■TOP

SD三国創傑伝 天覇曹操ウイングガンダム レビュー




SD三国創傑伝シリーズで一般販売された天覇曹操ウイングガンダム。
価格は880円です。



付属品は天覇双翔剣のみで画像右側にあるパーツは余剰パーツです。



シールは最小限で瞳や額のグリーンと、兜の両脇にあるブルーを再現するシールのみです。




曹操ウイングガンダムの強化形態で決戦に臨む曹操の覚悟を具現化した姿という天覇曹操ウイングガンダム。
こちらは以前発売された曹操ウイングガンダムをベースに一部のパーツを変更。
強化された姿らしく一部の装甲がより豪華なデザインに変わっています。





カラーリングですが、クリアではない青部分がかなり減ったため
成形色の状態だと黒と金がメインカラーになり、より悪役というかダークヒーロー的な配色に変わっています。
またクリアパーツはさらに盛られていますし
金色の成形色が明るくなったためよりきらびやかな印象に見えます。
キットの作りは今までの三国創傑伝シリーズと変わらずフレームランナーは共通のものでした。



説明書の塗装された作例の写真です。
シールが少なめなのもありますが本体の配色もSDWのような複雑さはないので比較的再現されています。
胸部や腰部、手足など多くのパーツを黒と金などで塗り分ける必要がありそうです。






ノーマルの曹操ウイングガンダムと違う所を比較しながら各部のアップ。
頭部ですが基本的にノーマル版をベースとしつつもアンテナ周りが豪華になりました。
成形色の金色も明るくなりクリアパーツも追加されています。



胸部は胸の装甲がかなり変わり前方にクリアパーツが突き出たような作りになりました。
また成形色も青から金色に変わっています。



背面は特に変わらず共通のフレームが使われています。



バックパックのデバイスは大型化されカラーも金色になりました。



ウイングは特に変わらず開口部が多いデザイン。
メモリも共通でフェニックスメモリです。




腕部ですがクリアパーツの装飾が増え、一気にパワーアップした印象に変わっています。
また青いパーツも金色に変更されていました。



肩を含めたクリアパーツは金の縁取りが足りないため塗装が必要。
また肩や前腕の装甲も黒や金を補う必要があります。





脚部は構造的には変わっていませんが、やはり成形色が青から金に変更され
装甲形状も若干変化しています。



こちらもシールなどはないので細かい塗り分けが必要。
内側も肉抜きが多めです。



足首は3mmジョイントの位置がわずかに変わっていました。





ノーマル版と比較。
全体的に装飾が豪華になりました。
ただ大きさはほとんど変わっていません。






付属武器の天覇双翔剣。
こちらはノーマル版の双羽剣の間に金色の巨大な剣を取り付けた武器になっています。
大剣状態がデフォのようですが、クリアの刀身は流用のため一応ノーマルの双羽剣にする事も可能。




可動範囲はノーマル版と大きく変わりません。
装飾は多くなりましたが干渉が気にならない位置にあるので動かしやすいです。




非常に大きい大剣で本体以上の長さがありますが片手でも十分保持可能。


続いてギのキャラのパーツを使う強化形態の紹介です。
まずは徐晃ガンダムデスサイズのウイングや肩の突起などと



荀彧ストライクノワールのウイングと武器を用意します。



曹操のバックパックを外し、ウイングを180度回転させそれぞれのパーツを取り付け巨大なウイングを作ります。



続いて張遼サザビーのバックパックと



張郃アルトロンガンダムの無尽双頭を用意し



画像のように組み合わせます。



その2つのユニットを再度曹操本体の背面に装着し



徐晃ガンダムデスサイズの肩の突起を張遼サザビーのバックパックに装着。




夏侯惇トールギスIII夏侯淵トールギスの導覇砲を展開し下駄状にして足首に装着。



典韋マスターガンダムの不断剛戦斧はウイングと組み合わせた大剣にしておきます。



この武器を張遼サザビーに付属するジョイントで天覇双翔剣と繋ぎます。



徐晃ガンダムデスサイズの連死双鎌はバックパック基部と合わせシールドに。



そして最後に皆のメモリをデバイスに装着。
ここまで来ると壮観ですね。





これで完全な強化形態の完成です。
以前からあったパワーアップギミックをそのまま流用する形となりますが
本体が豪華になったため迫力はさらにアップ。
全方位に広がりがありSDとは思えないボリュームです。



武器を装備させて。
シールドは腕のクリアパーツを外して接続。
大剣2本が繋がるため本体を浮かせていないと持たせるのが大変な長さになります。



当然このデザインなので干渉部位はかなり多いです。
特に頭部周りは背面のバックパックなどに干渉しやすく強化前と比べると一気に動かし辛くなる所はあります。




大剣を分割して劇中のような二刀流ももちろん可能。



後端部が引っかからないのでこちらのほうが幾分動かしやすく感じます。




龍賢劉備ユニコーンと。
これで両者共決戦時の姿が再現できます。




ここまで派手な2体を並べるとかなりの満足感がありますが、
並べるためには数多くのキットが必要なので揃えるのはもちろん、各機体からパーツを外し装着するのも結構手間です。




最後にギ陣営で。
いつのまにかかなりの量が発売されました。



以上天覇曹操ウイングガンダム レビューでした。
本体は曹操ウイングガンダムの強化形態という事でそちらのキットをベースに
一部装甲を豪華にした物となります。
全体的に青部分が減り黒金カラーが強調されたカラーリングになっているので
悪役チックではありますが格好良く仕上がっています。
武装も強化されていますが複雑なギミックはなく、どちらかというとシンプルなキットでした。
ただやはり一番の魅力は他のギ陣営キャラの装備を取り付け強化させる事が可能な事で
必要なキットは多いですが完成時の豪華さはかなりの物です。
その分動かし辛い所はありますが飾っておくだけでも満足感のあるキットでした。

(プレミアムバンダイ)
HGUC メッサーF02型(指揮官機) icon

HGUC メッサーF02型などが受注されています。 icon

(amazon)






(あみあみ)

・ガンプラ予約、再販予約一覧


楽天市場


■ガンプラレビュー一覧(カテゴリ別)


■ガンプラ以外のプラモレビュー一覧(メーカー別)


■レビュー一覧はこちら
■TOP