの開口され影で眉毛の色を再現するような構造に比べ、違和感は減っています。



フェイスパーツその2は驚いているような表情。
こちらは右目線のシールを貼りました。
大きく開けた口もシールで再現できます。



照れたような表情も付属。
こちらは左目線にしました。
目線を交換する関係で軽く貼っているのもあるのですが、やはりシールだと厚みが目立ち眉毛の余白などが気になる所はあります。



こちらの表情にはチークのシールもあるのですが、
さすがにホイルシールだとなにかパッチを貼ったような感じになってしまうので使っていません。
素直にパステルかなにかを付けたほうが良さそうです。




胴体はパーカーのフードのシワなども自然な造形。
背面にはスタンドジョイントがあります。
シャツのプリントは一部シールで再現します。



パーカー無し状態でもスタンド穴あり。
背面の一部の白はシールで補えます。



腕部は右腕にブレスレットが取り付けられています。
別パーツ化されていますが配色はシールでの再現。
腕部はロール軸などもありますが合わせ目も出ます。



パーカー無しの腕部。
手首は平手と握り手のみで武器持ち手などはありません。



脚部も特に派手な装飾などのないシンプルなデザイン。
こちらも大部分は成形色で再現されています。
脛の一部に分割線が出ますが太腿などは色分けの関係で合わせ目が出ません。



靴は肉抜き無しでソール部分も造形されています。
ただ白ラインはシールで補う方式。




可動範囲など。フィギュアライズ系の作りなのですが
パーカーを着るとあまり仰け反りが出来なくなります。
また肩スイングもパーカーがあると無し状態よりやや制限されます。



うつむくような動きは特に問題なし。
腰は固定で胸部でスイングする構造なのは変わっていません。



脚部は足首がBJに変わっていますが接地はまずまず。
シンプルなので干渉も少なく膝も良く曲がります。




付属のスタンドを使って。
高さは結構ありますが延長パーツを外せば地面に足がついた状態でしっかり飾る事ができます。




プチプチッガイ。
こちらは2パーツのモナカで裏側には若干肉抜きあり。
目と鼻はシールで再現するようになっています。
軽いので平手で持たせる事も十分可能でした。




プチプチッガイにも3mm穴があるのでスタンドが使えます。



付属品はプチプチッガイのみで、2穴パックに対応するジョイントや
武器持ち手などもないためプレイバリューは低め。
ダイバーナミあたりの持ち手が使えるかなと試してみましたがBJ径がかなり小さくなっているため
無改造でははまらず武器は持てませんでした。





ただフミナ機は色々キット化されているのもあって一緒に飾ると映えます。
こちらはHGBFパワードジムカーディガン




SDBFウイニングガンダムと。
フィギュアライズ枠になった事ですーぱーふみななどより小型化されているため一緒に並べやすいです。



フェイスパーツは色々な構造がありましたが結局普通の1パーツになったのはちょっと面白いです。
ただ瞳パーツが無いためモールドもないので塗装したい場合は大変そうです。



試しにデカールも貼ってみました。
最初の写真はデカールを貼っただけで次の写真はつや消しを吹きデカールのテカリを消して
瞳にはUVジェルクリアを塗ったものです。




デカールは薄いのでシールのような段差は気になりません。
目線チェンジをしない場合はデカールを使うとより自然に仕上がると思います。




それと余剰パーツを使えばダイバーアヤメの髪やマスク、クナイをクリアパーツ化する事ができました。
ちょっとダボなどが見えてしまうのですが、クリア地を生かした塗装なども出来そうです。





すーぱーふみなういにんぐふみな
大きさも飾りやすいサイズになり、フェイスパーツなども洗練された印象です。





ダイバーアヤメやガンダムとサイズ比較。
サイズはダイバーアヤメやダイバーナミなどと同程度でした。




以上Figure-rise Standard ホシノ・フミナ レビューでした。
HGBFですーぱーふみなシリーズは色々キット化されていましたが、
今回はホシノ・フミナがフィギュアライズスタンダードフォーマットでキット化されました。
サイズがすーぱーふみなシリーズよりかなり小さくなったため飾りやすく、動かしやすい構造も引き継がれています。
フェイスパーツは複雑な構造ではなく1パーツとかなりシンプルになりましたが、
今回も水転写デカールが付属するのでシールの厚みが気になる方は
貼り直しによる手軽な目線交換は出来なくなりますがそちらを使う事でより自然に仕上げられます。
ただ今回は付属品がプチプチッガイのみと少なく、持ち手などもないためプレイバリューは控えめでした。
ですが扱うガンプラは色々キット化されているので一緒に飾ったりするとより楽しめると思います。

(プレミアムバンダイ)
HG ライトライナー icon

MG 百式ライズカイン2次発送分などが受注されています icon

(amazon)







au PAY マーケット


■ガンプラレビュー一覧(カテゴリ別)


■ガンプラ以外のプラモレビュー一覧(メーカー別)


■レビュー一覧はこちら
■TOP